お片付けの時期になりましたね(^O^)




図書館で、またまた面白い本を見つけました

夏目♀ 著 『片付けられない女魂』



この本、表紙がすごいインパクトだったんですよね。

片付ける前の、著者の部屋の写真が表紙になっているのですが。

それがもう、まさに典型的な汚部屋

床が見えないほどに散らかってるのはもちろん、その散らかってるモノの上
に乱雑に積み重ねられた布団がいまにも落ちてきそうだし(~_~;)



それはさておき、まずは著者の紹介からいきますと。

仕事に遊びに呑みにと、フツーにアクティブな30代の独身女性で、
実家住まい。

10年ほど前に母親を亡くしており、姉は嫁にいったので、4LDKのマンション
に父親と一緒に暮らしています。


リビングなどの父親との共用スペースは普通に片付いているのですが、
もともと自分の部屋だった4畳半と姉の部屋だった8畳を使っていて、そこが
汚部屋になってしまっているのですね。

そんなある日、ふと思い立って部屋を片付ける決心をし、その経過をブログに
綴ったのが、今回の本になったというわけ。


それにしても。

妙齢女性である娘のこの生活ぶりを見て、お父さんは何にも言わなかったの
かなあと思ったのですが。

言わなかったみたいですね、これが(笑)


それどころか、このお父さんもなかなかの変人ぶりで、片付け始めた娘が
ゴミを出し忘れたので、勤務先から、マンションのゴミ置き場に出してきて
ほしいと電話したのですが。

お父さんの第一声は、
「ん~・・・外、雨降ってるよね」

雨は降っていても、マンションのゴミ置き場まではまったく濡れずに行ける
らしいのですが(笑)

娘が、下出に下出に出てゴミ出しをお願いするも、うんとは言わない父親^^;

このお父さんには、そこで怒っても仕方ないのだそうで、娘は百歩譲って、
せめてベランダに出しておくように頼むのですが。

ベランダに出るのさえめんどくさいと思ったお父さんは、なんとそのゴミ袋を、
風呂場にツッコんでしまうのですね(爆)


著者が帰宅したときには、使用済みの風呂の湯気でいい具合に蒸らされて
発酵したゴミの臭いが風呂場に充満していたのだとか


そんなふうに、父親が非協力的とまでは言わないまでも積極的に助けて
くれるわけではないので、全部自分ひとりでやらざるを得ず、十年のあいだ
貯めこんだモノの多さに ときとして挫折しそうになったりもするのですが。

でも、著者はこんなふうに考えて、気力を振り絞るのですね。


自分の強い意志や血の滲むような努力が一瞬で無になる時がある。
無にしなければいけない時がある。
歯を食いしばって涙を堪えて諦めなくてはいけない時がある。
だから。
自分の部屋にいる時ぐらいは諦めないでいようと、自分の意志と努力だけで
どうにでもできることなのだから、諦めないで片付け続けようと、最近強く
思っている。


なんというか・・・やればできる子?(爆)

いやホント。

たぶん、モノを溜めこみ始めた時期がちょうどお母さんを亡くした時期と
重なっていることもあり、きっといろいろしんどいことがあって、ギリギリな
精神状態で頑張っていたんだろうなあ。

三十路に入り、心の整理も段々についてきたところで、片付けようという気力
が湧いてきたのだなあと思い、心のなかで応援しつつ読んでおりました

それはいいのだけど。

途中、私がひそかに危惧していたことがあったのですが。

はい。
やはり、汚部屋ならではの虫が姿を現すのでありますね

その名も、ヒメカツオブシムシ。

幼虫は、まんま小型のウジでありました(~_~;)

ひー

これはさすがに、私は見たことなかったですが。

著者の部屋では、その数はまだ少なかったのですが、本格的な汚部屋とも
なると大発生していたりもするのだそうですよ(~_~;)


さて、そんなこんなを乗り越え。

彼女は、ほぼ1年近くを掛けて、仕事と両立しつつ頑張って片づけを
やり遂げるのでありますね


その後に綴られた『おわりに』と題された後書きを読んだとき、意外な事実に
不覚にも涙が出そうになりました。

お姉さんの部屋であった8畳間を片付けているときに、そのお姉さんの荷物
がたくさん出て来るシーンがあり、著者もそれを淡々と片付けていたので
ありますが。

実は、お姉さんも亡くなっていたのですね。

お母さんが亡くなったあと、嫁いだお姉さんが発病し、子どもを生んだら命を
縮めることになるにもかかわらず出産をしたのですが。

無事に女の子を生んだものの、そのあと何年も経たずに亡くなったのだとか。

亡くなる直前の一年間は、著者はお姉さんにつきっきりだったそう。

だから、お父さんもあえて何も言わずに、黙って娘を見守っておられたの
ですね。

腑に落ちると同時に、それらのつらい体験を乗り越えて生きてこられた著者に
共感を覚えるとともに、娘を持つ母親としては、抱きしめてあげたい気持ちで
いっぱいになりました。

彼女の勇気と健闘に、心からの称賛を送りたいと思います。

いやあ、強いなあ(*^_^*)

そして・・・面白い!(^O^)



片付けられない女魂
扶桑社
夏目♀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 片付けられない女魂 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







"お片付けの時期になりましたね(^O^)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント