ぞっとした話。




土曜日に、フジテレビで『ほんとにあった怖い話』が放映されていましたね

この手の話って、基本的に同じようなストーリーのものが多くて、もう怖い
とも思えなかったりしますが^^;

この日の「ほん怖」も、やっぱりそんな感じでありました


見どころといえば、ジャニーズの山ピーこと山下智久と、お笑いの杉ちゃん
が出演していたことくらい。

山ピーはやっぱりカッコよかったですが。

杉ちゃんは・・・ドラマのなかでもあのギャグを言っててちょっと笑えたこと
以外は、特筆すべき点もなかったですね(笑)


それでも、こぶたたちはふたりとも、
「怖かったわ~~」
なんぞと言っておりました(^^ゞ

「ひとりでは たぶん見れんかったわ」
とこぶた2号は言ってましたが。


そのこぶた2号がまだ小さかったときのことですが。

ぞぞっとしたことがあったんですよね。

子どもには、大人には見えないものが見えている、などと言われたりも
しますが。。。



こぶた2号が幼稚園のころのこと。

ふたりで夕方に電車に乗っていたのですが。

車窓を見ていたこぶた2号が、
「あ、ハカや」
と突然言いだしたので、その指さす方を見たのですが。

そこにはいつもの街並みがあるだけで、墓などどこにもないし。

「墓があったん?どこ?」
と訊いても、
「さっき、あったよ」
と答え、そんな話をしているそばから、
「あっ、またあった。ハカや。・・・あ、あそこにも」

こ、これは・・・この子、霊能力でもあるのか?

いったい何が見えてるんだろうと思い、ぞっとしつつ指さす方を注意して
見ていたら。

ふと、看板が目に入ってきました。

『○○歯科』


「ハカって、あの歯医者さんの看板のこと?」
と訊いてみたら、
「うん。あれ、ハカって読むんやんねえ?」
と無邪気に答えたこぶた2号。

疑問氷解で、大笑いをしたのですが(^^ゞ


でも。

まだ小さいのに、読み方は間違っていたものの教えてもないのにこんな難しい
漢字を読むなんて。

こ、これは・・・この子、天才か?

霊能力はなくても、頭の良い子なのかも、と期待した私でしたが



それから20年近くが経った今。

こぶた2号は霊能力者でもなければ天才でもない、フツーの人であることが
はっきりした次第です(爆)


いやあ、あのときはちょっとびっくりしたなあ、なんて懐かしく思い出しました




そりゃそうや。
アイツが天才なわけないやん。
そんなことより、なんかおいしいもん、ちょうだい。

そんな声が、かすかに聞こえてくるような、こないような。。。(笑)

画像



この写真、こぶた2号が撮ったのですが。

家事をしている私の動きに合わせて、右往左往して、必死にアピールして
いたらしい はむたん。


犬なら、ワンワン吠えるからすぐ気づくところですが。

ネズミは静かですからね(笑)


気がつかなくて、ごめんね(^^ゞ






"ぞっとした話。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント