どちらも おもしろかったです(^O^)




図書館で予約してからずっと楽しみに待っていた本の順番がきたので、
数日前に取りに行ったのですが。

帰宅して読みだすや止められなくなって、その日のうちに読了して
しまいました^^;

吉野朔美著 「本を読む兄、読まぬ兄」



吉野朔美さんは、私が愛読している『本の雑誌』に、マンガエッセイを書いて
おられます。

読書にまつわるあれこれを、同じく読書好きな友だちや愛犬との楽しいエピ
ソードを絡めながら、短くマンガにしたものですが

この作品は、そのエッセイを一冊の本にまとめたものです。


タイトルの「本を読む兄、読まぬ兄」は、冒頭のお話のタイトルとして使われて
います。


なんでも、著者が中学生だったときに、2年上にとても素敵な双子の兄弟が
いたのだそう。

二卵性らしく、見かけはまったく似ていないのにどちらもイケメンで、片方は
知的なタイプで、もう片方はスポーツマンで少し不良っぽいタイプ。

兄弟は学校中の人気者で、女子はどちら派かという話題でいつも
盛り上がっていたそうです(笑)

おまけにこのふたりは大の仲良しでもあったのだとか。


こんなお兄さんたちがいたらいいなあと著者はいつも思っていたそうで、その
話をマンガで描いた最後のページには、兄弟の真ん中に小学生の女の子を
挟んで、3人で仲良く歩いている後姿が描かれておりました

この女の子、もちろん著者なんでしょうね(*^_^*)


他にも、いろいろとおもしろい話がありました。

たとえば、誰でも子どものころに動物を主人公にした物語を、多かれ少なか
れ読んでいると思われますが。

それがごっちゃになってしまっていたりすることがありますよね。

「野生のエルザ」と「片足ダチョウのエルフ」とか(笑)


この2冊、たまたま小学生のころに読んでいたので知っていたのですが、
エルザはライオンで、エルフはタイトルどおりダチョウ。

これがごちゃごちゃになっていた友だちの話もあって、笑えました。

いやあ、こういうのって誰にでもあるんだなあと、ちょっと安心しました(笑)



それと。

この人の絵は、少女漫画によくある甘さがほとんどなくて、ごくあっさりとした
独特の絵柄なんですよね。

それでいて、少年漫画で見かけるような粗さもないし。

デッサンもしっかりしている感じだし、たぶん、美大出じゃないかなあと思って、
履歴を見てみたのですが、学歴まではわかりませんでした。

でも、腕や脚のラインやくるぶしのゴツゴツした感じの線、あるいはジーンズの
質感を現すラフな横線などを見るにつけ、素人の私にでも著者自身がとても
楽しんで描き込んでいることが見て取れるんですよね

この人の作品、他のも読んでみたいので、リストアップして読破しようと
思ってます(*^_^*)



最後に、もうひとつ。

この作品と並行して読んでいたのが、三輪明宏さんの「おしゃれ大図鑑」
という本。


三輪さんの本って、ちょっとキワモノっぽいイメージを勝手に持っていたの
ですが。

数冊読んでみると、意外に常識的でまっとうな人生訓が書かれておりました


この本はそれらの本とはまた少し違って、三輪さんが若いころに触れた文化
やファッションについての思い出などに多くのページが割かれているのですが。

そのなかで、美しい日本語を使おうということで、原節子さんなどが使って
いた優雅な言葉を取り入れてみては、という提案がなされていました。


その一例ということで、たとえばオフィスで、
「その資料、とってよ」
と言うところを、
「その資料、とってくださらない?」
と言った方が優雅ではないかと三輪さんは言うのですね。

「昨日の月9、観た?」 → 「昨日の月9、ごらんになりまして?」
まあ、ここまではなるほどという感じですが。

「やっべー!」 → 「あら、困りましたわ。どういたしましょう」
・・・ちょっと長いなあ(笑)


それはともかく、爆笑してしまったのは、
「うちの上司、うぜぇよ」
これを三輪さん流に直すと、
「わたくしの上司は、本当に煩わしい(わずらわしい)方ですわ」

いや・・・かえってキツイんですけど(笑)


「あの客、ムカつく!」
というのは、
「あのお客様ったら、うっとうしい方ですこと」

これも、相当キツくなっておりますね(笑)


あと、
「その話、マジ?」というのは、
「ご冗談ばっかり。それ、本気でおっしゃっているの?」
となるのだそう


三輪さんが書かれたほかの本でも、最近の若者の言葉や生活が乱れている
のを嘆いておられる箇所がありましたが。

でも、三輪さん自身も普段はとても丁寧な言葉遣いをされるのに、本の中など
で急に“人間は所詮、糞袋”などという記述が見られたりして驚かされます(笑)


いやあ、おもしろいなあ(^O^)



この2冊、ジャンルは全く違いますが、それぞれに別の意味で楽しく読めました



本を読む兄、読まぬ兄 [吉野朔実劇場]
本の雑誌社
吉野 朔実

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 本を読む兄、読まぬ兄 [吉野朔実劇場] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





美輪明宏のおしゃれ大図鑑
集英社
美輪 明宏

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 美輪明宏のおしゃれ大図鑑 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








"どちらも おもしろかったです(^O^)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント