夏ってやっぱり、ワクワクしますね♪




図書館で見つけたこの本、もうすでに読み終わっているというのに、返却
するのが惜しくて、ギリギリまで手元に置いて、未練たらしく何度も
読み返しておりました^^;


望月聖子 著 『日本の12か月を食べる、遊ぶ、暮らす。』


1月から12月までを ひと月ごとに区切り、季節ごとの風物詩がたくさん、
ページいっぱいに色鉛筆で描かれており、それに文章を添える形で綴られて
います。


著者は田舎で、キャバリア犬のクリとポコの2匹と一緒に暮らしているの
ですが。

近くに畑を借りて、そこで収穫した野菜や、みかけた鳥や昆虫などを愛情
こめて丹念にスケッチしておられます

その絵が、なんともいえず いいんですよね(*^_^*)

1ページだけでも、ここに載せられたらいいのだけど。

まあ、それはちょっとマズイでしょうね。残念です^^;



今の季節、7月のページには、笹の葉にたくさんつけられた短冊や、色紙
で作られた とりどりの飾りものなどが描かれていて、とてもにぎやか

それはもう、見ているだけで、幼い日に こうやって一生懸命七夕飾りを作った
なあと、懐かしい思いでいっぱいになりました(*^_^*)


同じページには、いくつかの風鈴も描かれており、著者はガラスで できた
風鈴がお好みだということで、金魚や花火、朝顔の風鈴が色鉛筆で描かれて
おりました。


そう。

夏って、このころ、夏休み前くらいが一番ワクワクする感じなんですよね

体育は水泳の授業になり、濡れた髪で次の授業を受けるのも涼しくて
いい感じ♪


夏休みの課題図書や、生活上の注意などが まとめられたプリントも配られ
たりして、いやがおうにも、手つかずの夏休みへの期待感が大きく盛り上がる
この季節

まさに、今の この時期なのだけど


はるか30年以上が過ぎても、いまだに あの頃の楽しい気持ちが あざやかに
蘇ってまいります(笑)


ま、それはともかく。


この本のいいところは、それだけではなくて。

著者が楽しんで絵を描いているのが、如実に伝わってくるところなんです
よね。


マンガなどでもそうですが、大御所になると、主人公だけを著者が描いて、
残りはぜんぶアシスタントさんであろうと想像される、まったく違うタッチの絵
に なっていたりすることが、たまにありますが。

ああいうのを見ると、ホント悲しくなります。

描くことは、この人にとってはもう楽しいことでもなんでもなくて、ただもう
めんどくさいオシゴトになっちゃってるんだろうなあ、なんて。

作画を見たら、描くことを楽しんでるか否かは、まるわかりですもんね。


その点、この作者は、色鉛筆で 1本1本の線を丁寧に描くことを楽しんでいる
感じがよく伝わってきたんですよね。

手編みの靴下をもらった、という冬のページなど、あったかそうな色合いの
毛糸でざっくり編まれているその靴下が、じつにかわいらしく描かれていたし


あと、愛犬のクリとポコの絵も、季節を問わず たくさんありましたが。


クリちゃん退院、と題されたところには、元気になって久しぶりに懐かしい
わが家へ帰ってきた、喜びあふれるクリちゃんの姿がイキイキと描かれて
おりました(*^_^*)

大好きな玩具で遊ぶクリちゃんの絵につけられた文章を紹介しますと。


手術はすべての過程でトラブルが無く、順調に回復し、10日の入院で
退院となった。

病院から2時間の道のりもなんのその。

家に着くなり 「ウオーン」 と一声叫んだ!

それからは、嬉しさの爆発!!

家の1人ずつに喜びを伝え、いつまでも遊んでいた。おもちゃに突進!

はしゃぎまくった。



いいですねえ(*^_^*)

ほかのページには、刻んで干してあった大根を食べてしまったり、熱中症の
ようになって氷や濡れタオルで冷やされ、その後元気になってからバリカン
で毛を刈られる2匹の様子など、かわいくユーモラスに描かれておりました。



いま、この文章を書くのにまたパラパラとページをめくっているのですが。

やっぱいいなあ、この本

これから、折に触れて何度も読み返したくなるだろうし・・・やっぱりちゃんと
買って、手元に置くことにします




さて、最後に蛇足ですが。


少し前に、七夕の飾り、あちこちで見かけましたよね

うちの近くのスーパーにも飾ってあって、その横には小さな机が置いてあって、
短冊とペンが用意されており、好きに書いて笹に掛けられるようになって
おりました。


ああいうのって、ダメだと思いつつも、どんなお願い事が書いてあるのか、
つい通りすがりにチラッと見てしまうのですが(笑)

「字が じょうずに なりますように」

拙い、幼い字でそう書かれた短冊が目にとまり、その可愛らしさに思わず
頬が緩んだ私でありますが。

その横の短冊を見たとき、ほんわか気分は一気にしぼんでしまいました。

「将来、AV男優になれますように」

同じく拙い、だけど幼さは無いクセ字で書かれていたその短冊。


そりゃ、私も半世紀を生きてきて、今さら そんなのを見たからって、
「不潔ッ!」 とか 「汚らわしい!」 なんて金切り声を上げるほどウブでも
ありませんが(笑)

でもねえ。

なんというか・・・せっかく用意された七夕飾りに わざわざそんなことを書いて、
「どやッ!オモロイやろ!」
的な、得意げな雰囲気が鼻についたんですよね。

いやもう、ぜんっぜんオモロくないですから


そんで、小さい子が楽しんで書くのだから、こんなしょーもないことは
やめてほしいな、って思ったのでありました。

どうせ、中2くらいの男の子が面白半分でやったことでしょうけどね。


・・・って、ホントにどーでもいい、蛇足もいいところですね^^;




日本の12か月を食べる、遊ぶ、暮らす。
幻冬舎
望月 聖子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 日本の12か月を食べる、遊ぶ、暮らす。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






"夏ってやっぱり、ワクワクしますね♪" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント