怪談は楽し(^O^)





夏というと怪談でありますね


私は昔から怖がりのクセに怪談好きで、この時期はその手のテレビ番組は
逃さず楽しみに観ているのですが


ここ数年は、いつ見ても似たような話で、つまらなくなってきたなあと思って
いたところ。

去年あたりから、なんだか妙に過激な映像が紹介されるようになって
きましたよね。

ホームビデオを回していたら偶然に撮れてしまった、というコンセプトのもの
で、幽霊の姿がはっきり映っているのですが。

これもまあ何というか・・・マユツバでありますね


だいたいが、何でこのシチュエーションでホームビデオなんか回してるんだ、
っていうような、胡散臭いものが多いし。

どう見たって、作った感満載で、興ざめなんですよね(~_~;)


でも。

こないだ観た怪奇特集の番組は、わりと面白かったです。

ホームビデオの映像じゃなくて、怪奇体験を再現ドラマにしたものだったの
ですが。


アメリカの話で、バツイチになったばかりの中年女性が、心機一転、古い家を
買って、娘と新生活を始めようとするのですが。

その家がいわくつきの家で、いろいろと怪奇現象に悩まされるという、まあ
ありきたりな話ではあったのですが。


私の琴線に触れたのは、主人公の女性がバツイチで頑張っているという
ところと、ノースリーブになったときの、驚くほどの二の腕の太さ(笑)

二の腕って、ホント知らないうちに肥大してて、自分でもこの夏にびっくりした
ばかり(笑)

共通点の多い主人公のエイミーに、ひとかたならぬシンパシーを感じて
しまったんですよね(^O^)


・・・って。

バツイチで腕が太いというのは、もちろんこのお話ではどーでもいい些末事
でありまして^^;

本題に入りますと。


エイミーは、なけなしのお金をはたいて築96年だかの古い家を買うのですが。

リフォームは、節約のためか自分でやっておられました(笑)

力のありそうな太い腕をフルに使って、ガシガシと壁紙剥がしをやっていた
ところ。

無人であるはずの家の中からドンドンと壁を叩く音がしはじめ、その音は
もうあちこちで鳴りだして、しかもよく聴いてみると、どうやら壁の中から鳴って
いるのですね。

彼女は、恐怖のあまり思わず家から飛び出してしまったのですが。

それを皮切りに、次々と打ち続く怪奇現象。

耐え切れなくなったエイミーは、友人のデイブに頼んで、一緒に暮らし始める
のですが。

友人、ねえ。。。

一緒に暮らすというのだから、ただの友人ではないんでしょうけど。

このデイブ、縦・横ともに大きくてスキンヘッド。

なんだか いかついし、大丈夫?と一瞬心配になった私ですが

彼は元刑事であるというナレーションが入り、だったら大丈夫どころか、
頼りになるなと安心していたところ。

なんとこのデイブ、一緒に暮らし始めてすぐに、打ち続く怪奇現象に恐れを
なして出て行ってしまったのだそう

まーったく

ガタイのわりに、頼りにならんヤツでありますね(-"-)


オトコなんて、結局のところこんなもんさ。。。などと思いつつ観ていたら、
こぶた2号が、
「ってかさあ。この人の娘っていうのが全然出てこんよなあ。こんだけ変な
ことばっかり起こってたら怖かったやろうに」
と言ったんですよね。


そういや、娘のことがまったく出てきておりませんね。

いったいどうやってこんなホラーな家で暮らしていたんだろうと話していたら。


エイミーの家には、怪奇現象の調査団なるものが入っておりました。

いろんなハイテク機械を持って入り、電磁波なんぞを計測しておりましたが。

異常な数値が示された、などと、ありがちな説明がなされておりました。


そして、最後に、エイミーの決意が語られていたのですが。

「ここは私の家です。なので、最後まで諦めずに闘うつもりです。そして、娘と
一緒に暮らしたいです。このままでは危険すぎて、とても子どもを連れては
こられませんから」

なんだ、娘は、よそに預けっぱなしやったんかいな

それやのに、デイブなんぞと暮らしていたのだねと、ちょっと呆れてしまった私。

今、あーたにとって一番大事なのは、娘をちゃんと手元に引き取って一緒に
暮らすことじゃないのかね。

幽霊退治なんぞは、二の次、三の次でしょうに。


そう思ったものの。

それでも、エイミーのガッツには、感心しました。

恐怖体験というのも生半可なものではなく、幽霊のあからさまな悪意が
感じられる凶暴なものだったのに。

それとがっぷりヨツに組んで、闘おうとは


いやはや。

強い女性もいるものですね^^;



ということで。

昨日と今日も、面白そうな怪奇特集があったので、録画しておきました。

近いうちに、家族で楽しく観ようと思っております。

楽しみだなあ(*^_^*)






"怪談は楽し(^O^)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント