梅雨どきの草花たち。




北海道を除いて、日本列島全域が梅雨入りしましたね

各地で観測史上初の大雨が観測されているようですが。

そんなニュースを見るにつけ、年々気候が荒れていってるような気がして
なりません(~_~;)


ほんの少し前までは「梅雨寒(つゆざむ)」という言葉どおりに肌寒い日が
けっこうあったりして、そのために衣替えのときには長袖を残して置いたり
したものですが。

ここ数年は、梅雨だというのに盛夏のように暑くなる日があるかと思ったら、
降ったら降ったでこれまたジメジメと蒸し暑いし


季節ごとの味わいが どんどん薄れていくようで、興ざめなことだなあと
思ったりしております。




さて。

梅雨と言えば、植物はいきいきする季節ですが。

画像



画像



画像



以前にも紹介したわが家のビオラたちの、1週間前のありし日の姿です(笑)

かなり徒長してるし、葉っぱが白っぽくなってきた部分もあって(うどんこ病?)、
ちょっと思い切って切り戻しました。


画像



どうです?悲惨でしょう?(^O^)

ところどころ、キノコなんぞが生えておりますが(笑)


さて、このチョンチョンのビオラくんは、また元の優雅な姿に戻ることが
できるのかどうか。

頑張ってほしいものであります^^;



ということで。

今も元気に咲いているのは、このヒトたち

画像



画像



画像



画像



でもスターちゃんもマーガレットも、ひところに比べるとめっきり花数が減って
来ております。

そろそろこれも、切り戻さないといけないかも。



そして、特別に大事にされているこのヒト。

画像



そう、こぶた1号にもらったカーネーションですが。

まだまだ蕾はたくさん残っているのですが、なかなか開いてくれません。

せっかく開いても、買ってきたばかりの頃のみずみずしい花ではなく、乾燥
気味の小さい花が咲くんですよね。

残っている蕾がちゃんと開くのかも謎だし(~_~;)

液肥もやっているのだけど・・・むつかしいもんですね




こんなふうに、手間ひまをかけてもなかなか思ったようにならない植物で
ありますが。


コイツだけはホント、いつ見ても元気なんですよね(~_~;)

画像



詳しい方は、はは~ん、これね、って思われたことでしょうが(笑)


そう。

散歩道などにイヤってほど自生している、オオキンケイギクです。


画像



カンカン照りの下、だーれも水なんぞやらないし、踏まれ放題だというのに。

ってか、外来ナントカ植物に指定されて、駆除すらされているというのに。

減る気配がまるでないどころか、年々増えていくこのヒトたち。


世の中、うまくいかないもんでありますね(~_~;)





"梅雨どきの草花たち。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント