狂気の世界。




ここ数日、マスコミは豊洲問題から籠池氏問題、はては韓国の大統領罷免
など、ネタに困らない感じでありますね。

なんだか はしゃいでるようにすら見えるのは、私のひが目か(笑)


そんなことよりも、私としては 北がまた暴走しそうなことの方が気になるん
ですけどね。


ホント、日本も韓国も、国内のゴタゴタなどに時間を費やしている場合じゃ
ないと思うのだけど。。。


そんななか。


例の籠池氏の会見を観て、本当に驚きました。

まずは、あんな放言を 延々と流し続けるマスメディアの、あいかわらずの
定見の無さに呆れましたが。

それとともに、今のこの時代、まだ あんな人がいたんだなあ、って・・・なんと
いうか、前時代の遺物というか、戦前の亡霊がいきなり目の前に現れた感じ


それと、教育に携わっている人とは思えない、デリカシーのない 言葉の数々
にも驚きました。

その中のひとつ、私が聞いていただけでも 3回も言っていた 『すぐれもの』 と
いう言葉。


あの人としては、『優れ者』・・・つまり、優秀な人、というつもりで使っていたん
でしょうけど。


ここで少し、重箱の隅を つつくようなことを言いますが。

「すぐれもの」 というと、昨今では 「スグレモノ」 というカタカナ表記で、モノに
対して使うことが多いと思うのだけど。


さかんに すぐれもの、すぐれもの、って言ってるのを聞いて、どうにも違和感
を覚えてしまった私。

それなら、フツーに 「優秀な人材」 でいいと思うんだけどなあ。

ま、それはともかく。


自分の学校で、将来の日本に役立つ優れ者を たくさん輩出する、という
ようなことを、さかんに まくしたてておられましたが。


まがりなりにも 子どもを育てたことのある人間として、言わせてもらうとすれば。

子どもには、優れた子もいれば そうでない子もいて・・・というか、お勉強が
得意でハキハキした子もいれば、マイペースで内気な子もいて。


幼児教育というのは、基本 優劣をつけるのではなくて、どの子も長所を
認めて伸ばしてあげて、自己肯定感をちゃんと持てるようにするものなのだ
と私は思っていたのだけど。

農作物じゃないんだから、選別して優劣をつけ、選りすぐりの子を育てていく、
という その教育観に、激しく違和感を覚えてしまったんですよね。


まあそれも、私立学校なんだから いろいろ特色があっていいんだ、イヤなら
来るな、ってことなんでしょうけど。


なんというか、言葉の はしばしに感性の粗さが出ているというか、ざらついた
印象を受けたのは 私だけなのかなあ(~_~;)


あと、「教育勅語の何が悪い!」 と憤ってましたが。

教育勅語が悪いんじゃなくて、あなたの使い方が悪いんだよ、って、誰も
言わないのか(~_~;)


人生を かけてきた学校設立への夢が絶たれた、口惜しい、みんなヒドイ、
ってなことを延々言ってたけど。

新学期から入学予定だった子どもたちへの気遣いというか、幼稚園に通って
きていた子どもたちや保護者へ、迷惑を掛けたことへの謝罪など、ひと言
もなかったですね。


あのあたり、こないだ同じように会見を開いて、自分の名誉を回復するだの、
まわりが悪いんだなどとばかり言っていた、元都知事の石原氏と同じニオイ
を感じたのは私だけでしょうか(~_~;)



それと、どーでもいいことですが、あの奥さん。

応援のメールがたくさん来ています、10万通来ています、って。


パッと大きな数字を適当に口にして話を盛るのって、いいかげんな人間の
特徴ですよね。


ホントもう、すべてが信じられないことばかり(~_~;)


大阪の松井知事は、自分たちも欺かれた的なことを言っておられましたが。

他人事みたいな知事の顔を見ていて、思い出したのですが。

そういえば、大阪は かの橋下知事のころから教育改革に力を入れて
ましたよね。

民間人から校長を迎える、なんてこともやってて・・・結果、いろいろ問題が
起きてましたが。


そのあたりから、教育に関して歪みが出ていた、なんてことはないのかなあ。

学校設立に あたっての審査なども、変更されたり緩められたりは して
いなかったのか。


マスコミは、籠池氏一家の 「すぐれもの」 ならぬ 「変り者」 ぶりにばかり
スポットを当てていますが(笑)

そのへん、遡って調べてみる必要がありそうです。



それにしても。

筋の通っていないことを延々まくしたてる籠池氏や、歴史上初の罷免された
大統領という不名誉を被りながらも支援者に笑顔を振りまく韓国の元大統領
をテレビで見ていると、なんだかわけがわからなくなってくるような。

世界が、少しずつ狂ってきているような感じ?(~_~;)


第二次大戦前も、そんなことを言っているうちにどんどん情勢が変わって
いって、あっという間に戦争に突入していたんだろうなあ。

いやだ いやだ(~_~;)

変な方向へ行くことのないよう、しっかり目を開いていなければ。




今日は、ちょっと かわいいドーナツを数日前に見つけたので、その話を書く
つもりだったのに。

イヤな話に なっちゃいましたね


ということで。

最後に、これが そのドーナツです(笑)

画像



半分食べて、中の かわいい子を取り出してみました


画像



お味は あっさりしていて、油で揚げている感じは 全然なかったですね。


右がラムレーズンで、左が紅茶。

私はラムレーズンを いただいのですが、とってもおいしかったです(*^_^*)





"狂気の世界。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント