こういうの、ワクワクしますね(^O^)




毎日暑い日が続いておりますね

晴耕雨読といいますが、酷暑日も不必要な外出は控え、家で読書するのが
一番かもしれませんね^^;


そんななか、とても面白い本を読了しました。

村上和雄 著  『幸せの遺伝子』



著者の村上氏は、筑波大学名誉教授。

筑波大の学長に、ノーベル賞受賞者の江崎玲於奈氏を招くのに尽力した
人物としても知られています。

また、高血圧に深く関係しているヒト・レニンの遺伝子解読にも成功し、世界
の注目を集めたことでも有名なのだそう。


この人の本は、ずっと前に『生命(いのち)の暗号』『生命(いのち)の暗号2』
の2冊を読んだことがあるのですが。

図を用いて、門外漢にもわかりやすく遺伝子の構造が説明されてあって、
とても興味深かったのを覚えています。


また、ずっと遺伝子の研究をしてきた著者が、解析が進むにつれ、こんなに
精巧で芸術的なものが偶然の産物であるわけがないと感じ、これを作った
大いなる者の存在を強く感じるようになった、というところにもとても興味を
覚えました。

神とも仏とも、宇宙の意思とも呼べるその存在のことを、彼は独自に
「サムシング・グレート」と呼んでいます。


科学にどっぷり浸かった人物が、それを極めていく過程で神の息遣いを
感じるようになった、というのも面白いですよね。



さて。

肝心の遺伝子についてですが。

二重らせん構造であることは とみに有名な話ですが。

この構造は、地球上の生きものすべてにあてはまるのだそうです。

そして、人間の遺伝子とチンパンジーの遺伝子はほんの少し、3.9%の違い
しかなく、しかもヒトだけにあってチンパンジーにはない遺伝子というのは
なかったのだそう。

それも意外でしたが。

ハエとくらべても、ヒトの遺伝子は2倍くらいのものでしかないのだそうです。

それというのも、ヒトの遺伝子はひとつのものがいろんな仕事を兼任している
からなのだそうですが。

そんなわずかな違いしかないとは、びっくりですが

ヒトのあいだでも、天才と凡人の差はほとんど無いのだそう。

なのにどうして大きな違いが出るのかというと、遺伝子のオン・オフ機能に
よるのだそうです。


たとえば、発ガン遺伝子があっても、その機能がオフ状態であれば発病
しないし、ガン抑制遺伝子がオンになっていれば、少々の発ガン物質が
体内に取り込まれてもガンになることはないですよね。


少し前に、アンジェリーナ・ジョリーが乳がんのリスクが高いというので、
予防的に乳房を切除して話題をよびましたが。

あれなども、もう少し研究が進んだら、乳房ではなく発ガン遺伝子に手を
加えて、その機能をオフにしたりできるということですよね。


そうそう、アンジーといえば。

最初、ニュースで、乳腺の切除などと言うものだから、てっきり私は乳房全体
ではなく、その中の乳腺だけを取ったのかと思ったんですよね。

ほら、エビの背ワタを取るような感じで(笑)

こぶた2号にそれを言ったら大笑いをして、ものすごーくバカにされたので
ありましたが(ーー;)


・・・って。

例によって、脱線しちゃいましたね

まあ、脱線ついでに、もうひとつ^^;

著者が、レニンの研究のためにマウスの遺伝子に手を加えて、人工的に
高血圧マウスと低血圧マウスを作ったくだりがあるのですが。

そのときに、研究に必要な遺伝子だけに手を加えたはずが、生まれてきた
マウスにはなんと顎が無かったのだそう

要するにその遺伝子は、顎の形成にもかかわっている遺伝子だったの
ですね。

顎無しマウスは呼吸ができず、生まれるとすぐに死んでしまったそうですが。


マウスですらそんなことがあるのだから、もっと機能が複雑な人間だと、
簡単に遺伝子に手を加えたりなんぞしようものなら、いったいどんな副作用
があるかわかりませんよね。


想像するだに、恐ろしいですよね




ということで。

話を元に戻しますと。


これだけいろんなことが解明されている現在の科学ですが。

その粋を集めても大腸菌ひとつ、もとから創り出すことはできないのですね。

大腸菌の遺伝子暗号はすべて解読できているし、どんなエネルギーが必要
かということもわかっているので、たとえていうなら、車の設計図もわかって
いて部品もガソリンもあるのに、どうやっても車が動き出さない、ということ
なのだそう。


クローンはできても、おおもとから命をつくりだすことは、どうにもできないの
ですね。



また、こんなことも書かれていました。

地球に優しく、というのは人間の思い上がりである。

地球46億年分の歴史を1年にたとえてみたら、人類が誕生したのは
12月31日の23時49分。

人類は、そんな新参者なのである。

なのに、資源を枯渇するまで使い果たし、環境に甚大な影響を与えている
人類を許してくれている、そんな地球こそが優しいのだと著者は言います。

地球は、人類がいなくたって何ら困ることはないのだと。


しかるに昨今、猛暑に集中豪雨、竜巻も激増していますよね。

人類は、「優しい地球」から発せられているシグナルを謙虚に受け止めて、
みずからの生き方を見直していく必要があると主張されていました。


私も、そのとおりだと思います。

それができなければ、今後、人類の未来は無いも同然でしょうね。



長い文章になってしまいましたが。

まだまだ、紹介しきれていない部分が多くて、もどかしい思いです。

科学からサムシング・グレートに思いが至った著者は、人間の魂のことにも
言及されています。

また、良い遺伝子の機能をオンにする方法なども具体的に挙げられているし。


興味のある方は、ぜひ3冊とも、読んでみて下さいませ(*^_^*)




〔文庫〕生命の暗号 (サンマーク文庫)
サンマーク出版
村上和雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 〔文庫〕生命の暗号 (サンマーク文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




生命の暗号2 (サンマーク文庫)
サンマーク出版
村上 和雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 生命の暗号2 (サンマーク文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル




幸せの遺伝子
扶桑社
村上 和雄

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 幸せの遺伝子 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








"こういうの、ワクワクしますね(^O^)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント