テーマ:ディーン・クーンツ

暑い中、冷たい氷の世界の恐怖はいかが?(笑)

あちこちでゲリラ豪雨が猛威を振るうなか、ムシムシと暑い日が続いてますね 今日も今日とてあまりの暑さに、ちょっとぜいたくかなあと思いつつカフェに 避難したものの・・・そこはまたキンキンに冷えた極寒の世界 あまりの寒さにしまいには頭痛までし始めたのですが、せっかく入った…
トラックバック:0
コメント:12

続きを読むread more

これがD・クーンツの最高傑作かも!

読み終えるのが惜しくなって、最後の方はじっくりゆっくりと読み進めてた本 が、読了しました(*^_^*) ディーン・クーンツ著 「心の昏き川」 心と顔に深い傷を持つ男、スペンサーがふと立ち寄ったバーで出会った女、 ヴァレリーに強く心を惹かれます。 しかしヴァレリーは忽然と姿を消し、しかも彼女の住んでいた家は警察の …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

執拗に追ってくる恐怖/D・クーンツの世界

またまた上下巻ともに、一気読みしてしまいました。 さすがはクーンツ。手に汗握るとはこのことですね(^^♪ 今回読んだのはこの本。   ディーン・クーンツ著 『チックタック』  主人公トミーは幼い頃、命からがら内乱状態のベトナムから家族とともに アメリカに亡命してきて、いまは専業作家としてやっていく目途もたち、憧れ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more