テーマ:読書

皮膚は「心」を持っていた!

興味深い本を、図書館で見つけました 山口創 著 『皮膚は「心」を持っていた!』 少し前に、DNAは魂を持っているのか? という本を読みましたが(^O^) 今回は、なんと皮膚が心を持っているとのこと(笑) 驚きですよね。なんだかワクワクしてくるし
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

高低差ありすぎて耳キーンなりました。

同時進行で読んでいた この2冊、読了いたしました 週刊文春編集部著  『文春砲 スクープはいかにして生まれるのか?』  阿満利麿著  『親鸞』  私は だいたいいつも、数冊を並行して読んでいるのですが。 この2冊はホント、ギャップがありすぎて、タイトルどおり “高低差…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

次の人生に期待です(笑)

こないだうちは、5月だというのに とんでもない暑さでしたね このまま夏になだれ込んでしまうんじゃないかとマジで怯えましたが(笑) ここ数日は、なんとか暑さも落ち着いたようでホッとしました さて、そんななか。 あまりの暑さでポケ散歩もままならな…
トラックバック:0
コメント:21

続きを読むread more

読後感、悪くなかったですよ(^O^)

図書館で、ちょっと面白そうな本を みつけました 内藤了 著  『ON 猟奇犯罪捜査班 藤堂比奈子』 この手の本って、読んでて胸が悪くなるような犯罪が 微に入り細に入り描かれ ていたりして、読後感が最悪だったりするので要注意なのですが(笑) 表紙の後ろにあった紹介文を見…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

日米開戦。

またまた、ブログ更新に間があいてしまいましたが^^; ホントもう、なんでこんなに時間がないのか・・って、以前にも 同じようなこと を言ってましたね(笑) 読書も思ったようには進まず、今現在、図書館の本は貸出期限がすぎて しまっているし 公共のものなのに、ホント申しわけありませ…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

悲観的になりすぎては いけませんが。。。

あっという間に12月も終盤に近づき、あさってはもうクリスマスイブ ほんとうに、一年経つのが早いこと とはいえ、私の毎日は ほぼ通常どおりで、なにも変わりはないのだけど^^; ここ数日も、トム・クランシーの小説を読み進めて…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

忙中閑あり。

めっきり寒くなってきましたが、皆さま いかがお過ごしでしょうか 温暖な こちら関西も、朝晩は上着なしでは震え上がるほど冷え込むように なりましたが、日中はまだ さほどでもないかな(笑) 今年は 紅葉も見に行かないまま 冬に突入してしまうのかなと思っていた 矢先、ベランダで見つけま…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

私は正直者です。

数日前のこと。 ポケ散歩も終わり、さて買い物して帰ろうと思い、スーパーに入りました。 暑いなか自転車をこいで喉も乾いたので まずは冷たいコーヒーでもと思い、 自販機で カップのアイスコーヒーを買ったのですが。 お釣りの返却口に、小銭が置いたままになっているのを発見。 しかも 500円玉が…
トラックバック:0
コメント:22

続きを読むread more

よれよれ肉体百科

東京の大雪、テレビで観て びっくりしました んで、そうなると また交通がマヒして、電車の改札口にすら入れないほどに 人があふれて(~_~;) 夏は とんでもなく暑く、冬はまた とんでもなく寒くて。 気候は、これからたぶん どんどん荒れていきます…
トラックバック:0
コメント:30

続きを読むread more

帝都 妖怪新聞。

図書館で、またまた面白い本をみつけました 湯本豪一編 『帝都妖怪新聞』 これは、明治時代に 新聞紙上に掲載された 怪異についての記事を集めた ものなのですが。 明治時代というと、今からは考えられないくらい、一気に日本が変った時代 ですよね。 幕府から天皇の親政に替わっ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

ほっこりしました(*^_^*)

こないだ、本屋さんのポイントを使って 久しぶりに本を買ったという話を しましたが。 そのときに買った3冊のうちの1冊を、今回は紹介したいと思います 益田ミリ著 『沢村さん家のこんな毎日』 ”平均年齢60歳の家族と愛犬篇” というサブタイトルが付いています。 …
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

晴れても雪でも・・・おでんかな(笑)

先月の末のこと。 私のスマホに、1件のメールが入りました よく行く書店からのもので、貯めてあるポイントの一部が 7月31日で失効 しますよ、というお知らせでありました。 ポイントについては、以前にも話題にしましたが(笑) 期限切れにしちゃったら、もったいないですもんね^^…
トラックバック:0
コメント:18

続きを読むread more

こんどこそ最後のおでん。笑。

前記事で、北大路公子さんのエッセイ 『最後のおでん』 を紹介しましたが。 あまりにも面白い箇所が多すぎて、一番面白いところを紹介しきれずに 終わってしまっておりました^^; なので、今回は第二弾ということで、お母さんにケータイの操作を教えている 部分を紹介したいと思います。 著者は40代の独身女…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

最後のおでん。

最近、大幅なルール変更のあったポケモンに また新たにハマりなおして いて(笑)、図書館へ行く回数が めっきり減っている私^^; ポケモンのジムの近くにある図書館で、この本を見つけました  北大路 公子著  『最後のおでん』 ああ無情の泥酔日記  このヒトのエッセイ…
トラックバック:1
コメント:22

続きを読むread more

ヘビやカエルが ぽろぽろ?^^;

最近 めっきりテレビを観なくなったというのは、ここでも何度か書いてますが。 それでも、かの暴言・暴力議員の話題は、イヤでも耳に入ってきますね(笑) 「ミュージカル調の暴言」 っていったい何? って思ったのですが(笑) いやあ、あれはヒドイ(~_~;) パワハラや弱い者いじめをする人など、昔から…
トラックバック:1
コメント:28

続きを読むread more

平和が いちばんなのだけど。。。

相変わらず、世界は激動を続けておりますが。 テロも、止む気配がないですね。 イギリスも、移民に対して国を閉じる方向へシフトし、テロを防ごうと しましたが。 結果は、かくのとおり。 そして、選挙結果も 今になって あんなことになっておりますね。 それを尻目に、イギリスとは正反対といっても…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

時の流れに どんぶらこ。

少し前の話になりますが。 某 音楽番組で、久しぶりに CHEMISTRY (ケミストリー) を見かけました。 独特の透明感のある歌声が好きで、アルバムも何枚か持ってるし、ipodにも たくさん曲が入っておりますが 最近 見かけないなあと思っていたら、活動休止中だっ…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

眠れぬ夜のあれこれ。

どうにも風邪が ぬけなくて、まだオカマ声の私 これまでは、声嗄れなんて、どんなに ひどくても1~2日で 治っていたと いうのに。 気持ちや言動は 相変わらず若いままでも (見た目は さすがに年相応 ですが笑)、体はしっかり年を取っているんですねえ(~_~;) ま、それはともか…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

痛い、痛い、痛い!

数日前から、右手の手首のあたりが少々痛むなあと思っていたのですが。 前回記事にした確定申告のあたりから、本格的に痛くなってしまったんです よね(~_~;) 痛みは、手首から指にかけて、徐々に範囲が広がったのですが。 じつは この痛み、2か月おきくらいに襲ってくる、もうお馴染みのもの{%がっかりwebry%…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

「生命は」

こないだ読んでいた本のなかで取り上げられていた 『生命は』 という詩が とても印象的だったので、紹介したいと思います 『生命は』 生命は 自分自身だけでは完結できないように つくられているらしい 花も めしべとおしべが揃っているだけでは 不…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

よいお年を!(^◇^)

