朝鮮王朝はおもしろい!




昨今、どのテレビ局でも韓流ドラマが放映されていますね

私も、けっこう好きで観てはおりますが、現代ドラマには興味はなくて、
歴史ものを主に見ています。


「王妃チャン・ノクス」「女人天下」「王と私」「王女の男」など、ほかにも
いろんなドラマがありますが。

そのなかでも私が一番と言っていいくらい好きだったのが「千秋太后」。

以前の記事でも、登場人物の勇将、カン将軍のことを書いたりしましたが。

不思議だったのは、この「千秋太后」のころの風俗と、その他のドラマのそれが
かなり違っていたこと。


「千秋太后」のときは、髪の結い方もそれぞれ個性的で優雅で、衣装もチョゴリ
じゃなくてもっとふんわりしたものだし、王宮もどちらかというと洋風な感じで、
椅子とテーブルだったんですよね。

しかるに、そのほかの「女人天下」の頃になると、あのぶっとい三つ編みを
頭のまわりにぐるりと巻きつけ、原色のチョゴリを着て、王も后も座卓の前で
あぐら座りをしたり、立て膝をしたり。


そのへん、時代の流れが私のなかではよくわからなかったのですが、この本を
読んでなるほどと腑に落ちました


カン ヒポン著  「知れば知るほど面白い 朝鮮王宮 王妃たちの運命」


要するに、高麗王朝が滅んだ後に興ったのが朝鮮王朝で、私の好きな「千秋
太后」は、高麗王朝よりもさらに前のお話だったのですね(^^ゞ

そして、「王妃チャン・ノクス」」「女人天下」「王と私」「王女の男」は、その
はるか後、朝鮮王朝の時代。


ふうむ。

少し、頭のなかが整理されました(笑)


ちなみにこの本、実はこぶた1号の本。

マンガも含めて、およそ読書の習慣のないこぶた1号ですが。

このヒトもまた「チャングム」にハマっていて、DVDを全巻揃えているほど(^^ゞ

なので、朝鮮王朝に興味が湧いてきて、この本を買ったらしいです。

とはいえ、きっと数ページ読んだだけで挫折しているに違いないと私はふんで
おりますけどね



まあ、それはともかく。

「女人天下」もおもしろいドラマで、正室と側室の丁々発止のやり合いがすごく
て、見始めたら目が離せなくなり、このブログでも紹介したことがありましたが。

この正室は後添えで、前の正室は廃妃となって遠ざけられた、とのエピソード
がちらりと語られていた場面があり、どういうことなのか気になっていたんです
よね。

そのいきさつなども、この本で明らかにされていました。


だいたいが、正室というのは力を持たない貴族の娘が選ばれることが多かった
のだそう。

姻戚が力を持つとロクなことが無いというのがその理由なのですが。

側室はその力を持つ貴族の娘だったりするから、話がややこしくなるのですね


この「女人天下」のように、正室よりも側室の方が昔から王の傍に侍っていて、
早々に男子も生んでいたりするとなおさらのこと。

しかもこの正室は何度か出産をするものの、生まれてくるのはすべて女の子。

男子に恵まれるのは、なんと結婚後17年も経ってからのことだったんですよね。

そしてその頃には、前の正室の生んだ男子がとっくに東宮に立っているし、
側室の生んだ男子も育っているしで、なかなかに前途多難な状況。

それでもこの正室は気丈に振る舞い、側室たちの頭を押さえていたんですね。


あるときなど、宮中の女性の心得が書かれた本を側室に読むよう命じ、後日、
側室たちに本の内容を語ってみよと迫り、誰も答えられないと見るや、
「そなたたちは、殿下の枕元でお世辞を述べるしか能がないのか」
と、怒りもあらわに怒鳴りまくり、
「100回読んできなさい。出来の悪い畑には、クズしか育たない」
と言い放つのですね。

いやあ、すごい気迫。

側室といえども、みな有力な大臣たちの娘で、しかも自分には授からない男子
を生んでいるというのに。

その強気はいったいどこから来たものか(笑)

んで、強気はいいのだけれど、話の例えが、王妃とは思えぬ下世話さ
ですよね(爆)


片や、側室も負けてはおりません。

特に、王の第一王子を挙げている、リーダー格の側室。

彼女は、わざと正室の前で土下座して謝って見せるのですが。

さすがにここまで来ると、ことの顛末が王の耳に入り、「許してやれ」と言って
くるのですね。

そうなると、王の情けは叱られた側室に向いて、彼女は陰でほくそえむ、
といった調子。


いやはや、いやはや。

読んでておもしろくはありましたが、それにしてもよくやるなあというのが正直な
感想でしたね。

私がもしこの時代に生まれて、王の後宮にいたとしたら・・・

きっと、いろんな争いごとに巻き込まれぬように気をつけるでしょうね。

誰が東宮に立つかなどということは天の配剤だし、間違っても暗躍などは
しないでしょうけど。


でも、わかりませんよね。

いざその立ち場に立ったら、悪女として歴史に名が残るようなはかりごとを
めぐらすかもしれないし(爆)

・・・と、ここまで考えて。

やっぱりそれはないな、と思いました。

だって、考えるだにめんどくさそうだから(笑)



最後に。

歴史に残る悪女と言えば、チャン・ノクスの名が浮かびますが。

彼女の名前のノクスって、漢字表記をすると「緑水」なのだとか。

透明感のあるきれいな名前ですよね。
なのに、やったことといえば。。。


興味のある方は、ぜひご一読下さいませ。

私のように、たいした予備知識のないものでもわかるように、ドラマの例を引いた
りしつつ分かりやすく書かれていましたよ












ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 19

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2012年05月03日 23:57
韓流ドラマは、現在ドラマも歴史ドラマも見た事がない私です。
日本の歴史ドラマも、海外の人にしたら平安と江戸など見ると全然違うので不思議と思うのかもしれないわね。
miyo
2012年05月04日 16:48
携帯からコメント投稿なんだけど、何だかよく分からない所クリックしちゃったので「何だこれ?」と不信な貼付け等があったら犯人は私です(^_^;)削除出来たらしておいてくださいm(_ _)m
ドラマなんかで歴史に興味が沸くってあるよね。私はゲームで戦国と三国志に興味わいたけど。あ、昔はドラマで西遊記に興味持ったや(^_^)歴史って膨大だし興味ないと全く頭に入らないから、学業でドラマやゲームやらせると良いと常々思ってます。経験者の教え(笑)
私はどうだろな…自分が権力持つのはってなるけど子供の将来がかかるなら策略はするかな(^_^;)でも非情な事するとろくな死に方しなそうだし、子供にも様々な害が及ぶから非情冷酷はしない様にしないと。…真剣に色々と練ってしまった(爆)
キーブー
2012年05月04日 17:50
もうヘトヘトさん、こんにちは
ああ~、なるほど。
飛鳥時代のかわいらしい風俗を見たあとで、江戸時代のあの髪の結い方と男性のちょんまげを見たら、きっとその違いに驚きますよね。それと同じことだったんだ~、なるほどです(^^ゞ
キーブー
2012年05月04日 18:07
miyoさん、こんにちは
不審な貼り付け等は、まーったくなかったですよ。大丈夫
歴史は、ドラマやマンガから入るのもアリですよね。ってか、そこから入ることが多いだろうなあ。
うん、子どもの将来がかかるとなれば、話は別かもね(^^ゞ
できるだけ非情なことはしたくないけど・・・向こうが(誰のこと?笑)なりふりかまわず来るようなら、こっちもそれなりの覚悟をしないとね、などと、私も真剣に考えてしまいました。ああ恐ろしや(爆)
2012年05月05日 06:51
中国王朝ものはいかがでしょう?
きょう5月5日にツイ・ハーク監督の『王朝の陰謀』という映画が公開されます。
中国版のシャーロックホームズだそうですよ。
キーブー
2012年05月05日 18:05
ねこのひげさん、こんにちは
中国版のシャーロック・ホームズ!
そのキャッチコピーに、みごとにキャッチされた私です
いつも行く映画館のスケジュールをチェックしてみましたが・・・その作品はやってないみたいですね。テレビ放映を待つしかないか。。。
とりあえず次のレディースデーには、「タイタンの逆襲」を観に行こうと思ってます♪
2012年05月05日 19:03
東京でも新宿だけだそうです。
ツイ・ハーク監督作品なのに、なぜ?
テレビを待ちますか・・・・
30分後に、NHK総合で『ウォーリー』があります。
これも、なぜ?NHK?なぜ?
でありますね。
子供の日といってもねぇ?
キーブー
2012年05月05日 21:14
ねこのひげさん、こんばんは
再度のお越し、ありがとうございます
新宿だけですか・・・ホントなんででしょうねえ
NHKで『ウォーリー』、やってましたね。NHKも旧態依然としていてはダメということで、いろいろ模索しているのか(^^ゞ
私は『ウォーリー』は観ないで、裏の『めちゃイケ』のガリタ食堂とリトルダディを観て笑っておりました^^;
2012年05月05日 21:41
「チャングム」が好きです。「トンイ」も気になる作品ですが、何せあの最終回までの長さ…。
あまりTVでゆっくり観れないので「チャングム」をDVDで借りようとTSUTAYAへ行ったら…。
何本借りればいいんだよっ!状態で挫折し、小説で完結させました^_^;
(同じく「ファン・ジニ」も同じ結果に)
今、連続ものを観る気力ゼロなんです…(泣)

中国モノなら「ラストエンペラー」や「西太后』あたりが好きですね♪
ひまわり
2012年05月06日 00:58
韓流の現代ものは『オールイン』しか観てないですね。
ギャンブル用語なんですけどね。特にイ・ビョンホンが
好きな訳ではありませんが生き様に惹かれて。
歴史ものは不勉強で^^;スミマセン。
キーブー
2012年05月06日 18:02
のっぽさん、こんにちは
「チャングム」も「トンイ」も、この本のなかに出てきます。この時代の話ですよ、って感じで書かれていて、ドラマを観ていたらもっと楽しめたかもしれませんね
連続ものを観るには気力がいりますもんね(^^ゞ
私は、「テ・ジョヨン」の最終4話を、まだ見ずに録画したまま。もったいなくて見れないんですよね(笑)
ああ、ラストはどうなるんだろう・・・という期待を、ずっと持ち続けている私。これが片づいてしまったらきっと気が抜けちゃうんだろうなあ(笑)
キーブー
2012年05月06日 18:05
ひまわりさん、こんにちは
韓流の現代もの、私は「冬のソナタ」くらいかなあ。それもユーチューブで(笑)
歴史もの、ホントおもしろいですよ。ひまわりさんならきっとハマると思うんだけどなあ♪
ぜひご一緒に「テ・ジョヨン」「千秋太后」などを語り合いたいものです(*^_^*)
2012年05月06日 19:43
人間関係が複雑なお話はついていけません。大奥より黄門さまかな~(^^ゞ
キーブー
2012年05月06日 23:23
moumou.h53さん、こんばんは
人間関係は、さほど複雑でもないです。ほぼ正室対側室って感じだし
黄門さま、予定調和の世界ですよね。私も大好き。安心して見てられるところがいいですよね(*^_^*)
2012年05月09日 23:53
うわっ、ありがとうございます。
この本、本屋さんでちらと見て、おもしろそうだから図書館で借りようと思って、そのまま忘れてました。
早速、ネットで予約しときました。
キーブー
2012年05月10日 16:20
あずきねこさん、こんにちは
初心者にもわかるように、丁寧に解説されていました。お勧めの1冊です
日本や他の国の王朝もそうだけど、ドロドロしてますねえ(~_~;)
長い歴史の中に、恨みをのんで死んでいった王妃や側室たちの屍が累々と倒れているといった印象でした
2013年03月31日 13:33
去年の記事なんですね。それで今頃、なんですが・・・私も韓国ドラマは時代劇しか興味ないんです。 それにしても、「女人天下」観られたんですね~! あの長編を・・・根性ありますね! でも朝鮮王朝は面白いですよね♪ あと、古代も好きです(^o^) 「韓国時代劇カタログ」見て、物色しています。
キーブー
2013年03月31日 18:41
ぬえさん、こんにちは
過去記事を丹念に読んでいただけるなんて、とても嬉しいです(*^_^*)
実は「女人天下」は、全編見たわけではないんですよ^^;
たぶん・・・後ろ半分だけくらいじゃないかなあ(汗)
でも、見始めたらちゃんとラストまで追いかけて見てますよ(笑)
んで今は「王と妃」を第1話からちゃんと見てるとこ。これも後半からラストまで、以前見たことはあるのですが・・・いやあ、前半も面白いですね。あの意地悪でタフなばあちゃん大后がまだ若妻でありますよ(^O^)
彼女、こんなかわいらしいルックスのころからもうモンスターだったんですねえ(爆)

この記事へのトラックバック