「アバター」を観た!



この作品は、こないだの水曜レディースデーに、仕事帰りに映画館で観て
こようと思っていたのですが。
その前日にはーちゃんがあんなことになり、なんだかそんな気にもなれずに
帰ってきてしまったんですよね(~_~;)

来週の水曜日は仕事が長引く予定だし、こりゃしばらくは映画は無理かなあと
思ってカレンダーを眺めていたら。
よく考えたら、今日は14日。
OSシネマズデイだ!しかも休日だし。

ということで、家でたれこめていてもしょうがないので、映画を観に行くことに。

せっかくなので、3D映像で観ることにしました


ジェームズ・キャメロン監督 「アバター


画像



観始めてからすぐに、3D用の眼鏡を通して見る映像の暗さに一驚。
こ、これは。。。

話は突然飛びますが、ドラマの「相棒」、あれも画面全体が青っぽいというか、
色調が少し落とされてますよね。
ドラマの落ち着いた雰囲気と相まって、とても効果的だと思うのですが。

この場合、それをやりすぎた感じかなあ
これじゃ、惑星パンドラの魅力が伝わらないどころか、画面そのものが見にく
いんだけどなあ

映像が飛び出してくるようですごい臨場感とも聞いていたけど、たしかに最初
のうちはそんな感じもあったけど、慣れてくるに従ってそんなことよりも色彩が
どんよりしていることが気になってきました
しかも、眼鏡もなんだかゴツくて重いし

ためしに眼鏡をはずしてみると、はっとするほど色がきれい
なのでもうはずして観ようかとも思ったのだけど。
いかんせん、はずすと字幕の字がブレて読みにくいんですよね。
せっかく3D料金ということで400円払ったんだし、などという貧乏くさいこと
を考えたりもして、結局我慢して最後まで眼鏡をかけてました(^^ゞ


あらすじを簡単に言うと、海兵隊員で今は車椅子生活をしている主人公ジェイ
ク(サム・ワーシントン)は、惑星パンドラの住人のナヴィ族そっくりに作られた
アバターに意識を繋ぎ、スパイとしてナヴィ族のなかに送り込まれます。

やがて、族長の娘のネイティリと心を通わせるようになったジェイクは、自分の
任務に疑問を持ち始めるのですね。


現実の世界では足が不自由で、これといって楽しいこともないような生活を
しているジェイクが、アバターと意識を繋ぐと体も自由に動くし、神秘的な惑星
パンドラの自然のなかで、身も心も解放感でいっぱいになっていく様子がとて
もよく伝わってきましたね。

ナヴィ族のなかに溶け込み、恐竜みたいな鳥に乗って空を飛ぶことを教わり、
自然と調和して暮らすナヴィ族の暮らしに馴染んでいくジェイク。
ジェイクの上司の軍人は、惑星パンドラの豊富な資源に目をつけ、それを手に
入れようとしているのですね。
どこにでもいる、欲深い人間。

ジェイクは、軍事力にものをいわせてナヴィ族を蹴散らそうとする軍から、必死
に仲間を守ろうとするのですが。。。


全編をとおして、惑星パンドラの神秘的な雰囲気にうっとり
クリオネのような生き物が雪のように空からたくさん舞い降りてきたり、恐竜と
見まがうほどの大きさの鳥の、極彩色の美しさ。

でも。。。
しつこいようですが、3D眼鏡をとおして観ると、それらの魅力は半減。
なんでこんなことに、と思いながら観ていたせいか、感動もなんだか半端な
感じで、物語世界に入り込めないまま終わってしまいました
前評判が良すぎて、期待が大きかったせいもあるのかなあ。

ストーリー自体とても面白いし、ときどきアバターと意識を離して現実に帰って
きたときのジェイクの違和感や、苦悩など、共感できる部分も多かったのに。

これは普通の字幕版で観るべきだったなあ。
いやはや、失敗しました

もう今後は金輪際、3Dは観ないぞー!(T_T)








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2010年01月14日 21:48
あぁぁー今日14日だった。忘れてたー!もったいないことしてしまった(≧△≦||||)
ほうほう。アバターってそういったお話なんですね。技術がすごいってきいてたので見たいと思ってたんですよ。キーブーさんの話聞いてより見たくなりました。3D止めよう笑
2010年01月14日 23:41
ぴかりんちゃん、こんばんは
そう、今日は仕事のお休みとうまくかち合ったシネマズデイだったのですよ(*^_^*)
3Dはね。ほんとにお勧めしません(笑)
ああ、テレビCMで見てたとおりのきれいな色彩で観たかったなあ。かえすがえすも残念無念(自爆)
2010年01月15日 11:30
 今年は3D元年だそうで、これからどんどんよくなっていくんでしょうが、やはりメガネをかけると暗くなっちゃうんですね。他のブログでも、そんなことが書かれてました。
 この映画観たいですが、3Dじゃないのもあるんですね? だとしたら、そっちを観ます(^^♪。
2010年01月15日 18:11
参考になりました。3Dはや~めた。(@^^)/~~~
2010年01月15日 22:13
遊哉さん、こんばんは
私も、miyoさんのブログでそういうことを書かれていたのを読んでいたにもかかわらず、やっぱり体験してみたくて3Dで観たんですが。人のアドバイスはちゃんと聞いとくもんだな、と思った次第です(T_T)
はい、3Dじゃないのもちゃーんとありましたよ。
そちらをお勧めいたします。。。

2010年01月15日 22:17
moumou.h53さん、こんばんは
感じ方には個人差がありますから、ってこういう場合は言うべきかもしれませんが。でも、あれは誰が観たってまったくダメでしょう(笑)
そのうち技術が進歩したら、少しはマシになるんでしょうかね
2010年01月20日 09:43
私、遅れてるわ~。
従来の3D映画とデジタル3Dの違いも判らない~。
出も、かなり立体的だとはいわれてますよね~。
3Dメガネがある事も知らなかったわ~。

未だ、映画全部が3Dというわけでは、ないんでしょう~?
愚問かもしれないけど・・・・
数年、DVDしか見てないもので・・・・

2010年01月20日 16:14
夕顔とひまわりさん、こんにちは
まだ、映画全部が3Dというわけではありませんね。でも、これから技術がもっと進歩したら、そういう方向へ流れていくんでしょうけど。
3Dって、飛び出してくる感じとか立体的とか言われてますが、私の印象としては、奥行きが感じられましたね。最初はおお~って思ったけど、観てるうちにそれが普通になって、特にすごいとかは思いませんでしたけど。。。
3D眼鏡も、出始めよりは改善されたらしいけど、やっぱりゴツくて重いですよね
もっともっと、改善の余地があるなあと感じましたね
2010年01月20日 18:26
ね(笑)やっぱり普通の方が色綺麗ですよねぇ。メガネは少し暗くなるし。映画だと字幕も観るから余計に疲れちゃうのかもしれないですよね。平気だった人は臨場感があって面白かったとか言ってますが、大半の人はやっぱり3Dは疲れると言ってますね。慣れてないからってのもありますが、どうもアトラクションな感じがしてしまう(^^;)
2010年01月20日 21:36
miyoさん、こんばんは
3Dだあ、って、期待が大きかったせいかなあ、思ったほどの臨場感でもなかったような(笑)
ほんと、miyoさんの忠告を聞いてればよかったです
とはいえ、やっぱり一度は自分で体験しときたかったし。。。でも3Dはもう、今後かなり進歩してからにしたいと思います。
きれいな色で観られなかったことがとても残念ですね(T_T)
2010年01月21日 09:18
私の場合酔っぱらったので メガネを
外して見たら 物が全部2重に見えちゃって
結局メガネをかけたまんま観終わりました。
映像は凄かったけど ぶっちゃけストーリーとか
ちょっと期待外れだったかなあ。
2010年01月21日 12:17
みいなさん、こんにちは
そう、眼鏡をはずすと二重に見えちゃいましたよね。それで私も仕方なくかけたまま見終えたんですけど(~_~;)
みいなさんも期待はずれ?私も後半、戦いの前に部族みんなで祈るところとかちょっと冗漫というか、間延びしてるな、なんて感じたりもしました。上映時間も長かったですしね(^^ゞ

この記事へのトラックバック

  • 映画を観るなら アバター(2009)

    Excerpt: これまたストーリーが完全にインデペンデンスデイトルーク・マクトのくだりはちょっと人間に都合良過ぎる気もしないでもないけど、最後のみんなでイェーイ!は観ててスカッとするな~。上映時間長いのにダレることが.. Weblog: 映画を観るなら racked: 2010-12-28 23:15