ノラネコ日記



こないだ図書館に行ったとき、ふてぶてしい面構えのノラネコたちの絵が
ふと目について、吸い寄せられるようにして手に取った本がこれ

新藤兼人著  「ノラネコ日記」 -乙羽さんとドブ君たちー

新藤兼人監督が、家にやってくるノラネコたちとの触れ合いを、今は亡き
奥さまの乙羽信子さんとの思い出なども織り交ぜながらエッセイにしたもの。


独特の絵も、監督自身が描かれたものだとか。

いわゆるかわいいネコちゃんの絵ではなく、海千山千の、眼光鋭いノラの
雰囲気がとてもよく出ていると思います。


夫婦が住む赤坂のマンションの庭にやってくる数匹のノラネコに餌をやるよう
になってから、馴れてきてはいてもさすがにそこはノラネコで、乙羽さんが缶詰
の中身をエサ箱にあけるのにもたもたしていると、1匹のネコがさっと稲妻の
ごとく手を伸ばしてひっかいたことがあったそうな。

「まあ、失礼ね、毎日あげているのに」
と乙羽さんが叱ったのを見ていた監督は、それがノラ根性であり、自分が
それに共鳴するのは長年独立プロをやってきて、自由のきびしさを身を以て
体験しているからだ、と言ったところ。

「でもネコは映画なんか作っちゃいないんだから、ネコのほうが楽だわ」
と乙羽さんはきっぱりおっしゃったそうな(^^ゞ

それを聞いて監督はなるほど、と思い、ネコは映画は作らないが、しかし
すべての生きものには理想があるはずだ。ノラネコよ、おまえの理想はなんだ、
などと考えたり。

老境に入った夫婦の、落ち着いた仲の良さがよく伝わってきますよね(*^_^*)


乙羽さん亡きあと、いつもと変わらず餌をもらいにやってきたネコたちに、
「乙羽さんはもういないよ」
といっても、ニャーと鳴くだけ。

ふたりで”ドブ君”と名付けたネコも、乙羽さんの膝には乗っていたのに自分の
膝には乗ろうとしないのを見て、
「ドブ君、乙羽さんがいなくては、君はおもしろくないらしいけど、ぼくも
おもしろくはないよ」
と監督が話しかけたときも、ニャーと鳴いたそうな。

どんな言葉を並べるよりも、このエピソードが監督の悲しみを如実に語って
いるような気がしました。


私は、今まで犬は飼ったことがありますがネコは飼ったことがないし、あまつ
さえ、小学生のときにお祭りで買ってもらって大事に育てていた色つきひよこ
や文鳥を何度か捕られてしまったことがあり、ネコにはあまりいい思い出が
ないんですよね(~_~;)

でも、この家に越してきた当時、この界隈はノラネコが多くて、ちょっとすれ違い
ざまに、
「おはよう」「なにしてんの?」
などと声をかけてやると、何度目かには向こうの方から、ニャー、と声をかけて
くれるようにもなって、ちょっと嬉しかったです。

越してきて1ヶ月もたたないころ、何度か声をかけたネコたちのうちの1匹だと
思うのですが、早朝にドアを開けたところ、いきなり真っ白のネコが飛び込んで
きたことがありました。

狭い廊下を、私の脇をすりぬけて走って部屋に入ってきたのですが、その
ときに私の足を踏んづけたらしく、足の甲に爪の痕とおぼしき傷が残って
いましたね

まだ寝ていたこぶた2号の布団を踏んで、奥のカーテンのところで止まった
ので抱き上げてみたら、真っ白ふわふわの長い毛足のせいで大きく見えて
いるだけだと思っていたそのネコは、かなりずっしり重かったですね(~_~;)

「重っ。ノラのくせに何食べてんの?」
と言いつつ、玄関から外に出したら、それでも足をすりぬけて入ってこようと
したりして、てこずりましたが。

どうやってもダメだとわかったらしく、もうやってくることはありませんでしたね。

あとで見てみたら、こぶた2号のシーツに小さなネコの足跡がついていて、
なんだかかわいらしくてしばらくこぶた2号と見入ったりしておりました(笑)

足の甲に残った小さな傷も、こぶた2号が、
「ネコに足を踏まれたなんて話、聞いたことないわ」
などと言って後々まで笑ってたっけ(~_~;)


私のネコについての思い出といえばそのくらいのものですが。

ついこないだ、買いもの途中におもしろい光景に出くわしました。

ある家の玄関の前にノラネコが4匹、行儀よく座りこみ、
「ニャー、ニャー」
と鳴いていたのですが、その様子が普通にその家を訪れた客のようで、見て
いてとてもおもしろかったです。

しかも、あまり大きな声で騒いではいけない、というのをちゃんと認識している
ようで、遠慮がちに鳴いているところが妙に人間っぽくて笑えましたね。

立ち止まって笑っている私の方も気にしいしい、細い声で、
「あの~・・・すいません・・・奥さん・・・いらっしゃいませんか・・・?」
なんて言ってるようで、おもしろい光景でした(^o^)


ネコって、きっと深く付き合うととてもおもしろいのだろうなと最近は思いますが。

あれだけいた近所のノラネコも、最近はあまり見かけなくなりましたね。

あのネコちゃんたち、今はどうしているのかなあ。




ノラネコ日記―乙羽さんとドブ君たち
彌生書房
新藤 兼人

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ノラネコ日記―乙羽さんとドブ君たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル











ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 10

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年10月05日 21:52
猫を通じての新藤監督の思い出ですね。
猫は自分から人にかかわろうとしませんから、逆に人の方から近づこうとするのかもしれませんね。
最近は猫はあまり見かけなくなりました。猫は思い出づくりにはもう必要ないのかな?
nao♪
2010年10月05日 22:16
こんばんは~♪
のら猫ちゃんに ご飯をあげると 離れなくなるって…確かにそうよね~☆
わたしの友達も のらちゃんに ご飯あげて…離れなくなったのね☆
3ひきくらい集まってしまって…ずっと離れなくなって ご近所から苦情が出てしまったの…★
排泄…臭いがひどくて 処分してくれって言われて…大変だったみたいよ★
今は 鳩ちゃんに パンクズあげて 離れなくなってるわ~(・・;)
猫ちゃん達には 何の罪もないのにね…★のら猫になるのは 人間のせいでしょーよー★
最後まで責任持って飼ってほしいものですよね~☆
( 」´0`)」~☆

2010年10月05日 23:22
moumou.h53さん、こんばんは
最近、めっきりこのへんでもノラネコを見なくなりましたね。
うちの近くの鮨屋でも、夜半店じまいしてからノラネコに餌をやっているようでしたが、最近はやめているようです。近隣から苦情が出たのかもしれませんね。
まったくノラネコを見かけない街というのも、勝手かもしれませんが寂しい感じがします。
2010年10月05日 23:29
nao♪さん、こんばんは
ネコ嫌いの人もいますもんね。仕方ないのかもしれないけど・・・ちょっと寂しい気がしますよね(~_~;)
私もこぶたたちが小さい頃に一緒に河原でよく鳩にパンをやっていましたが。
最近は、それもダメみたいで、やってると注意されるんだそうですよ、この辺は
近くのマンションとかのベランダに糞被害が増えているし、衛生面でも鳩が増えるとよくないから、だそうです。理屈はわかるんだけど・・・やっぱり寂しいなあ(~_~;)
ほんと、ノラネコにしてるのは人間ですもんね。人間ってまったくもって自然界では諸悪の根源かもしれないなあ
2010年10月06日 04:56
子供の頃、大人のノラが住みついたことがあって、魚を買ってきたら、買い物カゴに飛び込んで、魚を盗られたとき、ビックリした覚えがあります。
ノラは命がけで生きているんですね。(^^♪
ただチャン
2010年10月06日 05:48
おはようございます。
blogを始めて野良猫を追い掛ける様になりました。
オッドママにちびっこギャングをずっと見てると、キーブーさんの言ってる事って良く分かるですよ。
(^_^)
2010年10月06日 19:24
 猫は飼ったことがありませんが、犬とはまた違った面白さがあるんでしょうね。
 もう20年くらい前、長女がハムスターのケージを掃除している間に、野良猫にハムスターを咥えられて持っていかれちゃったことがあります。猫にはあまりいい思い出がないんですよね(~_~;)。とはいえ、一度は飼ってみたと思っていますが、無理かな(^^ゞ。
 野良猫が棲みにくい街は、人間にも住みにくいと思っているんだけど、どうでしょう(~_~)。
2010年10月06日 21:54
ねこのひげさん、こんばんは
子どもの頃って、ノラネコは町に溢れてましたよね。
ちょっと気を許すと窓から入ってきたり。
私もかわいがっていた小鳥たちを何回かネコにやられて、泣かされました(~_~;)
そう、ノラっていつでも真剣勝負って感じで、家猫とは気迫が違いますよね。
2010年10月06日 21:57
ただチャンさん、こんばんは
ただチャンさんのブログも、よくノラちゃんズが登場しますよね
オッドママ、ノラの気魄の上にさらに母の強さまで加わっている感じで、寄らば斬る!って感じですよね。まさに鉄火肌(笑)
2010年10月06日 22:02
遊哉さん、こんばんは
昔のノラネコって、ワルでしたよね。遊哉さんちはハムちゃんを持って行かれましたか~(~_~;)
「くるねこ」のブログなどを見ていると、ネコって散歩の手間もいらないし、忙しい人は犬よりも飼いやすそうですよね。わが家もこぶた2号が犬か猫を飼おうとずっとうるさいんですが、こぶた1号が動物嫌いなので反対してるんですよね
ノラネコも集団になるとたいへんでしょうけど、そこそこ見かけるくらいの街の方が私も好きですね。歩いてても楽しいし♪
2010年10月07日 15:02
良い夫婦だったんだなぁ…としみじみ思う本ですね。
私みたいな過剰スキンシップな人間は犬の方が合ってるのかも(笑)だけど過剰な愛情で育てられてるから誰が見ても猫は嫌がるだろうというスキンシップもウチの子らにとっては日常だし全く平気なんですけどね(爆)前の家はウチにも10匹以上来たけど周りにも猫が多くてその一帯そこいら中に猫がいましたよ。猫を見ない時は無いってぐらい猫だらけ(笑)
2010年10月07日 18:43
監督は普段でも自然に妻のことを「乙羽さん」と呼んでいて、それがなんだか対等でありながらも優しさを感じさせるというか、ほんわかしました(*^_^*)
ネコって、犬とは違うおもしろさがありますよね。犬みたいにまっすぐに飼い主を慕って来るというのとは少し違って、もう少し屈折していて、でも甘えん坊だし(^^ゞ
犬にしてもネコにしても、一緒に暮らし始めたらただの動物ではなく、家族ですもんね。家族が増えると楽しいだろうなあ。憧れるんだけど、なかなか踏み切れませんねえ(笑)
りぃー子
2010年10月11日 12:10
naoさん(はじめまして!)のお話のように、今ではエサをやると苦情がきてしまうので、できなくなりましたね。
家ネコさえ、こんな田舎でも外で飼うと「庭にお宅のネコが糞をした」とか、(オスネコの時は「お宅のネコがうちの猫に怪我をさせた」(オス同士お互い様なんですが)など、苦情が来るので今は家内飼いで外にそんなにまで出たがらないメス猫を飼ってます。

そのふわふわの白猫ちゃんは、キーブーさんと一緒に暮したいなって思ったのでしょうね!
うちの猫は、良く人の足を踏んでます^^
親近感を感じてしまいました。
2010年10月11日 17:30
りぃー子さん、こんばんは
最近じゃ、餌やりで裁判沙汰にまでなってますもんね。たしかに猫嫌いな人にとっては迷惑以外の何物でもないんでしょうけどね(~_~;)
早朝、まだ頭が寝ぼけているときにいきなり走りこんできたので、びっくりしてしまったんですが(^^ゞ
そういえばあの猫もあのとき以来見かけなくなりましたね。
自然界では他のイキモノの足を踏むなどということはありえないですよね(笑)こぶた2号が「珍しいわ、猫に足を踏まれた人ってのも」と言っていつまでも笑ってましたけど

この記事へのトラックバック