「ブラックアイス」




酷暑のさなかだというのに、あまりのおもしろさに一気読みしてしまったのが、
この本です

マイクル・コナリー著 「ブラックアイス」


ご存じ、ハリー・ボッシュ刑事のシリーズですね

このシリーズ、以前ほかの作品を読んだことがあるのですが。

そのときもおもしろいと思ったものの、例によって手持ちの未読本に埋もれて
いるうちに記憶の彼方となってしまっておりました(笑)


タイトルの「ブラックアイス」、季節柄、とても涼しげに感じられますが。

実は、新種の麻薬のこと

物語の鍵となっていきます。



事件は、とあるモーテルで麻薬捜査官のムーアの死体が発見されたことに
端を発します。

死因は見るからに自殺だったのですが。

検視の結果、巧妙に仕組まれた他殺であることが判明。

そこで我らがボッシュ刑事が捜査に乗り出すわけですね。



このボッシュ刑事ですが。

以前扱った事件で犯人を射殺したことが問題となって、ロス市警から
“下水”と呼ばれているハリウッド署へ飛ばされるはめに陥っています。

誰もが認める腕利きの刑事でありながら、信条を曲げない頑なさと 上に
媚びない性格が仇となっているのですね。


今回の事件も、最初から蚊帳の外に置かれたにもかかわらず、彼一流の
ねちっこさで、どんどん事件の核心に迫っていきます。

直属の上司はもちろん、内部監査の部門のお偉いさんにまで頭を押さえ
つけられても、いっかな引っ込む素振りすら見せず黙々と捜査をするボッシュ。

ストイックで、カッコいいですね


そんな彼ですが。

なかなか大変な生い立ちで、街娼だった母親は息子の養育権を取り上げ
られてしまい、彼は孤児院や、いろんな里親のもとで育つのですね。

そんな半生も、彼の性格形成に相当影響を及ぼしたのでしょうが。

成長してから、彼は父親を探し出して会いに行っています。

初めて見る父親はすでに死の床にありましたが、
「おまえのことはずっと気にかけていた」
という言葉を、息子にかけるのですね。

その後父親は亡くなり、ボッシュは警察に入職します。

過酷な少年時代を鑑みるに、いつ道をそれてもおかしくなかったボッシュ
ですが。

彼が道を踏み外さなかったのは、実際に息子を手元で育てることは叶わなく
ても、一緒に住むことを目標に頑張り、死ぬまで彼女なりの愛情を示していた
母親の姿と、最期のときに優しい言葉をかけた父親の存在があったからなの
でしょうね。


このことは、今回の事件にも大きく影響してくるのですが。


過去にボッシュと同じような痛みを持つ警官が、ボッシュとは正反対に過去に
呑まれていくさまが描かれています。

似たような生い立ちのふたりだというのに。。。


また、ボッシュは、これと見込んだ相手はとことん信頼していくのですが。

捜査をするうえで相棒となるメキシコの捜査官・アギラと、亡くなったムーアの
妻のシルヴィアと出会うことになります。

特にシルヴィアは、女性としてボッシュの心を捉えていくのですが。

このふたりが、本当に信頼できる人物であるのかどうか。

読んでいくうちに、それがとても心配になった私。


このふたりを信じ、まっすぐに事件に取り組むボッシュを見ていると、どうか
その信頼を裏切らないで上げてほしいと祈りつつ、読んでおりました。


さて、私のその願いは叶うのかどうか(笑)

最後の最後に答えは用意されています




このシリーズ、とてもおもしろいので、おいおい未読のものを読んでいこう
と思っておりますが。

ただ今回、残念だったことがひとつだけ

ストイックでカッコいいボッシュ刑事が、作中でなんと
「うんにゃ」
などと口にするシーンがあったこと。

気安い同僚に対して、否定形の返事を返す、取るに足りない場面だったの
ですが。

「うんにゃ」って・・・

これはもちろん、訳者の方に言うべきことですね。一考願いたいもんです^^;



ブラック・アイス (扶桑社ミステリー)
扶桑社
マイクル コナリー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ブラック・アイス (扶桑社ミステリー) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







"「ブラックアイス」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント