シマウマさんのご冥福をお祈りいたします。。。





数日前の、あの逃走したシマウマ、かわいそうでしたよね

最初のうちは、のんびりゴルフ場内を走っていて、ちょっと笑いを誘われたり
もしたのだけれど。


たくさんの人に囲まれて、自販機の前で じっと佇んでいた姿など、
「あー喉かわいたぁ。何飲もうかなあ」
なんて言ってるみたいで、ユーモラスですら ありましたが(笑)


一転して、池から引き揚げられた後に心臓マッサージを受けている様子
を見て、驚きました。

そんで、そのまま死んでしまって。。。


はーあ、かわいそうに、と思っていたところ、古館さんの報道ステーションでも
この話題を取り上げておりました。


それを、こぶた2号と一緒に観ていたのですが、
「なんや、フルタチ、ふざけとるやないか。シマウマさん、死んでるのに」
と、お怒りのこぶた2号。

まあたしかに、古館さんの喋り方が この話に そぐわないくらい けっこう
のんびりと明るくて、
「それにしても、シマウマのあの縞。不思議ですよね~。自然にああいう模様
ができるなんて・・・そんなこと、思われたことないですか?」
なんて、コメンテーターに訊いてたり。

「はぁ?シマウマさん死んでるっちゅうねん! そういうトコやで、アンタ!!」

厳しく古館さんにダメ出しをするこぶた2号。


まあね。
たしかに、私も、なんか違和感を感じてはおりましたけど。

でも、シマウマさん、って・・・幼稚園の子か(笑)


「べつにアンタがそんなに怒ることないやろ。シマウマさんの飼い主でもなきゃ、
血縁でもないやろに」
と言ってやったのですが(笑)

そんな言葉も、怒りのあまり耳に入っていないようで、
「ホンマにもう。だからキライやねん、この扇風機おじさんは!」



こぶた2号が何故 彼を 『 扇風機おじさん 』 と呼ぶのかは、以前 『 サッカーと
たこ焼きと 扇風機おじさん。
』 という記事に書きましたが。

あのあたりから、こぶた2号は彼のことをあまり買ってはいない様子(笑)

「ホンマにもう、あのオッペケペおじさんめ!」
などと言っていたかと思ったら、
「ホンマ、アカンで、あのホラッチョ」
なんて言ってたし。

いやいや。
ホラッチョは違う人やからね(^O^)


いやホント。

近頃の芸能界は、いろんなスキャンダルで、上を下への大騒ぎ。

ゲスいネタには事欠きませんね^^;

何やってんだか、あのヒトたち。。。




ということで。

心より、シマウマさんの死を悼んでおられた こぶた2号さんですが。


その自作弁当、第2弾をのせて、終わりにしたいと思います


画像



今回は、チャーハン弁当にしたのだとか。

うん。

なかなか、おいしそうでありますね(^O^)

今回は、前回よりもちょっと上達したというか、まっとうなお弁当って感じが
します(笑)




"シマウマさんのご冥福をお祈りいたします。。。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント