ゴミと呼ばれぬよう、心して いただきたいです。




九州の地震も、ようやっと、少しは落ち着いてきたのかなあと思いきや。

昨夜も、何度も震度3を記録してたし。

こんなにまで余震が続くなんてこと、これまでになかったですよね(~_~;)


そこへもってきて、今度は強い風雨にも みまわれて。

避難所の外通路の屋根替わりのブルーシートを、濡れながらも一生懸命に
押さえてボランティア活動をしていた小学生が、痛々しくも気高く、たのもしく
見えたことでありました。


さて。

そんな被災地の報道を観ながら、とても気になったことがあったので、今日は
そのことについて書きたいと思います。


今回の報道だけではなく、思えばこれはけっこう以前から感じていたこと
なのですが。

報道する側の意識って、最近はいったいどうなっているんでしょうね。


事件報道などは、防犯の上でも有益な情報になり得るのだから、直接関係
のない人たちにとっても大切なものであるのはもちろんのことですが。

でも最近は、そのボーダーラインを越えた、ゆきすぎた報道が多いような気
がしていたんですよね。


悲惨な事件で殺害された女性が、死亡時は全裸であったとか、DNAが遺体
のどこから検出されたとか。

あるいは、被害者の交友関係やら生活態度、出身校など、一般に報道
されるべきことなのか、疑問に思うのは私だけなんでしょうか。


これらは、いわゆる 「知る権利」 には該当しないことであり、関係のない人は
知る必要のないことだと思うのですが。

それどころか、罪なき被害者に対するプライバシーの侵害であるとすら
思います。


なのに、報道はそのへん、まったく斟酌することなく、まるで芸能人の身辺を
洗いざらいすっぱ抜く週刊誌並みのことすらやるし。


「センスプ」などに代表される、芸能情報を追う週刊誌などであれば
いざ知らず。

れっきとした報道機関までがおんなじようなことをしてるんじゃ、あまりに
情けないし。



それらの問題が、今回の地震の報道にも如実に表れているような気がして
なりません。


それでなくたって、被災地への道路は渋滞していて、物資の輸送車すら満足
に通れなくなっているのに。

そこへ追い打ちをかけるかのように、報道各社がそれぞれに車を出したの
では、救援作業の邪魔になるのは火を見るよりも明らか。


邪魔といえば、連日の捜索で やっとのことで土砂に埋まった人を発見しても、
上から報道ヘリが狙っているので、遺体を掘り出す前に まずは何人もで
ブルーシートを広げて目隠ししないといけないありさま。

あれはまったく、どういうことなんでしょうか


そもそも、こんな甚大な災害時に、報道局が各社でのりだす必要はないと
思うんですよね。

誘拐事件のときなど、報道規制が敷かれたりしますが。

あんな感じで、どこか1社だけが現地で取材し、それを各社共有するので
いいんじゃないでしょうか。


どうせみんなで出張ったところでおんなじようなことを報道しているのだし、
被災者に無遠慮にマイクを差し付ける行為はいつものことながら、ある報道
局などは、食料を持たずに現地入りして、品薄になっている被災地で、
被災者を押しのけるかたちで購入していたり。

ひどいのになると、給油の列に割り込んできた報道関係者もいたとか。

そんなののために道路が混んで救援物資がいきわたらないなんて、言語道断
であります。


それと、話しは少し飛びますが。


国境なき記者団が発表する 『世界報道自由度ランキング』 で、日本は
かなり低い順位だったそうですが。

これだけ報道の自由が叫ばれ、やりたい放題の報道がされているように
見えるなかで、彼らはいったい何を報道しているのか。

本当に伝えるべきことを ちゃんと伝えているんだろうか、と思ったことで
ありました。



それと、これは旧聞になりますが。

高市総務相が電波停止を命じる可能性について言及したこともありました
よね。

政府筋があんなこと言っちゃダメじゃん、って私も思いましたが。

それにしたって。

昨今の報道のありようを見ていたら、こんなこと言われちゃっても仕方ない
んじゃない?なんて思ってしまう一面も。

少なくとも、一般の人が 「怪しからん。報道各社、頑張れ」 って言いたくなる
ような状態ではないと思います。


だからなのか、これはたぶん世論を賑わす大きなことになる、と思っていた
のに、一般にはあまり話題になりませんでしたよね。

騒いでいたのは報道関係ばかりで。


よくネットなどで、『マスゴミ』 なんて言われたりしてますが

そんなことを言われぬよう、矜持を持って節度をわきまえつつ、本当に大切
なことを のがさずに報道をしていただきたいなあと、受け取る側としては
思ったのでありました。



ということで。

長くなりましたが、最後までお付き合いくださいまして ありがとうございました



これを書いてるだけでも、そうとう頭に血がのぼったので(笑)、冷静になる
べく花など眺めて終わりにしたいと思います(^O^)


画像



買いもの途中の道で咲いていたのですが。

たぶん、コデマリですね(*^_^*)


清楚でかわいらしく、ひときわ目をひく美しさでありました





"ゴミと呼ばれぬよう、心して いただきたいです。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント