梅見の巻。




そろそろ梅も終わりになりそうなので、昨日、時間を作って近くの梅林に
行ってきました


ここはいろんな種類の梅の木があって、色とりどり。

画像



お天気がはっきりしなくて、バックが曇天だったのがイマイチ残念で
ありました^^;


画像




梅といえば、紅梅がポピュラーなのかもしれませんが。


私の好みは、どっちかというと白いほう。


画像



画像




その白い梅のなかでも、ピンクっぽいのではなくて花芯が緑色を帯びている
ものがとても好きです。


新鮮な春の息吹を感じるんですよね(*^_^*)


画像



画像




これは、枝垂れ梅。

こういうのも、華麗でいいですね


画像



ま、でも。

やっぱ、紅梅のかわいらしさは特別かも(*^_^*)


画像




こういう場所を散策していていつも考えるのは、もし庭付きの家に将来住む
ことになったらどんな木や植物を植えようか、ということ。


将来って・・・アンタいったい いくつやねん、って話ですが(自爆)

年齢的に『将来』がもう不都合であるということなら『来世』でも
かまいませんが(爆)

ま、そんなどうでもいいことはともかく^^;


梅の木は、はずせませんよね。

花の少ない時期にいちばんに咲くし、枝に直接はりつくような咲き方が
またかわいいし♪

それと、この時期とくに存在感があるのが、沈丁花(じんちょうげ)。

あの凄烈で清楚な香り、大好きです。


あと、桜の木もほしいところですが。

あれは虫がつくし、手入れがたいへんらしいので尻込みしてしまいます。

・・・って。

“エア庭”なのに、けっこう真剣に悩んでおりますが(笑)


桜とともに、悩みどころなのが、キンモクセイ。

秋が深まるなか、あの香りを嗅ぐと脳裏にいろんな思い出がよみがえり、
とてもしみじみしたあったかい気持ちになります。

なので、散歩コースをいつもと変えてでも、キンモクセイの多いところを
歩いたりするくらいなのですが。

そうは言っても。

あの強い香りが自分ちの庭にあるというのは・・・どうなのかなあ。

散歩途中でふっと思いがけないところで香ってくるからいいのであって。

朝から晩まであの香りが家じゅうに満ちているのは、ちょっと過剰かも^^;


・・・なんぞということを考えながら歩いていて、いやいや、今は梅を見に
来てるんだからさ、と自分を戒めたのでありました(笑)


自戒して意識を梅の花に戻しつつも、『南高梅』なんてネームプレートが
目に入ると、おっ♪梅干にするとおいしいヤツだな、なんて、さっそく考え
はじめる私

毎年、梅を漬けようかと思いながら果たせずにきたけれど・・・今年はひとつ、
重い腰をあげて漬けてみるかな?

いやいや・・・こぶたたちは梅干なんて口にしないから、できあがった梅干は
ぜーんぶ私のノルマになるなあ



いまのいま、目の前で咲き誇っている梅よりも、脳内でできた山ほどの梅干
を見つめ、困惑している私。

いや、だから。

せっかく咲いてる梅の花に集中しようよ、私^_^;




"梅見の巻。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント