「エージェント6」




こないだうちから熱中して読んでいた本が、読了しました

トム・ロブ・スミス著 「エージェント6」上・下


この作品の前作にあたる「グラーグ57」は、「日本に生まれて、よかったなあ
(~_~;)
」という記事で紹介しましたが。

今回は、その完結編ということになります。


おなじみレオとライーサ夫婦は、数々の苦難を乗り越え、養女のゾーヤと
エレナも無事に手元に取り戻し、親子4人でモスクワで平和に暮らしています。

レオは秘密警察の仕事を固辞し、今は工場長をしているのですが。

エリートではなく一般人となったために、一家の住んでいる集合住宅は
かつての特権階級のものではなく、エレベーターなしの13階!だったり
するのですが(~_~;)

一家にとってそんなことは、家族みんなで平和で暮らせるのなら苦難のうち
にも入らないのですね。


そんななか、教師をしていたライーサは、米ソ友好のための少年少女による
コンサートに出演する子どもたちを率いて、ニューヨークまで行くことになる
のですが。

エレナとゾーヤもメンバーに入っていたそのコンサートで惨事が起き、ひとり
モスクワに残っていたレオは絶望の淵に落とされることになります。。。


いやはや、いやはや。

もうお願いだから、レオとライーサを静かに暮らさせてあげてよ、と言いたく
なりますが。

このふたりには、どこまでも苦難がつきまとうのですね。

それでも、「チャイルド44」や「グラーグ57」では、ふたりで力を合わせて
その困難に立ち向かっていたのですが。

今回は、レオがひとりで奮闘することになります。


彼の望みは、惨劇のあったニューヨークまでどうにかして行って、真実を
探ること。

でもそれが叶ったのは、なんと15年後
下巻の半ばあたりのことでした。

しかもそれまでに、レオはアヘンに溺れ、心身ともにボロボロになっているし。


読んでいるあいだ、ずっと心が痛みました。

そこまで頑張った挙句のラストは・・・真実はわかったけれども、それで救われ
るものでもなく、結局は何も変わることなく終わるのですが。

それでも、ラストには少しだけ、光が見えました


それにしても、この夫婦。

レオとライーサは、苦難はたくさんあったけど、でも幸せな夫婦だなあと
思いました。

ここまで深く結びついた夫婦って、なかなかいないんじゃないかなあ。


上巻では、このふたりのそもそもの慣れ染めが初めて明かされていましたが。

そこにも、共産主義国の暗い弾圧の影が落ちていましたね(~_~;)

でもまあそれだからこそ、ふたりの心の結びつきも強くなったのかも
しれませんが。


このふたりとは対照的な夫婦も出てきます。

あるCIAエージェントとその妻なのですが。

この夫婦の索漠とした生活の有りようが、なおさらレオとライーサ夫婦の情愛
の深さを際立たせていましたね。


久しぶりに、重厚で感動に値する作品を読んだなあという感じ(*^_^*)

この作品、今年の私のイチ押しかも・・・って、まだあとふた月ありますけどね^^;



エージェント6(シックス)〈上〉 (新潮文庫)
新潮社
2011-08-28
トム・ロブ スミス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エージェント6(シックス)〈上〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




エージェント6(シックス)〈下〉 (新潮文庫)
新潮社
2011-08-28
トム・ロブ スミス

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by エージェント6(シックス)〈下〉 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







"「エージェント6」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント