犬川柳




近頃は、犬や猫を飼っている人のエッセイを立て続けに読んでいる私

読めば読むほど、犬を飼いたい気持ちが湧きあがってきます


が、しかし。

このマンションは犬猫鳥獣禁止(笑)というお達しが出ているので、
それも叶わぬ夢でありますね

なので仕方なく、本で読んでまぎらわせているのですが。

そうするとまたさらに犬を飼いたくなるという(笑)

どこまで続くぬかるみぞ、であります^^;




さて。
グチはこのくらいにして(^^ゞ


数冊読んだなかでも、とても面白くて笑わせていただいたのがこの本。

シーバ編集部 編  『犬川柳』

“5・7・5で詠むイヌゴコロ。”というキャプションが付いております。


柴犬の写真と、犬にまつわる川柳で構成されているのですが。

柴犬は昔、実家で飼っていたことがあるので、写真を見ていて とても懐かし
かったです(*^_^*)


柴犬というのはコロコロしたかわいらしい見かけとはうらはらに、しっかりと
した自我を持っている犬で、飼い主が弱気だとなかなか扱いが難しいかも
しれません(^^ゞ

うちで飼っていた柴犬も、家族以外にはまったく懐かず、毎日のようにおやつ
をくれる隣の人にさえも体を触らせはしませんでした。


子犬を生んだときも、私が抱く分には黙ってみていますが、子犬を見に来た
友だちに渡そうものなら、すごい勢いで吠えて、今にも飛びつきそうだったし。

それでも私が
「コラッ!」
と叱ると吠えるのをやめ、でも子犬は取り戻したいしで、その場でオロオロ
ウロウロしたあげく、犬小屋にこもって、じっとうらめしそうにこちらを見て
いました(^^ゞ

かわいそうなので、子犬を
「ほら、返すよ」
と差し出すと、慌てて咥えて小屋の奥へ連れ帰ってたっけ(笑)

主人に忠実で、実に賢い犬種でありますね(*^_^*)



柴犬の思い出はこれくらいにして

本に載っていた川柳のなかで、特に面白かったものを2首、紹介したいと
思います


オシッコで 終えたと思うな 犬散歩


寒い日や暑い日など、大小の用足しが終わったらさっさと帰りたくなりますが。

犬は散歩をとても楽しみにしてますもんね。

できれば じゅうぶん、駆け回らせてやりたいもんです


帰ろうと 言えない代わりに おおあくび


この川柳についていた写真は、散歩の途中でおじいさんが仲間のたまり場に
寄り道したらしく、道端で将棋などをはじめてしまって、連れている犬が
退屈そうに傍で寝そべっていました。

いったいどれだけ長い時間こうしているものやら(笑)

いいかげんもう帰りたいんでしょうね(^O^)


写真のどの犬も表情豊かで、物言いたげな感じが面白かったです。

犬と暮らすって、いいもんですね(^◇^)



犬川柳 みんな大好きニッポンの犬 (タツミムック)
辰巳出版
2011-04-01

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犬川柳 みんな大好きニッポンの犬 (タツミムック) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






"犬川柳" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント