水は低きに流れ、人は易きに流れる。




こないだの ぐるぐるめまいから、無事に生還した私

胃のムカつきも次第によくなり、昨日あたりからは もう口にするものすべて
がやたらおいしく感じられるようになりました(笑)


この感動を ぜひ伝えたいと思ったので、昼にレーズンパンのトーストを
食べながら、
「お昼ごはんがフツーにおいしく感じられまぷ ありがたいニャー
という、喜びあふれるメールをこぶた2号に送ってみるも、なしのつぶて(笑)

ま、べつにいいですが(-_-)


でも、ホント。

ちょっとした体調の悪さでも、生活のクオリティはとんでもなく下がっちゃい
ますからね。

健康のありがたみを、身にしみて思い知った私なのでした。




さて。

そんなふうに、謙虚になった私でありますが。

およそ半月ほど前、ダラクしていたころに、実はこんなものを買い込んで
おりました^^;

画像



クイックルワイパー。

付属の、使い捨てペーパーシートを取り付けて、サッと拭くだけでいいという
すぐれもの。

・・・って、今さら説明の必要が無いくらい、みんな使っている人気の掃除用具
ですよね。


これを、実はこぶた2号がずーーっと買ってくれってうるさかったんですよ。

テレビのCMで観て、すごく手軽そうだし、やってみたいなんて言っていたの
ですが。


こういうのって たしかに便利だろうけど、ものすごく不経済なんじゃないかと
私は思ってたんですよね。

古タオルで雑巾を作って拭き掃除すれば、タダでしかも何度も使えるのに。

そう言ったら、
「でも、全然便利やなくてめんどくさいんやろ。そやからめったに拭き掃除、
やらへんやんか」
などと言うこぶた2号。

うん。たしかにね^^;

拭き掃除って、案外しんどいもんだし。

でも掃除機だけだと、夏場など特に床がペタペタしてくるので、我慢できなく
なったら仕方なくやる、って感じだったんですよね。


なので、この家に引っ越してきてすぐに、モップを購入しました。

膝をついて拭き掃除するよりモップなら手軽だろうし、それも、家の雑巾を
取り付けられるタイプなら経済的で便利だと思ったのですが。


実際に使ってみると、そう便利でないことが判明^^;


これが、そのときのものなのですが。

画像



親指の部分がバチンと開いて、そこに雑巾を差し込む方式なのですが。

この部分、ものすごくバネが効いてて、開けるとバチィィン!という大きな音
がするのですが(笑)

ここに親指を挟んだ日には、そりゃもう飛び上がりますよ^^;

これはネズミ捕りか?ってくらいの威力で、実際にネズミが挟まったら
即死すると思われます(笑)


それでも、完璧にキレイになるならまだしもなのですが。

これだと、床の隅っこにホコリのすじが残ってしまうんですよね。

結局、最後にはそのすじを手に雑巾を持って拭き取らなきゃいけなくて、
なんだかなあといつも思っていたのですが。


そんなこんなで、こぶた2号と一緒に買い物に行ったときに、いっぺん試しに
買ってみようよお、なんていう口車に乗って買ってしまったクイックルワイパー。

しかーし!

これが、使ってみるともんのすんごく便利でありました


これまでのモップよりも数段軽くて片手で扱えるほどだし、使い捨てシートの
取り付けもワンタッチで簡単。

しかも これまでは、使用した5枚の雑巾を洗って干していたのが、クイックル
ワイパーは使い捨てですしね。


水は低きに流れ、キーブーはクイックルワイパーに流れる。


もう、これまでのモップは使えません^^;

掃除用具入れの奥深くに、眠ることになったのでありました。




それと、もうひとつ。

低きに流れたもの、それは。。。

画像



味付きのゆで卵。

2個入りで税込¥159と、けっしてお安くはないのですが


これ、こぶた2号の職場で差し入れがあり、おいしかったということで、
持って帰ってきてくれたのですが。

「ええ~?ゆで卵やろ?母さん、そんなに好きでもないんやけど。。。」
なんて言っていたのですが。

「いいから、黙って食べてみ!ホンマにおいしいんやから」
と言われるまま、口にしてみたところ。

う、うまーーい!


どうやって作るのかわかりませんが、しっかりゆで卵自体にお味がついて
いて、しかもちゃんと半熟だから、すんごくおいしいんですよね(*^_^*)


ボンビー時代には、っていうか今でも、生卵が1パック¥98などというチラシ
をみたら、少々遠くのスーパーでもチャリを漕いで買いに行くくせに。

ただのゆで卵を、こんなお値段で


まったくもって、ダラクしたもんです(笑)



でもでも。

クイックルワイパーは素敵に便利だし、味付き卵は素敵においしいし♪


どんどん低きに流れる、キーブーなのでありました^^;





"水は低きに流れ、人は易きに流れる。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント