はむたん、驚異の展開。




皆さんにご心配をおかけしている はむたん ですが


頭にできた大きなコブを抱え、座ってひまわりを食べるときもバランスを取り
づらいのか前後にフラフラ、ガクガク

毛艶も悪くなってバサついてるし、どう見ても末期といった感じ


もう長くないのなら大好きないちごミルクをたんとお食べ、残しといてもしょうが
ないしね、なんてふうに甘やかされて過ごしていた はむたん。

実際、コブはどんどん大きくなってきて、今まで腫瘍で死んだハムスターたちと
同じ運命を辿っていたのですが。



そんなある日。

夜中にDVDを観ていたこぶた2号がふと気づくと、なんとはむたんの片耳が
なかったのだそうで


驚いてよく見てみると、コブができていたあたりが破れたらしく、出てきた
体液に耳が濡れて体にぺたっと引っ付いた上に、砂がたくさんついていた
のだそう。

そのあまりの惨状にパニックになりながらも、こぶた2号はとりあえず綿棒で
その部分を掃除してやったのだそうですが。

すると、まるで生まれたてのハムスターのような真っ赤な皮膚が見えてきて、
毛はごっそりと抜けていたのだそうで

「ほんまにもう、びっくりしたわ。すんごいグロかったし よったんを起こしに
行こう思ったくらい(~_~;)」

翌朝、恐ろしげにそう報告してきたこぶた2号。


なので、はむたんを見てみたところ。

コブは頭の上だったはずなのに、掻き壊して赤い肌が剥き出しになっている
のは耳の下のへん。
そして、コブは心なしか小さくなったような気が。。。?


せっかくこぶた2号がキレイにしたはずの患部がまた砂にまみれていたので、
もういちどキレイにして、綿棒の先にごく少量の化膿止めの軟膏をつけて、
塗ってやりました。

その後、トイレの砂をすべて出して、代わりにボロ布を小さく切ったものを
入れて、様子を見ることに。


そうしている間も、しきりに患部を足で掻いては口に持っていくはむたん

それを見て、業を煮やした こぶた2号が、
「コラ!掻くなっちゅうのに!・・・アカンわ、こいつ。画用紙かなんかでエリザ
ベスカラー作って装着したろかな
などと言ってましたが^^;


その2日後に撮ったのが、この写真です。

画像



ん~?何?
このいちごミルクは、あたしのだからね。

まるでそう言っているかのような目つきですが^^;


いやいや、そうじゃなくて(笑)

驚いたことに、あれだけ大きかった頭のコブが、すっかり無くなっているでは
ありませんか(^O^)


頭のコブ、あまりに悲惨だったので写真に撮ってはいませんが。

ホント、半端なく大きかったんですよ。

あれはいったい、どこへ行ってしまったのか(^_^;)

画像



ちゃんと横を向くと・・・やっぱりかなりの部分が禿げちゃってますね^^;



この後も、前ほど頻繁ではなくなったものの、やっぱりここを掻いてるんで、
ハラハラして見ていたのですが。


今日あたりはもう、患部がこんなにピンクじゃなくて、うっすらと毛が生えて
きてるような感じ。


こ、これは。
ひょっとして、治ってきてる??

腫瘍ができてから治ったハムスターって、聞いたことなかったのですが。


自己治療で治すなんて。

ブラックジャックか、アンタは(^◇^)


この調子で、頑張って乗り越えてほしいです(*^_^*)







"はむたん、驚異の展開。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント