子育てバッチコイ!




図書館で、またまた面白い本を見つけました

松本ぷりっつ著 「子育てバッチコイ! うちの子おっぺけ伝説」


松本ぷりっつさんといえば、自身の子育てブログ「うちの3姉妹」が大評判
となり書籍化されたことで有名ですよね。

「うちの3姉妹」、読みましたがホント抱腹絶倒でした(^O^)


今回の「子育てバッチコイ! うちの子おっぺけ伝説」は、読者に募集した
子育て面白エピソードを本にしたものです。

広く募集したと言っているだけあって、爆笑エピソードがいっぱいで楽しませ
ていただきました


例えば。


ある男の子は、保育園で一番若くてかわいいM先生が大のお気に入り
なのだそう。

お母さんが理由を訊いたところ、
「あのね・・・きれいなのがいいの・・・」
とはにかみながら言ったので、かわいくて思わず笑ってしまったのだそう
ですが。

続けて息子が言った言葉に凍りついたお母さん。

「お母ちゃんは、顔きったないけど、大好き」

落ち込むお母さんに、
「お母ちゃんは大好きだよ!? きれいじゃなくてもきったなくても大好き
だよっ!」
と必死でフォローしてくれたのだそう(^◇^)



あと、電車に厚化粧で満艦飾のおばさんが乗ってきたのを見るや大声で、
「お母さん!ピエロが乗って来たね~!」
と言ったとか(^◇^)


禿げたおじさんに、
「はげつるピッカだ」
と言ったり(^◇^)


1歳2か月の子がベランダでひとり遊びしていたので、お母さんはその隙にと
家事をしていたところ。
玄関のインターフォンが鳴り、出てみると下の階の人で、
「これ、落ちてきたんだけど」
と、ブラジャーを差し出されたのだそう。

なんと、子どもは洗濯物を下に落として遊んでいたのですね(^◇^)



ほかにも、面白エピソードがたくさん。

読んでいるあいだ、ずっと笑っておりました(^◇^)



そういえば、うちのこぶた2号も。

あれはたしか、4歳違いの姉、こぶた1号が幼稚園のお泊り保育に出掛けて
いたときのこと。

手のかかる子だったこぶた1号がいないため、家の中がとても静かで、
晩ごはんの支度もあっというまにすんでしまったため、夕方も遅い時間だった
のですが、近所の公園までこぶた2号と散歩に出たんですよね。


人もまばらになった公園で、持ってきたお砂場セットをひろげて遊びはじめた
こぶた2号。

途中で、
「お水、いーい?」
と訊いてきたんですよね。

濡れても、帰ってからすぐに風呂に入ればいいやと思い、
「いいよ」
と答えたところ、こぶた2号は手近にあった砂ふるいのザルを持って水道へ(笑)

ニコニコしながら戻ってきたのはいいのですが、手元を見て水がなくなっている
のを発見するや、
「お水・・・ナイ」
と、悲しそうに言ったので、
「あ~あ、お水、なくなっちゃったねえ~」
と、共感して差し上げました(^O^)

そしたら再び気を取りなおして、水道へ向かったこぶた2号。
気を取りなおしたついでに入れ物も取りなおせばよかったものを、手には
さっきのザルが(笑)

「お水・・・ナ~イ!」
と、さっきよりもさらに悲しそうに言ってきたので、
「お水、なくならんうちに急いで持ってきたら?」
と言ってみたところ(笑)

ハヤク!ハヤク!と言いながら、危なげな足取りながらも急いで戻って
きたにもかかわらず、水がなくなっているのを見るや、
「お水~~、ナ~~イ!」
と、半泣きになった こぶた2号(笑)

そこで私は笑いをこらえつつ、
「お水、ないねえ・・・あれッ!こぶた2号ちゃん(仮名)、ちょっとこれ見て!
ここ、穴あいてるやん!」
とザルを指さして言ったのですね(^◇^)

「あな・・・あいてるねえ」
と言いながら持っているザルをしげしげ見ているこぶた2号に、
「ほら!これやったらたぶん大丈夫やで」
とバケツを渡してやったら、半べそがいきなり笑顔になって、また意気揚々と
水道へ(笑)

今度はちゃんと水が残っているのを確認するや、
「お水、ある~~!」
と、たいそう嬉しそうだったこぶた2号(^◇^)

「どこどこ?・・・あっ、ほんとだ。よかったねえ。すごいねえ」


子育て、たいへんではありますが、親もときどき遊ばせてもらったっけ(^◇^)











"子育てバッチコイ!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント