「北の動物園」




図書館でまたまたおもしろそうな本を見つけました

倉本聰 著  「北の動物園」


倉本聰といえば有名な脚本家で、「北の国から」「前略おふくろ様」などの作者
としてよく知られていますよね。

その人の書いたエッセイということで、興味をひかれたので、読んでみました。



内容としては、身の回りの俳優さんたちのことや自身の結婚にまつわる話など、
いろいろとおもしろい話がたくさんありましたが。

なかには驚くような話もありました。

そのひとつが「ルーツ」と題した、自身のご先祖の話。


母方の実家は昔から京都にあって医者を開業していたのだそうですが、母方
の両親を含む先祖の墓と言うのがどこにも存在していなくて、母親の生前に
訊いてみたのだけれどはっきりした返事がなくて、どうもそのあたりにルーツに
関する秘事があるのではないかという漠とした疑念を持っていたのだそう
ですが。

ある日、急に従兄から電話がかかってきて、長年の疑問がとけたのだそうな。


それによると、先祖は佐渡の御典医で、明治の初めに病院を建てたときに、
その祝いに盛大な花火を上げたところ、その花火の火が村の神社のわらぶき
屋根の上に落ち、そこから出火して村を丸々焼いてしまったのだとか

神社を焼くと7代祟るといわれているそうで、いたたまれなくなった先祖は佐渡
を逐電し、京都に逃げてしまったのだそう

佐渡には先祖代々の墓が残されたまま百年のあいだ誰も面倒を見る者も
おらず、寺ではそろそろ壊して無縁仏にしようかと思っていた矢先だった
のだとか。


やっと事情を突きとめて寺に電話した従兄に、住職はカンカンに怒って、
「すぐ来い!なんとかしろ!焼かれた神社の檀家たちは今でも怒っているぞ!」
と怒鳴ったとか(~_~;)

とるものもとりあえず、倉本氏は佐渡へ飛んだのだそうですが。

そこで遠縁に当たるという有名な郷土史家を紹介され、彼の出してきた古文書
を見せてもらったところ、ちゃんと先祖の不祥事が載っていたのだとか(笑)


読んでて、びっくりしました。

因縁話というか、ホント、小説のようなことが実際にあるもんなんですね(~_~;)



あと、実話の会談もふたつ、「怪談その壱」「怪談その弐」として紹介されて
いました

「怪談その壱」は、自身の伯母にまつわる話で、これはもう、ほんとうにゾッと
しました


夜中に真っ暗な寝室で、枕元のスタンドの灯りだけつけて読んでいたのですが、
ゾクゾクしながら読み終わって、次のタイトルがさらに「怪談その弐」であるのを
見たとたん、急に怖さが増して、その夜はもう読むのをやめたくらい(^^ゞ

内容をここに書きたいのですが、これから読む方の楽しみが減ってしまうので
やめておきます(^^ゞ


ヒットドラマを次々と手掛けた人らしく、とてもおもしろくて読む人を惹きつける
エッセイでした♪





さて。

最後にひとつだけ。


うちのサルビアは、私に茎を折られたり、酷暑に炙られていちどは枯れて
しまったり、今年は散々な目に遭ったのですが

あきらめずに水をやっていて、秋口に恢復して新芽がでてきたところを以前に
紹介しましたが。

その受難のサルビアが、ついにきれいに開花しました!


画像



いやあ、わが家にくる草花はホント、鍛えられるなあ(爆)

これも、秋の間にポットからきちんとした鉢に植え替えをしてやろうと思っていた
のに、いまだにビニールのポットのまま


・・・来春、ちゃんと植え替えてあげるから、それまで頑張るんだよ(^^♪







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 13

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2010年12月07日 22:02
こんばんは^^
私・・「北の国から」の大ファンで^^;
主人の実家(函館)に帰省する途中で、富良野に行って、ロケ村ですか?見てきました^^v
「北の動物園」ですね・・探してみよっと
キーブー
2010年12月07日 23:51
ぶひさん、こんばんは
御主人は北海道の方なんですね。ロケ村を見てこられましたか、いいなあ(*^_^*)
北海道って1度しか行ったことないんですけど、広々してた印象があります
図書館の棚で偶然見つけた本なんですが、おもしろかったですよ。お勧めです♪
2010年12月08日 09:24
「北の国から」で、純の不注意で家が燃えてしまう
エピソードがなかったですか?
これって、この話がベースになったのでしょうか?
ものすごい悲劇ですね。
この寒さにもけなげに咲くサルビア。
私もメゲていてはダメですね。みならわなきゃ。
2010年12月08日 10:27
冬にサルビアって珍しいですね。
キーブーさんのところの植木は
根性があるんですよ、きっと。

この本も早速リクエストしなくては。
キーブーさんのご案内、ほんと助かってます。
2010年12月08日 12:00
 倉本さんの文章は、さすが脚本家だけに巧いです。 面白そうな本だし、タイトルも聞いたことがあるなと思って購入本のリストを調べたら手に入れてましたが、どこに隠れたか見つかりません。見つかったら、読んでみます(~_~)。
 お宅の植物たちは、過保護にならずにみんな逞しくなりますね(^^ゞ。
nao♪
2010年12月08日 12:56
こんにちは~♪
へぇ~~~☆そうなんだ~☆ご先祖様は大切にしなきゃだめですよね☆
『北の国から』は よく観ていましたよ☆麓郷のロケ地には何度か
行きました☆火事で燃えたことになっていた 丸太小屋の中にも入って
来ましたよ~☆懐かしいわ~☆(^-^)b
サルビアの花 見事に咲きましたね~☆確か花を咲かすのは難しいんじゃ
なかったでしたっけ…?来年は 鉢植えにね~(o^-^o)~☆

りぃー子
2010年12月08日 19:42
サルビア、綺麗ですね!元気が出ました^^

面白そうで読んでみたい!!
って思ったけど、ものすごい怖がりなので、今日の日記も怖そうなところだけ飛ばして読んじゃいました・・・これじゃあムリね。

でも、祖先のナゾって興味津々ですよね。
2010年12月08日 20:01
こんばんは
ワチャ~・・出遅れたぁ~m(_ _)m

倉本さんの作品は大好きですから読んでみたいですが
怖いのだめです^^;
怖いの辛いの絶対ダメですから読みません・・よ

サルビア復活して良かったですね
綺麗に咲いてます^^V
キーブー
2010年12月08日 22:21
なおみんさん、こんばんは
「北の国から」は、私はほとんど観てないんですよね(^^ゞ
観たらきっとおもしろいんだろうなと思いつつ、2~3回トライしたのですが・・・たまたま盛り上がりの少ない回にぶつかったものか、次に繋がりませんでした
このサルビア、暑さ寒さにめげないうえに、虐待(わざとじゃないんですが)にもめげない、けなげなコです(*^_^*)
キーブー
2010年12月08日 22:26
みいなさん、こんばんは
冬にサルビアって、珍しいんですか
そもそもサルビアっていつ咲くんだっけ?なんて考えたり(^^ゞ
根性、ありますよね。っていうか、わが家に来たら根性がつくんでしょうね、きっと(笑)

みいなさんとは、おもしろいと思うものの方向性が重なる部分が多いですよね?お役にたてたのなら、とても嬉しいです(*^_^*)
キーブー
2010年12月08日 22:31
遊哉さん、こんばんは
購入本のリストを作っておられるのですね。それ、私もやろうかと思ったりしたこともあるのですが、めんどくさくてそのまんまになってます(^^ゞ
うちの植物は、過保護な扱いを受けることはまずないですね。それどころか育児放棄、もしくは虐待まがいの扱いを受けることもたびたびですが、わりと皆さん頑張って適応しておられます。
ベランダに出て皆さんのお顔を見るたびに、えらいな~って感心しております
キーブー
2010年12月08日 22:38
nao♪さん、こんばんは
『北の国から』、nao♪さんもファンなんですね(*^_^*)
放映時はすごい人気でしたもんね。ロケ地にも行かれましたか。みなさんけっこう行かれてるんですね。

サルビア、咲かすのはむつかしいんですか?
うちのは、私が誤って茎を折る前は、ほっといたらいつも咲いてたような・・・(笑)
植物はスパルタ方式でいくと、丈夫になるのかなあ
そう、来年こそは鉢上げしてやらないとかわいそうですよね。うちの貴婦人ことスパティフィラムも株が大きくなりすぎたので、来年は株分けですね♪

キーブー
2010年12月08日 22:45
りぃー子さん、こんばんは
サルビア、いろんな人を元気づけてますね
来年はちゃんと鉢上げして、さらにたくさん花をつけられるようにしてやりたいです(*^_^*)
怪談はふたつだけだし、ここを乗り切れば大丈夫なのでは?(笑)
でも「怪談その壱」の、倉本氏の伯母さんの話、怖いうえにかなり壮絶ですけど(~_~;)
先祖の不始末が古文書に記載されてるって、笑っていいんだか何だか(笑)
自分の知らないことだし、困っちゃいますよねえ^^;
キーブー
2010年12月08日 22:50
ただチャンさん、こんばんは
はい、もうかなり皆さんの足跡が・・・(笑)
でも、お仕事に介護に、八面六臂の活躍をされているただチャンさん。お忙しいのに来て下さるだけでとても嬉しいです(*^_^*)

怖い話はふたつだけですから、大丈夫ですよ。でもそれがかーなり怖いですが(^^ゞ
辛いのは、私もダメですね。あれは過ぎると胃や腸にくるし、痔になりますしね(笑)

うちのサルビアは、まるで不死鳥ですね。ビニールポットの少しの土でここまで生き返るんだもんなあ。すごいです
2010年12月09日 08:41
ちょっと~~~~ サルビアすごいね!
なんか 縁起よくない?
お花 押し花にしときなよぉ~~♪
キーブー
2010年12月09日 19:34
まるおおさん、こんばんは
すごいでしょ?(*^_^*)
縁起いいよねえ、やっぱ
押し花かあ。水前寺清子が趣味でやってるよね私も一時やろうと思ったことはあるんだけど、手間がかかるんだよね、けっこう(^^ゞ
でも、図書館でやり方が書かれた本を見かけたんで、次に行ったときにもういちど見てみようかな(*^_^*)

この記事へのトラックバック