犬をかう人 ブタをかう人 イグアナをかう人。




数日前のお風呂上がりのこと。

髪をタオルでふいたあと、ふとケータイが目に入りました。

画面が少し曇っていたので、ついでのことに洗濯に出す前のタオルで
ちょちょいと全体を拭いたのですが。


拭き終わったあとに、ケータイの待ち受け画面の右上に、小さい灰色の顔の
ような絵柄が出ているのに気が付きました。

んん?と思い、クリアキーを押してみたりしたものの、消える気配がないので、
電源を一度切ってみたりしたのですが。

灰色の顔はそのまんま


別に支障はないのですが、気になったのでこぶた2号に見てもらったところ、
何か留守録だとかなんだとか、録音機能を設定してしまっているとのこと。

設定解除をお願いしたのだけど、機種が違うからよくわからんと言われ、
今に至るもそのまんま。

ふぅ。
ちょっとタオルで拭いただけのことなのになあ

まあ、支障がないならもういいけど・・・でもケータイをひらくたんびに気になる
灰色の顔(~_~;)


CMでやってるみたいに、ケータイに向かって、
♪灰色の顔、消~えて♫
と歌ったら、消えてくれるといいんだけどなあ(誤爆)

あーでも、私のケータイはスマホじゃないから無理かあ

・・・って、そんな問題でもないか




例によってまた長々と、どーでもいいことを書いてしまいましたが。

動物好きな人ならきっと楽しんでいただけるであろう本を見つけたので、
紹介することにします(^^ゞ


J・ヴェロニカ・キクルヴィッチ著 『犬をかう人 ブタをかう人 イグアナをかう人』


著者はコーネル大学獣医医学部卒で、現在はワシントン州立大学付属獣医
教育病院で診療と学生の指導をしている獣医さん。

ラジオやテレビにも出演しているのだそう。


幼いころから動物好きだったため、獣医になった彼女。

仕事柄、いろんな飼い主や動物と接することになり、面白い逸話が満載
でしたが。

同僚が鳥の治療をしていたときの とんでもない失敗談は、驚くとともに
とても興味深かったです。


鳥がなぜ飛べるのかというと、長い翼の骨と足の骨がなんと中空になって
いるからなのですね。

人間の骨みたいに骨髄が入っているわけではなく、代わりに空気が入って
いるのだそう。
骨格の方が、羽全部の重さよりも軽いくらいなのだそうです


その仕組みをよくのみこんでいなかった医師が、コンゴウインコの治療を
していたときのこと。

インコが気管チューブから吸い込んでいる酸素と麻酔の混合ガスが、折れた
上腕骨から洩れているなどとは思ってもいなかったその医師は、小さな血管
をふさごうとして電気焼灼器を使っていたのですね。

犬猫に比べて血液の量の少ない鳥は、手術中には失血量を最小限にする
よう注意しなくてはならないとのこと。

その処置で、おそらく焼灼器がスパークして麻酔ガスに引火したらしく、
突然の閃光と爆発音とともに鳥がふっとんで、手術室中に羽と肉が
飛び散ったのだそう


いやあ、ビックリ。
そんなことってあるのですね


ほかにも、攻撃的な犬を飼っている場合に被害に遭うのは、えてして飼い主
ではなく、その妻子や近所の人である、という話も興味深く読みました。

なぜなら、そういう犬の飼い主も支配的で攻撃的な人であることが多く、
犬からしたら飼い主は群れで一番強いリーダーなのですね。

自分はその下の地位であるとは思っているものの、家族の中で一番の下っ端
とは思っていなくて、その妻や子よりは上の地位だと思い込んでいることが
多いのだそう。

なので、下の地位の者から挑戦を受けたと思ったら、容赦なく噛みついたり
するのですね。

なのに不注意な飼い主は、自分は体が大きくて恐れを知らないし冷静なの
だから問題ないだろうと思って、家族に注意を払わないのですね。


著者の夫の友人で、ライオンを飼っていたジャックという人もこのタイプの人
で、ジャックの前ではおとなしいライオンが妻に大けがを負わせた後でさえも
特に対策を取らず、息子まで瀕死の重傷を負ってしまったり。


まあライオンはともかくとして、動物を飼うにはきちんとその習性をわかった
うえでないと、周囲まで危険にさらしてしまいますよね。



そういう固い話ばかりではなくて、思わず吹き出してしまうような話も
ありました。

著者はとても面白い人というか・・・時には、大丈夫?!と思いたくなるくらい
ユニークな人でもあります。

仕事柄、夜中に緊急の電話がかかってくることもしばしばなのですが。

ガジェーコスさんという老人はとても自分勝手な人で、翌朝でも間に合う
ようなちょっとしたことでも、時間にお構いなく電話をしてくるのだそうで(~_~;)

その日も真夜中に電話をしてきて、すぐに犬を診てもらいたいと言うの
ですね


しかも、話を聞いた限りでは彼の愛犬ペリートはまったく緊急を要する感じ
ではなかったので、翌朝の診察時間に病院に来るように言ったところ、
彼はこう まくしたてたのですね。

いやいや。ペリートは今すぐ診てもらわなくちゃならない。
夜のあいだにペリートが死んだらあんたのせいだからな。
治療が必要な動物を診るのがあんたの仕事じゃないのか?
かわいそうなペリート。


仕方なく著者はベッドから抜け出して、手早く支度をして病院に向かい、
35分後には病院に着いてガジェーコスさんの到着を待っていたのだそう
ですが。

なんとその晩、彼は現れず。

しかも、翌日も来なかったのだそう。

ちなみに著者は、以前、診療時間外に少年たちが持ち込んできた動物を
こころよく診てあげたときに、治療費が高すぎるというのでその少年たちが
お金を払わなかったうえに著者の車を腹いせに壊して逃げたときも、さほど
怒っている様子が無かったくらいの人なのですが(笑)

今回だけはアタマにきたようで、その後 数週間のあいだ、夜中の救急サー
ビスに起こされるたびに、眠りに戻る前にガジェーコスさんに電話をした
のだそう。

ガジェーコスさんが出るまで電話を鳴らし続け、出たらそっと優しく切った、
なんて書かれてましたが(笑)

センセ、それ、イタ電ですから(爆)

傷ついた動物が治りさえすれば少々のことでは腹を立てない著者も、人の
睡眠を何とも思わない輩には怒り心頭だったとのこと。
いやあ、笑いました~



あと、飼われているブタの名前は“ハム”というのが多いのだそうです。

それって、身もフタもないじゃん、と思った私ですが(^O^)


ただの“ハム”じゃなくて、正しくは“ハミルトン”なのだそうで、略して
“ハム”(笑)

著者が診てきた歴代の“ハム”のなかで、スパムが大好物の子がいたの
だそうですが。

それって、共食いですよね^^;

ちなみに、スパムとはスパイスド・ハムの略なのだそう。
これも、知らなかったなあ


そして巻末には、著者夫婦がひょんなことから拾って長年飼い続けた愛猫
アイクにまつわるお話もありました。

これ、とってもいい話で、ぜひ紹介したかったのですが。

これ以上長くなるのもどうかと思うので、それは読んでのお楽しみと
いうことで。


・・・ってか、最初にケータイのしょーもない話を書くくらいなら、それを紹介
しろよって話ですよね^^;



犬をかう人、ブタをかう人、イグアナをかう人
ポプラ社
J.ヴェロニカ キクルヴィッチ

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 犬をかう人、ブタをかう人、イグアナをかう人 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









"犬をかう人 ブタをかう人 イグアナをかう人。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント