映画と私 その比類なき原点とは

さてさて本日も晴天なり

今日はこぶた1号が有給を取ってお休み

いつも朝ごはんは私一人なのでお弁当の残りをちょっとつまんでおしまい

となるのだけど、今日はちゃんと、ゆで卵をつぶしてマヨネーズであえた

ものと、ハムときゅうりをトーストに乗っけて、コーヒーをいれてゆったり

朝ごはんとなりました



さて、ふたりで協力して家事も早々に一段落

さっきブログめぐりをしてコメントを入れてたときに、初めて観た映画のことを

思い出した私。


東映の、岩に砕ける波しぶきから始まるシブい邦画。

あれは私がまだ保育園に通っていたとき。

母に連れられていったのは、田舎の場末の映画館。

かすかにトイレの臭いがするような小さなところ

そこでやってたのがやくざ映画。

賭場に集まってサイコロを振ってるところなどをつぶらな瞳で観ていた

幼い私


そこへ急転直下、いきなりの流血地獄

賭場のまんなかにある、白いアイロン台のでかいのみたいなのへ大量の

血がバシッと飛び散り、障子にも血がしぶいたとみるや、朱に染まった腕が

突き破って出てくるやらの凄い騒ぎ。


このシーン、あとあとまで夢に見てうなされました


まーったく、何を考えて幼い娘をそんな映画に連れてったのやら・・・

子を持って知る親の愛、などと申しますが、私の場合、もちろんそういうのも

ありますが、それよりは圧倒的に、自分が親になってみて首を傾げるような

ことも多いです(笑)


母が生きてたら、これよりほかにも聞いてみたいことがいーっぱいあるん

だけどなあ。

面白い人だったから、たぶん想像もできないような答えが返ってくること

間違いなし(~_~;)



まあそれはともかく。

その映画の途中、幼い私はトイレに行きたくなったのですね。

たぶん、映画館の中にそこはかとなく漂うトイレ臭に誘われたのだと思うけど

母に尿意をうったえたら、

「そこのドアを出たとこにあるからいっといで」

と言われ、ひとりでトイレに向かった私。

賢くもちゃーんと一人で済ませて、さてトイレを出ようとしたとき。


開かなーい!!

トイレのドアがいくら押しても開かない!!



そこで私は恐怖感でいっぱいになって、大声をあげて泣きました(ToT)

上を向いて泣いたので、天井とドアの隙間から、昼下がりの陽光が差し込んで

いたのをよく覚えています。


その後、母と映画館の人が駆けつけてきて、私は無事、救出されました(笑)

ドアは、引いて開けるタイプだったのですね

「入るとき、ドアを押して入ったんやろ。そしたら出るときは引くに決まってるやん」

と母に大笑いされました。

そのとき映画はクライマックスで、賭場で刺された男が主人公に抱き起こされ、

虫の息で切れ切れに話をしている場面の、しーんと静まり返った場内に私の

泣き声が響きわたったそうです・・・


のちのちまで語り草にされて笑われましたけど・・・

だけどねぇ、お母さん。


幼い娘と観るのに血なまぐさいやくざ映画をチョイスするとこから始まって、

トイレにひとりで行かせるなんて。

まあ時代も今と違ってのんびりしてたとはいえ、変質者とかはいたんだからさ。

あと、トイレに閉じ込められるって、幼い子からしたらすんごい恐怖なんだから。

それを、抱きしめるとか慰めるとかするより先に笑うかなあ


まーったく。私だからちゃんと無事に育ったけど。

これがこぶた1号や2号だったら、つぶれてたな、きっと(爆)











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2009年05月15日 20:47
 笑っちゃいけないけど、なかなかユニークなお母さんだったようですね。映画というかやくざ映画がよほど好きで、幼いキーブーさんを連れてでも観にいきたかったんでしょう。カッコいい俳優が多かったですからねえ(^^ゞ。
 夢に見てうなされるような最初の映画だったり、トイレ事件があったにもかかわらず、無事に育って、映画も好きになったキーブーさんも、きっとユニークな方に違いない(~_~)。
さんちゃん
2009年05月15日 22:22
なかなか肝の据わったお母様で…
「うちの子なら大丈夫」と思っていらしたんでしょうね。
私の最初の映画館で観た映画の記憶は、
「フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン」
私は他の映画が見たいと言ったのに、
4歳年上の兄との力関係に負けました
もっとも加山雄三の「海の若大将」を観た記憶もあるので、
母はこちらが観たかったんだと思います。
要するに、母親は子供より自分が観たい映画を選ぶってことですかね?(爆)
2009年05月15日 23:19
遊哉さん、こんばんは
ユニークどころか、ぶっ飛んでましたね(~_~;)
参観日にきたりするとみんながザワザワし始めるくらい美人だったし、自慢の母でもありましたけど。
バーみたいなとこにも連れて行かれた記憶があります。
母は男女取り混ぜた友人グループで飲んでて、私はホステスさんに抱っこされてて。そのホステスさん、首に大きな粒のネックレスがあったのと、薄暗がりの中、まつ毛がびっくりするくらいバサバサと長くて、私はそれをじっと見つめてました。あと、店の中に噴水があったのも覚えてます
「禁じられた遊び」のサントラ盤をよく聞いてましたね。今となればなかなかカッコいいヒトだと思うけど、子どもの頃は振り回されることが多くて、友達の家みたいに普通のお母さんがいいのに、と思ってました。
いま生きてれば70歳すぎくらいかな。面白い話がいっぱい聞けたと思うのに、残念です(~_~;)
りぃー子
2009年05月15日 23:24
え~@@
オソロシイ程シンクロ!!

私を映画に連れて行ってくれたのは、母の姉です。
従姉妹とは10歳以上年が離れていて、私が小さい頃、もう従姉妹はそこそこ大きかったので、伯母にも従姉妹にも随分面倒をみてもらった私でした。

ある日伯母が「今日は希望を聞くから、何がしたいか言ってごらん」といいました。
多分妹が産まれるので母が産気づいていたのだと思うのね~。
幼い私はその頃、ディズニーや東映まんが祭りなどで映画が大好きだったので、伯母に「映画が見たい!」と即答したの。

それでどんな映画を観たと思う?
私、三歳かそこら・・・

まあ、その映画館が一番近かったんだけど

お色気サスペンス?映画よ!!

「どんな映画見てきたの?面白かった?」
と回りの大人に聞かれ
「面白かった!」とは即答できず
一応お話の流れを説明してみた私。

「女の人がお風呂に入って・・・
他の女の人に殺されちゃうの」

これって、一体どういう映画だったんでしょうか!
自分のその台詞だけ覚えてますけど、さすがに映画の内容は忘れました。
2009年05月15日 23:38
さんちゃんさん、こんばんは
はいもう、肝はどっしりと据わってましたよ(~_~;)
なにしろ、私が小学校高学年になるやいなや「もう大きいんだから、留守番できるよね」なんて言って一泊旅行とか平気ででかけてましたからね(笑)
“うちの子なら大丈夫”って思ってたのか…、たぶん、なーんにも深いことは考えてなくて、ただ自分のやりたいことをやって単純に楽しんでただけでしょうね(爆)
んで、「フランケンシュタイン対地底怪獣バラゴン」ですか(笑)フランケンシュタインは知ってるけど、バラゴンて…、怪獣ですよね?フランケンシュタイン、怪獣とも戦ってたんだ、知りませんでした
要するに母親って、手のかからない子どもだと、調子に乗って好きなことするんですよね(笑)
2009年05月15日 23:51
りぃー子さん、こんばんは
え~っ、またまたシンクロしましたか(^^♪
3歳の子にお色気サスペンス映画!
そりゃまたなんで?!ですね(^o^)
たぶん、伯母さんはその映画が見たくて、「こんな小さな子どもだから何にもわかりゃしないから大丈夫」とか思って連れてったんでしょうね。
んで、お風呂シーンはあったんだ。まさかラブシーンは…?あったのかもしれませんね。ショックのあまり自動的に記憶を消しちゃったとか?(爆)

それにしてもホント、子どもって、かなり小さくてもいろんなことを覚えてますよね。周りのおとなはそれを肝に銘じてほしいなあ(^^ゞ
2009年05月16日 16:57
そのころ 私 もう立派に 大人やってましたなー そんなキーブーさんと 今 こうして お付き合い! すげぇー!!
2009年05月16日 20:22
seiziさん、こんばんは
seiziさんもやくざ映画、お好きでしたか?
その頃はもう大人だったseiziさんと、今こうしてお話できるなんて!
すげぇー!!(^o^)
とんぺい
2009年05月18日 22:16
やっとたどり着きました。あらためてゆっくり読ませてもらいます.なかなか面白そうです。
2009年05月18日 23:32
とんぺいさん、こんばんは
そして、いらっしゃいませ(*^_^*)
ありがとうございます。またよかったら感想を聞かせて下さい。

この記事へのトラックバック