週末おもしろ映画、3連発!



週末、テレビのロードショーは「ハンニバル」「スターウォーズ・エピソード1・
ファントム・メナス」「300(スリーハンドレッド)」
と、充実した内容でしたね


まず、金曜日の「ハンニバル」ですが。


画像



有名な作品だし、もう何度も観ているので今さら何も言うことはないのですが(笑)

いやあ、アンソニー・ホプキンスのレクター博士、あいかわらず怖かったですね。

しのびこんだ家で飼われていた犬が、レクター博士を見て後ずさりしつつ尻尾
を足の間に巻き込んで怖がっていたのが、彼の怪物ぶりをよく表していたと
思います(~_~;)


それにしても、何度も思うのだけど、クラリス役はやっぱりジョディ・フォスター
にやってほしかったなあ。

ジュリアン・ムーアは知的で冷静なクラリスをよく演じてはいるけれど、
もひとつ華がないような気がするんですよねえ

あのすぐれた審美眼を持つレクター博士があれだけ入れ込む相手としては、
ちょっと説得力がないような。。。


でも、あのラストシーンは何回観ても見ごたえがありますよね。

レクター博士の隙を突いて、すばやく彼の手と自分の手を手錠でつなぐクラリ
スの機転と、いくら脅されても頑として鍵を渡さない度胸。

そしていつも落ち着いているレクター博士が、思いがけない事の展開に珍しく
焦って大声を出す様子や、それでもクラリスがひるまないと見てとるや、ナタ
を振り上げながら、
「痛いぞ、クラリス!」
と言うところ。

何度観ても手に汗握りますよね。

小説のラストとはまるきり違うし、小説のほうも衝撃のラストではあるのだ
けれども。

私としては、映画のラストのほうが好きですね。

クラリス・スターリングはこうでなきゃ、という感じ


この作品を観ていつも思うことなんですが、クラリスはここまでレクター博士と
深い繋がりができちゃったらもう、結婚とか子どもを持つとかはとうてい考えら
れないでしょうね。

家庭を持ったりなんぞしようものなら、あのレクター博士が彼なりの愛情と
執着で、どんなことをしてくるかわかったものじゃないし(~_~;)

いやあ、恐ろしいことですね(^^ゞ




お次は、土曜日の」「スターウォーズ・エピソード1・ファントム・メナス」ですが。


画像



出てますね、ユアン・マクレガー(*^_^*)

彼のオビ・ワンはいつ見ても最高ですが、私としては、このあとの作品で、
もう少し年齢を重ねたオビ・ワンのほうが好きですね(笑)

それに、ナタリー・ポートマン演じるアミダラ女王の美しいこと

いちばん初めに「スター・ウォーズ」を観たときには、レーア姫のことをなんて
かわいらしいお姫様なんだろう、と思ったものでしたが。

こうして母と娘を比べてみると、やっぱり娘のレーア姫は母親のアミダラ女王
の美しさと気高さにはかなわないよなあ、なんて思ったりもしました。


この作品は、アミダラ女王とアナキン・スカイウォーカーの出会いの物語でも
ありますね。

この出会いの悲しい結末を知る身としては、まだ幼さの残るふたりの無邪気
な会話などを見ていると、心が締め付けられるような気持ちになりますが。

そうはいっても、この出会いがなければルークもレーアも生まれてはこない
わけですもんね。


それにしても、幼いアナキンの賢さと愛くるしさ

後年、ダース・ベイダーになってしまうなどとはとうてい思えないほど。

この作品を観ると、いつも物悲しい気持ちになってしまいます。。。




さて、最後は「300(スリーハンドレッド)」


画像



紀元前480年、スパルタ王レオニダス(ジェラルド・バトラー)が、たった300人
の軍隊でペルシアの大軍隊に挑むというお話なのですが。

色彩が独特な感じで処理されていて、江口洋介主演の「GOEMON」を
ちょっと思い出しましたね。

半分神話の世界のような、紀元前のスパルタの雰囲気がよく出ていたと
思います。

王であるレオニダスも、小さいときから母親と離されて危険な訓練を受けて
一人前の戦士になっているのだけれど。

それを見ているうちに、中東などで子どもに小さいうちから非人道的な戦闘訓練
を施して洗脳し、テロリストにしていることなどを思い出して、イヤな気分になり
ました。

独特の雰囲気があって作品としては魅力的なのだけど、重いというかなんと
いうか。。。

私が戦争映画があまり好きでないせいもあるのでしょうけど、途中で観ている
のがつらくなり、チャンネルを替えてしまって、ラストだけチェックするという
ていたらく(笑)

なので、大したことは言えませんが(^^ゞ


みんな見事に腹筋が割れた凄い体をしているのですが、これは実際に鍛えら
れたもので、CGなどはいっさい使っていないとのこと。

途中、かぶとや槍や盾を放り出すシーンで、それらが地面に落ちるときの音で、
どれだけ重いものなのかが想像できましたが。

あんな重たい3点セットを持って戦うなんて、なまなかな体力ではできない
ことだと、しみじみ思いました。

それでいて、ただの筋肉バカではなく軍隊としてちゃんと統制がとれていて、
号令一下、みなが盾の下に入ったらまるで強固な皮膚に守られた恐竜のよう
になって、槍一本、通らないんですよね。

ほんと、凄いとしか言いようがないです。

・・・でも辟易して途中でチャンネルは替えましたけど(笑)



週末、毛色の違うこの3作品でけっこう楽しめましたね

いちばんじっくりと観たのはやっぱり「ハンニバル」かなあ。


戦争映画って、むかしコッポラ監督の「地獄の黙示録」をうっかり映画館で
観ちゃってからというもの、拒否反応が起きて観たくなくなっちゃったんです
よね(~_~;)

とはいえ、「300(スリーハンドレッド)」は現代の戦争映画とはまったく違う
ものではありますが。

でも、全編通して戦いのシーンが多かったんで、やっぱり拒否反応が起きて
しまいましたね。


アクション系は好きなのに、なんでなんだろなあ。。。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年05月10日 20:06
恐い映画は嫌いです なんで? 恐いから!はい
2010年05月10日 22:02
私も戦争ものとホラーはイマイチ…
スターウォーズは好きです。
ダースベーダーになっていくプロセス。
ものすごくわかる!胸が痛い~
2010年05月10日 23:09
seiziさん、こんばんは
怖い映画は好きです なんで? ワクワクするから!(笑)
seiziさんはワクワクしませんか?(^^ゞ
2010年05月10日 23:11
なおみんさん、こんばんは
ホラーも、サスペンス系とか幽霊ものならいいんだけど、スプラッタ系はダメですねえ(~_~;)
あんなかわいくて利口で素直な男の子がダースベイダーになっちゃうんですよね。観るたびに悲しくなります(T_T)
2010年05月10日 23:59
 ハンニバルは見逃しました。残念(^^ゞ。
 スターウォーズは、どの作品もいつ観ても面白いですね。
 スリーハンドレッドは、好みじゃないけど最後まで観ちゃいました。強いもの(戦士)以外は認めないスパルタという国の弱さが表れていたような気がします。弱い人間の存在を許す国が、長続きするんだと思います。
2010年05月11日 00:52
うぉほほ 映画三昧だね~ しかもタダだし♪
私はなんも観れんかったけど読書をいたしました^^
私は300みたかったんだけど~~ まぁ良いか…
ただチャン
2010年05月11日 13:50
こんにちは(^-^*)/
ハンニバル見てます以前。
羊達の沈黙を先に見てからでしたが(笑)
ジョディ・フォスターにして欲しかったのは賛成!!です。
他のは見てないですぅ(笑)
2010年05月11日 20:42
遊哉さん、こんばんは
ハンニバル、見逃しちゃったんですか~、それは残念(笑)
スターウォーズ、これとこのあとの作品は観ると悲しくなるので、観ないでおこうかな、なんて思ったりしてましたが(^^ゞ
スパルタ、たしかに強いものしか認めない感じでしたよね。年端もいかない子どもに拷問のような訓練をしていたし
でも王妃が強かったのはちょっと頼もしいなあと思ったりもしましたね(笑)
2010年05月11日 20:46
まるおおさん、こんばんは
テレビのロードショーはタダなのがいいよね~ CMがうるさいけど(^^ゞ
読書、何を読んだのかなあ??
300は、ちょっと中抜けしちゃったけど(笑)
私はあんまり好きな作品ではなかったなあ
2010年05月11日 20:50
ただチャンさん、こんばんは
羊たちの沈黙もおもしろい作品でしたよね。ジョディ・フォスターが光ってました
ジュリアン・ムーアよりは、やっぱ彼女にやってほしかったですよねえ。。。
スターウォーズはまったく観られたことはないのかなあ?ちょっとレトロな雰囲気があって、私は好きです。機会があれば、ご覧になってみて下さいね(*^_^*)
miyo
2010年05月12日 02:38
全くチェックしてなかったので300しか放送する事知らなかった(^_^;)これは劇場で観たのですが大好きです。血飛沫出てるのに地面には血溜まりが無いのが美しいと思います。主演のジェラルドが有名になった作品ですね。声量が凄いよ…。
レクターはもうホプキンス意外演じれない程インパクトありますよね。クラリスが代わってもレクターは代われないでしょう。といっても続編は無いでしょうしね。…あったりして。因みに私、スターウォーズは観た事ありません(°□°;)自慢(爆)
2010年05月12日 09:47
「ハンニバル」は気になりながら
昨日もツタヤで手に取りながらもパス
しました。なんか怖いです。
気持ち悪くなりませんか?

「スターウォーズ」は言うまでもなく
大好きです。また見たいなあ。
「300」は残酷でしたが迫力があって
独特の映像美でした。
あの筋肉に見とれました。ジェリーのはまり役!
2010年05月12日 19:25
miyoさん、こんばんは
300、映画館で観られたんですね
血しぶきも、色合いが独特の処理がされてたからどぎつくなかったし、そういえば血だまりもできてませんでしたね(笑)
主演のジェラルド・バトラー、弁護士になるはずだったとかって紹介されてましたよ。知性派みたいですね。
レクター博士、ほかの人が思い浮かびませんよね。でももう少しイケメンのレクター博士も見てみたいような・・・(笑)
スターウォーズ、機会があったらいちどご覧になってみてください。きっと気に入ると思います
2010年05月12日 19:30
みいなさん、こんばんは
「ハンニバル」は、たしかにツタヤで借りたりはしないかなあ。でもテレビでやってたら観ますね。んで、体調の悪いときは観れませんね(笑)
「スターウォーズ」は、アナキンがダースベイダーになってしまう部分は苦手かなあ。悲しくなっちゃうんですよね(^^ゞ
300は戦う場面が多いし、筋肉美がすごくて私はちょっと息苦しかったです。マッチョマンって苦手なんですよね(笑)

この記事へのトラックバック