テーマ:読書

ひと晩じゅう、胸がムカムカしておりました(~_~;)

昨日の夜は、なんだかずっと胃のあたりがムカムカして寝苦しい夜で ありました(~_~;) ずっと夢を見ていたようなのだけど覚えておらず、ただ印象に残っていた のは、夢のあいだじゅう続いていた胸のムカつきだけ。 何度も何度も目が覚めていたのですが、明け方、4時過ぎに目覚めてからは、 気分の悪さで しばらく寝…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

山怪。

図書館で予約してから ずっと待ち続けていた本の順番が、やっとこさ回って きました^^; 手帳に はさんで保管してあった予約票を確認してみたところ、予約したのは なんと去年の10月初め(笑) 人気のある本だから かなりお待ちいただくことになりますよ、と、図書館の 人にも言われたので、もう買ってしまおうかと…
トラックバック:0
コメント:23

続きを読むread more

あなたの思い出の家は、どんな家ですか?(*^_^*)

図書館で、またまた面白い本を見つけました~ キネマ旬報社  『 家の履歴書 今は亡きあの人 篇 』 有名人の思い出の家にまつわるエピソードを集めた記事のなかで、すでに 故人となっている人だけを集めた本なのですが。 話は、思い出の家にとどまらず、その人の生い立ち、人生に及んでい…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

柳生大戦争。

図書館で、またまた面白い本を見つけてきました 荒山徹 著 『柳生大戦争』 ところで、ご心配をおかけした捻挫の件ですが 前記事にも書いたとおり順調に回復しておりまして、買い物程度なら歩いて もOKだとお医者さまにも言われたので、さっそく、病院の…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

じつに、面白い!

人にはそれぞれ、見ていてちっとも飽きないくらい面白く感じられるものが あると思いますが。 私にとってのそれは、“ 理系の人 ” なのでありますね メジャーなところでは、東野圭吾の連作推理小説 『 ガリレオシリーズ 』 の 主人公、テレビや映画では福山雅治が演じていた湯川教授。 …
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

サラダ好きのライオン。

数日前のこと。 図書館の棚に、この本が置いてあるのを見つけてしまいました 村上春樹 著 『 サラダ好きのライオン 村上ラヂオ3 』 村上春樹のエッセイに大橋歩の挿絵が付いている、この『村上ラヂオ』 シリーズも もう3作目。 前作2…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

『 水アイロン 』 と 『 手アイロン 』

一般に、読書が好き と言えば聞こえはいいですが(笑) お堅い本以外は手当たり次第、とりあえず ご縁があった本は読んでみよう 派の わたくしであります そんな私が、定期的に読みたくなるのが、家事に関する本 そう言うとまた、家事好きだな、いいお…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

面白い本だったけど、ちょっと めんどくさかったです ^^;

『人間臨終図鑑 』 という本の上巻をこちらに、中巻をこちらの記事で 紹介させていただきましたが。 最後に その下巻を紹介させていただいて、やっとこさ この本ともお別れ でありますね(笑) ということで、まずは その一部を 【73歳で死んだ人々】 山上憶良、…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

震えあがりましたよ^^;

少し前に、「『 死 』 は、一大事業で ござそうろう。」という記事のなかで、 『人間臨終図巻』という本の紹介をしましたが。 このときは、上巻だけ図書館で借りてきて、とても面白かったので、早く下巻も 読みたいと書いたのでありましたが。 あれからすぐに図書館に行ってみたところ、なんとこの本、上・中・下の3…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

『 死 』 は、一大事業で ござそうろう。

図書館で、またまた面白い本を見つけましたよ~ 山田風太郎 著  『人間臨終図鑑 』 上巻 図書の本、以前は 家族3人分の貸し出しカードを私ひとりで独占して、 借りられるったけ借りては どんどん読み進んでおりましたが(笑) 最近は、そんなふうに いちどきに たくさん借りて帰って…
トラックバック:2
コメント:12

続きを読むread more

犬心。

こちら関西も、やっとこさ、ここ数日前からキンモクセイの良い香りが街に ただよい始めました ウォーキングなどしていると、どこからともなくあの甘い匂いがしてきて、 思わず深呼吸(*^_^*) でも、これが夕方のウォーキングとなると、ちょっと要注意。 どこの家も、晩ごはんの支度を始め…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

私の大好きな、物語の世界です(*^_^*)

こないだ、朝食を食べながら新聞を読んでいたところ、こんな川柳が目に とまりました。 「おいまだか! もう言われない 主人から」 なるほど。 先に逝ってしまったご主人を悼んでいる句なのだな、と、朝からちょっと しんみりしてしまったのでしたが でも、よくよく見てみ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

あなたの前頭葉は大丈夫?!

1週間ほど前に、群ようこさんの 『欲と収納』 『寄る年波には平泳ぎ』 という 2冊のエッセイを続けて読み終えていたのですが。 そこに、ちらっとだけ前頭葉の話が出ていたんですよね。 前頭葉というのは、脳の中でも社会性や理性をつかさどっている重要な部位 であり、物事の判断を下したりもする場所で、その人の人…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

『石の裏にも3年 キミコのダンゴ虫的日常』

まだ夏休みが始まったばかりだというのに、もうすっかり暑さに食傷気味の 今日この頃でありますが そうはいっても、うちの近くでは、なぜかまだウグイスが鳴いていたりする んですよね。 クマゼミの、耳を弄するばかりの鳴き声に混じるホーホケキョを 汗を 拭き拭き聞きながら…
トラックバック:1
コメント:16

続きを読むread more

『鳥辺野にて』

図書館で、またまた面白そうな本を見つけました 加門七海 著  『鳥辺野にて』 横に かしいだ枯れ木が不気味でおどろおどろしい雰囲気を醸し出している 表紙には、「あの世などない あの世などない」の文字が 期待に胸をワクワクさせながら、借りてまいりましたよ~{%…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

王妃でも庶民でも、離婚はたいへんであります^^;

ずっと前から気になっていたこの本、こないだ偶然図書館で見つけました~ 佐藤賢一 著 『王妃の離婚』 離婚経験者としては ちょっと気になるタイトルだし、国王夫妻の離婚となると 一大スキャンダルだから、さぞかし大騒ぎだっただろうなあとも思って、 興味を惹かれたんですよね。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

皆さんに感謝です(*^_^*)

昨日の暦に、『穀雨(こくう)』とありました なんでも、穀物の成長を促す慈雨のことだそうですが。 それにしては、昨日の雨はちと荒っぽい雨でしたね^^; いま農作物に足りないのは雨ではなくて、日照時間だとニュースでも言って ましたが。 ここ数年は気候が荒ぶれてて、降るときは一気に…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

食べものであそぶ。

図書館で偶然見つけたこの2冊。 どちらも食生活を楽しんでいて、いいなあと思ったんですよね 『飛田和緒の ひとりごはん日記』 飛田和緒  『ばかごはん』 べつやくれい ひとりごはん日記のほうは、朝、家族を送り出したあとの著者のお昼ごはん を写真入りで紹介しているのです…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

バカの考え 休むに似たり。

昨日からニュースで、明日は広い範囲で雪だと言っていたので、今朝は 身構えて起きたのですが。 こちら関西は、雨でありました って、ガッカリすることはないですね(笑) まあ、朝から雪だと通勤・通学がたいへんですもんね。 関東地方は ところによって…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

ホント~~??^^;

こないだテレビを見ていたときに 耳にしたことなのですが。 実は、徳川家康は豊臣家を滅ぼすつもりはなかったのだとする見方が 最近になって出てきているのだそう。 豊臣家を滅ぼすきっかけになった事件として、豊臣方が鐘の文言に 『国家安康』と刻んだことに端を発する騒動が有名ですが。 家康の名前をわざと分断さ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

鬼がズッコケております^^;

さて、年が明けて今日はもうすでに4日。 正月気分もそろそろ抜けてくる頃かと思われますが。 そんな世間の空気には おかまいなく、去年の総括をまだやってなかった ことを思い出した私(^^ゞ 毎年 暮れには、1年間で読んだ本の総数と観た映画のすべてをここに 書き記しております。 人さまからみればどう…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

お片付けの時期になりましたね(^O^)

図書館で、またまた面白い本を見つけました 夏目♀ 著 『片付けられない女魂』 この本、表紙がすごいインパクトだったんですよね。 片付ける前の、著者の部屋の写真が表紙になっているのですが。 それがもう、まさに典型的な汚部屋 床が見えないほ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

なんとも凄い人生です^^;

いちばん最近に読んだ本2冊が、ジャンルは全く違うのに偶然にも どちらも キリシタンが大きな役割を果たしていたんですよね。 1冊は、『捨て童子 松平忠輝』という作品で、著者は隆慶一郎。 これは、タイトルからもわかる通り、徳川家康の息子で、秀忠の弟にあたる 松平忠輝を主人公としたお話。 全3巻のこの作品も、…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

キャンペーン期間中。

今日もまた図書館へ行った私ですが、読み終わった本を返しただけで 珍しく何も借りずに手ぶらで出てきたのでありますね。 なぜかというと。 これなのですね よく行くジュンク堂のキャンペーンで、このピンクのレシートの合計金額に よって景品が当たるというもの。 昨日はこ…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

異世界でありました^^;

手術を受けてから丸1ヵ月が経ち、もうほとんど元どおりの健康体に戻った 感じの私 買い物にもふつうに行ってるし、今週は術後検診もあるので、それで異常が なかったら、ひとまず安心でありますね ということで。 前記事では、入院中に読んだ本の紹介をしましたが。 …
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

雪は、犬小屋の屋根にも降り積もったのか?(^O^)

前記事で、入院中に読んだ本の話をしましたが。 一番はじめに読んだのは、フリーマントルの「消されかけた男」でありました。 それをあっという間に読み終え(何しろほかにすることがないですからね 笑)、 次に手を付けたのは、この作品。 三浦しをん著 『三四郎はそれから門を出た』 三浦しをんといえば、…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

遅ればせながら、入院中に読んだ本のことなど。

やっと去って行きましたね、台風19号^^; ものすごい大型でとんでもない威力だとの評判どおり、大物らしいゆっくり した進み方で、沖縄を丸一日暴風域に巻き込んでたし。 あんなものがこっちに来たらいったいどうなるんだろうと、固唾をのんで 見守っておられた方も多かったと思います。もちろん、私もそのひとり。 で…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

キーブー亭は、しばしのお休みをいただきます。

さて、入院・手術の予定が間近に迫っておりますが^^; もう、パジャマやら何やらの準備品は揃っているので、今日は本屋さんへ 行って、入院中に読む本を物色してきました もう何度も書いているとおり、うちの本棚はほぼ満杯状態なので、本は極力 図書館で借りるようにしている私。 なので、…
トラックバック:0
コメント:29

続きを読むread more

釈迦と維摩(しゃかとゆいま)

今日は朝からいちだんと秋めいていた こちら関西地方 朝のウォーキングも、これまでになく爽やかな気分。 でも、午後になると30度を越えたようで、やっぱりまだまだ暑いですね さて。 秋だからというわけではなく、季節を問わず手当…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

昔は、英国も日本も、おばあさんは大変だったっていうお話です^^;

前記事で、順調に続いているウォーキングについて書かせていただき ましたが 朝・晩の2回歩きに行って、1日トータルで50分から1時間。 3ヵ月も続けると そろそろ体も慣れてきて、もう少しハードにしてもいけそう だなって思ったんですよね。 そこで。 こないだ、歩いているうちに…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more