さて。 今年も いよいよ 残り数時間となりましたね ということで、毎年恒例の、読書と映画の総決算をしたいと思います。 読んだ本は、146冊。 後半、ポケゴーのおかげで失速した感がありますね(笑) 未読の本がまだ数冊積んであるので、正月はこれを消化したいです。 …
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more

♪ なんで こんなに 可愛いのかよ~

図書館で、またまた面白そうな本を見つけました 椎名誠 著 『孫物語』 このタイトル、おなじく椎名さんの作品である 『岳物語』 とかぶるところが あります。 『岳物語』 は、長男・岳くんのお話でしたが。 今回は、その岳くんの子どもたち、椎名さんにとっては孫にあたる 3…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

日々、お勉強でありますね^^;

ここ数年、いろいろと体調不良に悩まされることが多くなったというのは すでにもう ここでも何度か書きましたが。 ま、年齢的にも、誰もが多かれ少なかれ、同じようなことを感じているんだ とは思います^^; ただ私の場合、本当に ちょっと前まで病気知らずの丈夫な体質で、いわゆる 『殺しても死なない』 タイプの人…
トラックバック:0
コメント:14

続きを読むread more

独裁者の子どもたち。

10月も なかばを過ぎたというのに、今日の関西地方は まるで夏に逆戻り したかのような暑さ 日なたにいると 日差しが じりじりと射してきて、痛いくらいでした もう あと2カ月余りで年の暮れだというのに、いったい どうなっちゃってるん でしょうかね(~_~;) …
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

ホラー作家は、エッセイも面白いですね(^O^)

図書館で、またまた面白い本を見つけました 貴志祐介著 『極悪鳥になる夢を見る』 貴志祐介といえば、『黒い家』 や 『悪の教典』 他、数々の名ホラー作品を 上梓されていますが。 『悪の教典』 は、伊藤英明 主演で 映画化もされてますよね。 担任の生徒を殺しまくる先生が、鬼…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

つながる世界の面白さ。

こないだ、図書館でまた面白そうな時代ものの本を 見つけたのですが パラパラと めくってみると、どうやら主人公は大谷刑部(おおたに ぎょうぶ) のよう。 大谷刑部といえば、かの関ヶ原の戦いで西軍に与して 討死をした武将 ですよね。 若い頃から不治の病に侵され (一説には らい…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

スパイ小説は、今も昔も 面白い!

今日のニュースで、ロシアチームがリオ入りしたと報道されていましたね。 事ここに及んでは、もう言うべき言葉もありませんけど。 でも 『スポーツマンシップ』 を、どうか大切にしていただきたいなあと思ったり 昔から、スポーツの世界はえてして足の引っ張り合いやらは多いですもんね。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

死後の世界はあるのか?!

かねてから読みたいと思っていたこの本、図書館で予約して取り寄せて いただきました エベン・アレグサンダー著 『プルーフ・オブ・ヘブン』 以前 テレビでも紹介されたことがあるので、ご存じの方も多いかと思いますが。 現役の脳神経外科医の臨死体験ということで、大きな話題になりました…
トラックバック:0
コメント:20

続きを読むread more

夏ってやっぱり、ワクワクしますね♪

図書館で見つけたこの本、もうすでに読み終わっているというのに、返却 するのが惜しくて、ギリギリまで手元に置いて、未練たらしく何度も 読み返しておりました^^; 望月聖子 著 『日本の12か月を食べる、遊ぶ、暮らす。』 1月から12月までを ひと月ごとに区切り、季節ごとの風物詩がたくさん、 ページいっ…
トラックバック:0
コメント:10

続きを読むread more

今日はホントに暑かった!(~_~;)

まだ梅雨も明けてないというのに、今日は とんでもない暑さでしたよね だからって、家にこもりっきりというわけにもいかなくて、今日も今日とて銀行 へ行き、帰りにスーパーで買いもの。 その前に、家事を済ませておこうと思って、洗濯物を干した後に掃除機を かけたのですが…
トラックバック:0
コメント:16

続きを読むread more