戦国武将の本当にあった怖い話。




私がふだん読む本は、ほとんど図書館で借りたものだと以前にも
言いましたが。

そんな私が、珍しく年末に3冊まとめて本を買っていたんですよね


面白そうだったので、正月に読もうと思って買ったものの。

いつものことながら、欲張って借りまくっていた図書館本に時間を取られ、
3冊すべて読み終わったのは、2月に入ってからのことでした(^^ゞ

まず、そのうちの1冊を紹介いたします


楠戸義昭 著  『戦国武将の本当にあった怖い話』


このキャッチーなタイトルに魅かれ、手に取った怪談好きな私ですが(笑)

パラパラとめくってみたところ、信長の比叡山焼き討ちであるとか、家康が
やむを得ず妻子を殺した話や小谷城の落城など、ほとんどがある程度
知っているエピソードばかりで、いわゆる怪談話などはほとんど無し

ちょっとあてがはずれたなあ、なんて思いつつ さらにめくってみたところ、
私がまったく知らなかった話がひとつありました。


福島正則の嫡子・正之に嫁いだ家康の養女、満天姫(まてひめ)の話
なのですが。

著者は、この福島家の悲劇に、豊臣秀吉がいったんは世継ぎと決めた秀次
を、秀頼の誕生後にその妻妾とともに虐殺したエピソードを重ねて見ています。

というのも、福島正則もかつての秀吉と同じく嫡子に恵まれず、姉の子の
正之をもらいうけ跡継ぎと定めて、そこにめでたく徳川家から満天姫という
嫁をもらったのですが。

それらすべてがととのった後で、なんと実子が生まれるんですよね。

普通なら正之との養子縁組を解消すれば済むことなのですが、嫁が徳川家
の姫とあっては、それもかなわぬこと。

正則はだんだん正之をうとんじるようになり、そのために精神を病んだ正之
との間に深い溝ができ、とうとう正則は正之を謀反の罪を着せて殺して
しまうのですね。


寡婦となった満天姫は、一子・直秀をつれて徳川家に戻るのですが。

その後、福島家は違う理由で改易となり、正則の実子も若死にして、
お家は潰えてしまうのですね。



その後、満天姫は津軽家に再嫁することになります。

直秀も連れては行けたものの、もちろん津軽家の世継ぎにすることはできず、
藩主の舎弟扱いとなり、有力な家臣の元に婿入りすることに決まるのですが。

成長した直秀は、本来なら福島家を継ぐはずだった自分が津軽家の家臣に
なるのはあまりにも無念だとして、江戸表に出て福島家の再興を願い出たい
と言い出します。

そうなると津軽家に迷惑がかかるのは必至で、悪くすると取り潰される
おそれもあるということで、母の満天姫はずっと引き止め続けるのですが、
直秀はまったく聞く耳をもたないのですね。

明日はとうとう津軽を発つというその晩。

思い余った満天姫は、直秀を毒殺してしまいます。


その後、津軽家は無事に側室の生んだ男の子が継ぐのですが。

なんとその側室は石田光成の娘。

家康の娘・満天姫は、実の子を殺してまで、三成の孫を守ったことになるの
ですね。


なんというか、因縁の輪が何重にもまとわりついたような、昏い話で
ありますね(~_~;)



そのほかにも、たった13歳で、自害した父の介錯をし、攻めてきた敵兵に
その首を投げつけ、血みどろになって戦った娘の話もありました。

彼女の名は伝わってないのですが、黒木家永という武将の娘で、武勇に
優れており、城の天守閣に立てこもったときは家永の家臣はみな討ち取られ、
この末娘ひとりだけが付き従っていたのだそう。

普通なら、父が娘の自害を見守ってやってから自分が死ぬと思うのですが。

この娘をよっぽど頼もしく思っていたのか、家永はなんと自分の介錯を娘に
命じるのですね。

かわいそうに、この娘はそれをやりとげ、その後天守閣を上ってきた敵兵の
多数をひとりで倒したのち、その場にくずおれたのだそう。


敵もこの子の勇気に敬意を表し、危害を加えなかったどころか丁重に
姉の嫁ぎ先に送り届けてやるのですね。

その後、世間から称賛されたこの娘には、妻にしたいという申し出が ひきも
きらず、良縁を得て男子ふたりの母になったのだそう。


まあ、結果的にはこの娘の人生は思いがけず開けた形になったのですが。

これは稀有な例。


かの有名な大阪・夏の陣のときは、非戦闘員の女子どもが多数、犠牲に
なったのですね。


夏の陣の前には冬の陣がありましたが、私としてはこの二つのいくさは
大阪城周辺のことだけだと思い込んでいたのですが。

とんでもないことで、徳川軍は大阪の町にもなだれこんできたのですね。

死者は十万人にも及び、当時のイギリス商館員の手紙には12万人が虐殺
されたとも書かれています。


いやはや、とんでもない数字ですね。

大阪城へは、ずっと前にいちど花見に行ったことがありますが。

この事実を知ってしまうと、もうそんな気にもなれないです(~_~;)



最初、この本を手に取ったときは、おどろおどろしい怪談話を期待していた
私でありますが^^;

幽霊なんかより、戦争時の人間の方がよっぽど恐ろしいです


近頃のシリア情勢も、酷いことになっておりますが。

いくら年月が経っても、人間というものは根本的には変わらないものなのか
と、暗い気持ちになります。


日本でも、首相がいろいろと動いておられますが。

どうか二度と戦争だけは起こさないように、お願いしたい次第です。



戦国武将の本当にあった怖い話 (知的生きかた文庫)
三笠書房
楠戸 義昭

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 戦国武将の本当にあった怖い話 (知的生きかた文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







"戦国武将の本当にあった怖い話。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント