昼は眠り、夜は目覚め、永遠の命を持つ者といえば。。。




少し前の記事に書いていた、読みかけの怪物の本ですが。

こないだ、無事に読了しました~


ブラム・ストーカー著 『吸血鬼ドラキュラ』


ドラキュラものって、いろんな作品が出版されているし、映画もたくさん
作られていますが。
元祖ドラキュラって、そういえば読んだこと、あったっけかなあ?


図書館で見かけたこの本を手に取りながらそう思い、どうやらこれは
由緒正しいドラキュラもののようなので、気持ちも新たに読んでみる
ことにしました



まず、冒頭。

“ジョナサン・ハーカーの日記”と題されているとおり、彼の日記で物語は
始まるのですが。


このジョナサンというのは今でいう弁護士かなにかのようで、きちんと
法律の勉強をして、資格を取ったばかりの若者。

勤めている事務所がロンドンの土地・屋敷の販売の仲介をしたため、
その事務手続きのためにトランシルヴァニアに住む買い主のところに
派遣されてきたのですが。

その買い主というのが、あのドラキュラ伯爵。


その名前にジョナサンはじめ事務所の所長にも先入観がないところをみると、
どうやらまだドラキュラがまだその悪名をはせる前の話のようですね。


ロンドンからはるばる汽車を乗り継いでやってきたジョナサンが、土地の
宿屋で、明日はドラキュラ伯爵の城に行くと言うと、村人の態度が明らかに
おかしくなるのですね。


宿のおかみなどは、出かけるまぎわに部屋にやってきて、
「旦那さま、あなたどうしてもお出かけになりやすか?どうあっても
お出かけになりやすかの?」
と、取り乱しながら止めるありさま

仕事だし、そりゃ行きますよ、とジョナサンが答えると、彼女は自分の首に
かけていた十字架をはずして彼の首にかけ、いそいで部屋を出ていって
しまうのですね


ほかにも、乗り合い馬車に乗り合わせた客たちも一様に態度が変で、
ジロジロと彼を見ては、やれやれ気の毒に、と言わんばかりの顔で
ため息をついたり。


いやいや~

このへんで、気づけよ、って思ったりもするのですが。

まあ・・・迷信深い田舎の人たちが気味悪がっているからといって、仕事を
放り出して帰国はできませんよね(~_~;)

そして案の定、ジョナサンは窮地に陥ることになります。



ところで、ジョナサンには、ミナという婚約者がいるのですが。

イギリス人にもミナって名前があるの?と、ちょっと不思議に思った私。

ナオミやらリサやら、日本でも通じる名前がいくつかありますが、ミナって
聞いたことない気がするけどなあ、私が知らないだけでそこそこある名前
なのかなあとか考えていたところ。

ウイルヘルミナが本名で、愛称がミナだったんですね。なるほど。

・・・って。

例によってまたそんな枝葉に足を取られそうになっておりますが^^;


話を元に戻しますと。


今みたいにケータイがあるわけではなく、というか電話すらないので、連絡は
もっぱら手紙か電報かで取るしかない時代において、連絡がつかないという
事態は心配ではあるものの、すぐにはどうすることもできないのですね。

なのでミナは、ジョナサンのことを心配しつつも、祈りながらひたすら待って
いるのですが。


そのミナの友だちで、貴族の令嬢であるルーシーにも、ドラキュラ伯爵の
魔の手が迫ってくるのですね。


このルーシーは、美しいだけではなく、無邪気でかわいらしい心根の
お嬢さまなのですが。

そして、ミナも寄る辺ない身の上ではありながら、いじけているところなど
みじんもなく、まわりの人たちに献身的に尽くす美しく優しい女性なの
ですね。


原因不明のままどんどん衰弱していくルーシーを心配して、彼女の婚約者
の友だちである医者が、ヴァン・ヘルシング教授を呼ぶのですが。

そのときはまだ、誰も彼女が吸血鬼に魅入られているとは想像だにして
いなかったのですね。

ヴァン・ヘルシング教授が登場してきたあたりで、事態に希望の光が見え
はじめます。

いやあ、たよりになる爺さまでありますね(*^_^*)



それはいいのだけど。

ルーシーの婚約者である青年が、ミナに対して、
「ルーシーがあなたのことを本当の姉のように慕っていたのだから、私も
あなたをこれからは姉と思いたい」
と言って、なんと
「おねえちゃん」
などと呼びかけるシーンがあるのですが。

「おねえちゃん」って。。。

この婚約者も伯爵の身分であり、その友人たちも含めみんなヒトカドの人たち
なので、それなりの教養のある話し方をしていたのですが。

いきなり、おねえちゃん。

うーん。

訳者としては、親密感を出したかったのでしょうけど。

この場合は姉上か、せめて姉さん、くらいのほうがよかったんじゃないの
かなあ。


翻訳というのは、言葉を知ってるだけじゃダメで、センスというものが問われ
るのじゃよ、おわかりかね、と思いながら巻末にある訳者の履歴を確認した
ところ。

早稲田大学英文学科中退、はまあいいとしても。
小泉八雲作品集12巻完成により日本翻訳文化賞受賞、とありました


・・・なるほど。
大口をたたいて、本当にすんませんでした

振り上げた蟷螂の斧を、しおしおと下ろした わたくし


そっか。大ベテランでおられたのね。

でも。でもでも。

どう考えても、やっぱり違和感を感じるんだけどなあ。



ということで。

物語の本質に触れもせぬうちに、またまた字数が尽きようとしておりますが^^;

古き良き時代のイギリスの雰囲気も感じ取れたし、楽しく読み終えることが
できました。


思えば、ジョナサンが監禁されているあたりで息苦しさを覚え、よっぽど
このまま放り出してしまおうかとも思ったのですが(笑)

頑張って最後まで読んでみてよかったです。

古いお話というのは、独特の雰囲気があって趣き深いものでありますね(*^_^*)



吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫)
東京創元社
ブラム ストーカー

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 吸血鬼ドラキュラ (創元推理文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








"昼は眠り、夜は目覚め、永遠の命を持つ者といえば。。。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント