この人の脳内は いったいどうなっているんだろう(^◇^)




だいぶ前のことになりますが(^^ゞ

本屋さんをぶらついていたところ、この本を発見


三浦しをん著 『夢のような幸福』


三浦しをんのエッセイは、見つけたら即買いと決めている私(笑)

いつも、文庫になるのを今か今かと待ちかねているのですね



三浦しをんといえば、映画化もされた『舟を編む』や、『風が強く吹いている』
まほろ駅前シリーズなど数々の有名作品がありますが。

それらの小説はまーったく読んでなくて、私が好きなのは彼女のエッセイ。 

このブログでも以前、『弘法大師さえ筆を折る、だそうです(^◇^)』という
記事で取り上げましたが。

いやあ、この人の脳内世界というのは本当に面白いんですよね。


帰りの電車内で、どうにも待ちきれずに買ったばかりの本を取り出して
読み始めたのですが。

危惧していたとおり、最初っから爆笑ポイントだらけで、それでも3ヵ所ほどは
なんとか通過したものの。

その後どうにも笑いが止まらなくなってしまったため、読むのを断念。

帰宅してから思いっきり笑いつつ読んだのでした(^O^)



まず、そのしょっぱなでありますが。

著者を含む女3人で、それぞれの“萌えポイント”について話し合っています。

“萌えポイント”とは、「くぅぅぅ、そういうシチュエーション(もしくはキャラ、
アイテム)に弱いのよ~」という部分のことだそうで、要するに各自が萌える
恋愛状況(もしくはキャラ、アイテム)について楽しくお喋りしているのですね。


それって まんまハーレクインやん、っていうのから、ソフトAVかいな!(爆)
としか言いようのないものまで、各々独自の濃い妄想を披露しているの
ですが。

そこでもう私は、電車内で不審者になってしまうほどクツクツ笑ってしまった
のでありますね^^;


さらに、それまで黙って聞き役に回っていた最後のひとりに、著者が、
「ぜんちゃんの萌えポイントは何なの?」
と水を向けたところ。

彼女の答えは、ただひと言。
「将軍」

あっけにとられたふたりが、さらに聞いてみると、
「孤独な将軍」
との答えが返ってきたのですね(^O^)

それなら他のふたりの妄想よりもまだ理解できるなと思った私。

韓国歴史ドラマなどでも、国のために大軍を率いて戦うカッコイイ将軍が
出てきますが。

彼らは勝敗の責任を一手に負い、国の存亡を賭けて、孤独な戦いをして
いるのですね。

と、共感していたら。


なんと、読み進むうちに、ぜんちゃんが言っている「将軍」とは、どうやら
徳川将軍のことらしいとわかってきました(笑)

それがわかったとたん、私の脳内には「よきに はからえ~」と言っている
志村けんのバカ殿が浮かんだのでありますが・・・な、なんでまた、将軍?^^;


さらに。

著者は、マンガだけではなく映画もよく観ているようで、『ロード・オブ・ザ・
リング』のアラゴルン役、ヴィゴ・モーテンセンに“ハートをノックアウトされた”
のだそう。

それで、彼の出演作の『G・I・ジェーン』を観ているのですが。

この作品、私は観てないのですが、いろんな不名誉な賞を受賞したりして
いて、有名なポンコツ作品みたいですね^^;

著者も、「映画史から抹殺されなかっただけでよしとしなければなるまい」
などと書いています(笑)


そして次は、『クリムゾン・タイド』に食指をのばしているのですが。

この作品も私は観てないのですが、デンゼル・ワシントンとジーン・ハックマン
主演で、ふたりはアラバマ号という核ミサイル搭載の潜水艦に乗り組んでいて、
米・露間で緊張が高まったため、核ミサイルを発射するのか止めるのかで
翻弄される、という話なのですが。

まず著者は、『クリムゾン・タイド』というタイトルにいちゃもんをつけています

その部分を引用しますと。



邦題が『クリムゾン・タイド』っていうのはどうなんだ。

「タイド」と言われてすぐに「あ、潮ね」とわかる人ってどれくらいいるんだろう。
私は辞書をひいてしまったぞ。

「タイド」は「態度」だろう、日本人にしてみれば。

もういっそのこと韻を踏んで、「クレムリンの態度」とかに題名を変更したほう
がわかりやすい(ロシアとのあいだに核戦争勃発?!という映画だから)。

「アラバマ号はおおわらわ」とか。




そう。「タイド」は「態度」ですよね。私もおんなじことを思ったなあ(^O^)

ま、それはともかく。


深海で指示を待つアラバマ号に、15分後だかに核ミサイルを発射しろ、と
いう指令が来て、乗組員たちの緊張はピークに達します。

そうするうちにロシアの潜水艦と遭遇しそうになり、再び深海に潜ってそれを
やりすごそうとしているところで、次の指令が本部から送られてくるのですが。

電波も届かない深海に潜ってしまったため、「核ミサイルの発射は」という
ところで指令文が途切れてしまうのですね

発射は『続行』なのか『中止』なのか。パニックに陥る乗組員たち。

ハックマン艦長は、
「途中で途切れたんだから、前の指令が生きている。核ミサイルを撃っちゃえ」
と言い、デンゼル副艦長は、
「世界が核戦争に突入するかどうかの瀬戸際なんだから、慎重になるべきだ。
指令文をもう一度受信して、内容を確認しよう」
と主張し、ふたりは真っ向からぶつかるのですね。

そして、とりあえず通信用のブイを海面に浮かべるのですが、悪いときには
悪いことが重なるもので、なんとそのブイのワイヤーが切れてしまいます^^;


そのあたりでもう著者は物語はどうでもよくなっていて、ひたすら、
「もっとちゃんと整備しとけよ!」
と怒っているのですね(笑)

最先端の原子力潜水艦なのに、ブイのワイヤーが不調ってどういうことだよ、
まったく、などと怒っておられましたが、まったくもって私も同感ですね(笑)


ところで、著者ご贔屓のヴィゴさんは、肝心のミサイル発射係なのですが。

両者のあいだで板挟みになって苦悶するヴィゴ氏を鑑賞することができた著者
は、それだけで満足して、
「もうミサイルが発射されようがされまいがどっちでもいい。発射しとけや
などという投げやりな感想を残されております(^O^)


って。

またまた長文になってしまいましたが。

まだまだ、面白いところがたくさんあったのに紹介しきれず、無念で
あります(笑)


最後に、タイトルだけでウケたところがあったのですが。

そのタイトルというのが、「今日 麩の味噌汁」

昔流行った、「恐怖の味噌汁」のオチの部分ですね(^O^)


おあとがよろしいようで。。。




夢のような幸福 (新潮文庫)
新潮社
三浦 しをん

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 夢のような幸福 (新潮文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







"この人の脳内は いったいどうなっているんだろう(^◇^)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント