シルバー川柳3




図書館で予約して 長いこと待っていた本を、去年の暮れにやっと手にする
ことができました


『シルバー川柳3』


それでなくたって暮れというのは忙しいものでありますが。

予約本は、最優先事項でありますからね(笑)

風邪が長引いて体も思うように動かせないという大義名分のもと、堂々と
大掃除を放り出して読みふけったのでありました(^O^)


川柳というものはとても面白く楽しいもので、私は大好きですが

そのなかでも、このシルバー川柳はピカイチじゃないかと思うんですよね。

老いの境地を自虐的に、あるいは諦念して詠んでいたり。

自分ももうすぐこういう世界に行くんだなあと思うと、歳をとるのもそう悪くは
ないかも、って思えるところがまたいいんですよね(笑)

ということで、いくつか紹介しますと。


来世も 一緒になろうと 犬に言い

期限切れ 犬にやらずに オレに出す

骨が減り 知人も減るが 口減らず

メイドカフェ? 冥土もカフェが あるんかえ?



一番上の句は、表紙に書かれていたもの。

いや、犬にも選ぶ権利はあるよな、なんて思ったりもしますが(笑)

愛犬家は、期限切れの食品を与えるなんてとんでもない、って言いそう
ですよね。

でも、もったいないからお父さんに食べてもらうわ、ってことでしょうか?(^O^)



お迎えは 何時でも良いが 今日は嫌

九十を 過ぎても気にする 中国産

年寄りに 渡る世間は 罠ばかり

偉そうな 親父の遺言 誤字脱字



お迎えは・・の句、私もすでにこの境地には覚えがあったんですよね。

友だちと電話で話してて、死ぬ時の苦痛は怖いけど、死ぬこと自体はもう
べつに怖くないし、なんてちょっとイキった話をしていたのですが(笑)

離婚も経験し自分なりに辛酸をなめたつもりだったので、そういうことを
言ってみたのだけど。

でもよく考えてみれば、じゃあ今死ぬ?って訊かれたらそれはイヤだなと(笑)

んで、いつ死んでもいいけど今はイヤってことは、つまるところ死にたくない
ってことじゃないかと気づき、自分で自分を嗤ったのでありますが。

まあ、ある程度の年齢になれば、誰でもそんなもんなのかもしれませんね^^;


中国産は、90歳まで無事に生きてこられたのなら なおさらイヤですよね(笑)

しかも最近は中国産だけではなく、国産も怪しいものだし


あ、そういえば。

例の、農薬入り冷凍食品でありますが。


お正月明けからさんざフリーダイヤルに電話するも繋がらず、製造工場に
着払いで送った、というのは前記事のコメントでお話しましたが。

今日になって、朝刊の一面を使って、お詫びと食品の送り先などの告知が
なされていました。

そこに赤字で、『着払い』&『冷凍便』で送るように、とありましたが。

もう普通便で送ったっちゅうに(-"-)

だいたい、ネットも肝心のトコはアクセスが集中しているらしく開かないし、
こういう告知が遅すぎ。

しかも最初のうちは、アホほど大量に食べないと健康被害はないなどと
根拠のない楽観的なコメントを出していたし

何重にもアカンことになっとるよなあ、と朝から眉をしかめた私でした。


・・・って、それはともかく。
話を元に戻しますと^^;


オレオレ詐欺など、お年寄りをターゲットにした詐欺が横行している現状も、
なんとかならないものなんでしょうかねえ(~_~;)

歳を取って心身ともに弱っているところに、そんな衝撃を与えるなんて。

まったくもって罰当たりなことであります


そして最後に、遺言状が誤字脱字だらけとは(笑)

こういうものはアタマがしっかりしているうちに作成するか、もしくは弁護士さん
か誰かに見てもらうなどした方がいいかもしれません(笑)



ということで。

ほかにも、大笑いした句がたくさんありました

挿絵も、これまでのものと同じタッチのクレヨン画で、それがまたいい味を
醸し出しておりました(*^_^*)


私は暮れに読んだのですが、新春の初笑いにもいいかもしれませんね♪



シルバー川柳3 (一般書)
ポプラ社
社団法人全国有料老人ホーム協会

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by シルバー川柳3 (一般書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







"シルバー川柳3" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント