驚いただぎゃ~(^O^)




例によって、またまた図書館で面白本を見つけ、読了しました

清水義範(文) 西原理恵子(絵) 『雑学のすすめ』


この本、図書館でずっと前から見かけていたのですが。

パラパラとめくってみるに、なんだか内容が少し堅めというか理屈っぽい
感じがして、何度か手に取るも棚に戻したりしておりました(笑)

でもまあ、挿絵が かの理恵蔵画伯だし♪

最悪でも、挿絵だけは楽しめるなと思い、借りて帰りました(誤爆)
清水先生、スミマセン。


ところが。
案に相違して話の中身もけっこう面白いし(笑)

〈天才の影に悪妻あり〉と題された部分では、夏目漱石について書かれて
いるのですが。

漱石は天才肌で、そのぶんもろいところもあり、一番身近にいる妻に尊敬・
尊重されることを求めていたのに妻の鏡子はそれに気づかず、ただぼんやり
と夫に仕えるのみであった、それゆえに悪妻だと述べておられます。

清水先生は、男性の立場から、きっちりと理詰めで考えておられるのですが。

それに対する理恵蔵画伯のお言葉は。

「天才か何か知んないけどさ フツーのくされ縁夫婦でしょ。どっちも悪くて
どっちもあほうよ。」

いやあ、さすが理恵蔵センセ。
一刀両断でありますね


それにしても。

漱石は、“夫には献身的に尽くすが、ただぼんやりと妻である”鏡子夫人に
あれだけ癇癪を起して荒れたのだから、もし理恵蔵センセイが妻であったら、
きっと発狂しただろうなあ、なんて思ったり(^◇^)

あ、それとも。

荒療治で、かえって漱石の価値観が覆され、ひいては胃を病むことも
なかったかもしれませんね(^◇^)

などということを つらつら考えていたのですが。


・・・実は、本当に書きたかった話はこれではなくて(爆)

〈我が郷里、名古屋の面白さ〉という部分なんですよね^^;


例によって、前置きが長くなってしまいましたが。
取り急ぎ、本題へ入りたいと思います



さて。

名古屋というと、私には縁もゆかりもない土地なので、よくわかりませんが。

ユニークで独特の文化を育んでいるイメージがありますね。

でも今回、この本の中で紹介されているエピソードで、とてもびっくりした
ところがあったんですよね。


まず、大相撲の名古屋場所の千秋楽の話。

優勝力士の表彰も終わり、君が代も歌って、セレモニーがすべて済んだあと、
見物客もぞろぞろと帰り始める頃。

そのとき、これは名古屋場所においてだけ見られることなのだそうですが。

客の何人かが土俵に上がって、土俵を壊し始めるのだそうです

そして、力ずくで埋まっている俵を掘り出して、満足そうに持ち帰るのだそう。

相撲協会によれば、どうせ壊して処分するものだから別に迷惑しているわけ
ではなく、ご自由にどうぞ、ということらしいのですが、それにしても、そういう
ことがいつも起こるのは名古屋だけなのだそう。


一度、テレビの『ケンミンショー』だか何だかで、名古屋では開店祝いの花が、
ほんの数時間で近所の主婦たちによって持ち去られて無くなってしまう、と
いうのを見たことがありますが。

土俵に埋め込まれている俵まで?!


清水先生によると、名古屋人は持って行っていいものだと聞くと、得だー!
とすぐに反応してしまうのだろう、とのこと(笑)

本当の大相撲の、土俵の俵なんてほかで手に入るものじゃないし、ええ記念
になるがや、と思ってしまい、今そこにある得を無視するなんてできないの
だろう、とのことでした(爆)

そこまででも面白いですが。

もっと面白いのはそのあと。


あの俵というのは、中には土が詰め込まれていて、見かけよりもかーなり
重いものなのだそう。

なので。

相撲会場の近所の道端などに、点々と俵が置き捨ててあることになるのだ
とか

一度は得だと思って飛びついたものの。
ふと我に返れば、こんなもの何の役にも立たぬと気が付き、重さに音を
あげて捨てていくのだそう。
いやあ、爆笑ですね~~



あと、2005年にオープンした中部国際空港(愛称はセントレア)についても、
面白エピソードが紹介されていました。

あの空港、当初の設計では壁面が波状になっていたのだそう。

壁が波打っている形で、とても斬新だったのだそうですが。

ところが、建設を進めていくうちに、この壁面を普通にまっすぐ造ったらいくら
でできるか計算してみたところ、それだとかなり安く(数十億とか数百億だか)
できることがわかったのだそう。

それで急きょ、まっすぐな壁にデザイン変更されたのだそうです。
つまり、デザインよりも実質をとったわけですね。

清水先生は、まったくもって愛知県らしい話である、とおっしゃっておられ
ましたが。


うーん、なるほど(笑)

まあ、新空港は名古屋の玄関であり、顔でもあるわけで。

ここ一番、お金の掛けどころともいえるわけですが。

そうはいっても、法外なカネは出せんだぎゃあ、といったところでしょうか。
・・・って、名古屋弁、自信ないので間違ってたらご指摘くださいまし^^;


最後に。

この章の挿絵に、理恵蔵画伯が書かれていたのがこの言葉。


名古屋人 ういろうを語る。

ようかんより重うて ようかんより安いがね。
・・・いらねえよ。


このおふたりも、名コンビですね(^◇^)



これで終わりにしようと思ったのですが。

たださえ大した閲覧数のないこのブログ。

文章だけではどうかと思い、今年一番に咲いたゴーヤの花を(^^ゞ

画像



あれから数日経つうちに、もう何個かの花が咲きましたが。

そのうちのいくつかは、昨日までの大雨に散らされてしまっておりました

今、咲いている花は、すべて雄花。

実にはならない花ですね。


今年、もうすでにゴーヤを4本も買って食している私。

早く実がならないかなあ(^^ゞ






"驚いただぎゃ~(^O^)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント