「黒い家」




数日前は、暑さにもひと区切り着いたかと思われた関西地方ですが。

昨日・今日と34度近くまで気温が上がって、またまた酷暑となっております

こんなときは、ホラー小説に限りますね(^O^)


ということで。

今回読了したのはこの本。

貴志祐介著 「黒い家」


このブログによくコメントをくださるひまわりさんが面白いとおっしゃっておられ
たので、図書館で予約しました(*^_^*)

この作品、第4回日本ホラー小説大賞受賞作だったのですね

それもあるし、タイトルもいかにも怖そうな感じで、ばんばんポルターガイスト
なんぞが起きる家の話かと思い、ワクワクして手に取りました♪



生保会社に勤める青年、若槻がデスクワークをしているところから物語は
はじまります。

死亡保険金の請求書類に目を通しているのですが。

朝から、いろんな死亡案件を目にしているのですね。

そこから、生保の仕組みの説明などに話は移り、ちょっとあれれと思った私^^;


話は変わりますが。

ジャンルを問わず乱読しているように見える私でも、苦手分野というものは
あって、それはいわゆる社会派小説というやつ。

現実の枠にガチガチに嵌ったお話ですね。

だからこそ、今回もホラーに手を出しているわけですが(笑)


しかるに、生命保険の仕組みの説明やら、主人公が先輩とともに問題のある
顧客と面会をした時の話などが延々と続き、なかなかポルターガイストの家
が出てこないのでありますね(笑)


心の中でじれじれしつつも、我慢して読んでいた私ですが。

それも、ほんのしばらくの間のことでした。

話が進むにつれて、その面白さにぐいぐいと引き付けられていきました



内容としては、まあ平たく言えば、ご想像通りの保険金殺人の話なのですが。

生命保険の顧客の息子である小学生の男の子が自宅で首つり自殺をし、
その家を訪問していた若槻が第一発見者となります。


顧客である両親にいろいろと不審な点があり、警察も動くのですが、結局
子どもの死は自殺として片付けられ、保険金が支払われることとなります。

それに納得のいかない若槻。

彼の家族も昔、自殺をしており、そのトラウマがいまもなお彼を苦しめている
のですが。

今回の事件の進捗とともに、過去の自殺事件の謎も解けていくのですね。



タイトルの「黒い家」とは、小学生が自殺したその家のこと。

黒い板塀に囲まれたその家は、老朽化が激しく、なんだかわからない饐えた
臭いが充満している不吉な家です


若槻をその家に呼びつけた顧客というのは、菰田という男。

若槻と一緒に息子の死体を見つけたときの彼の様子に違和感を持つ若槻。

その後、子どもは菰田の実子ではなく、妻の連れ子であることがわかります。

そこで若槻は菰田に疑いの目を向けるのですが。


もちろん、こうなったからには菰田が何もあずかり知らぬというわけはないだ
ろうと私も思いましたが。

でも・・・これには裏があるだろうなあ。
菰田ではなく、黒幕はこのヒト?

そんなことを思いつつ読み進んでいった私。


あてずっぽうな推理はいちおう当たっていましたが。

物語の展開は、はるかにその上をいっておりました^^;



結局、ポルターガイストどころか、幽霊は一体も出て来はしませんでしたが(笑)

それでも充分、背筋が寒くなる怖いお話でした


面白い本を勧めていただいて、ありがとうございました、ひまわりさん(*^_^*)



黒い家 (角川ホラー文庫)
角川書店
貴志 祐介

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 黒い家 (角川ホラー文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






"「黒い家」" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント