「スピンク日記」




またまた1冊読み終わりました

町田康著 「スピンク日記」


この町田康という作家、私は名前を知っているだけで著作はまったく読んだ
ことがないのですが。

図書館で見かけたこの本、かわいいプードルの写真が表紙になっていて、
それが目についたので手に取ってみたところ。

耳の下の方をピンク色に染めた愛嬌のある顔つきのこのプードル、小さい
種類の、いわゆるトイプードルだとばかり思っていたのですが、さにあらず。
でっかいスタンダードプードルだったのですね(^O^)



このスダンダードプードルというやつ。
以前、近所で散歩しているのを見かけたことがあるのですが。
その大きさたるや、通行人がみな振り返るほど

大きいとは聞いていたけど、それにしてもちょっと驚くくらいでしたね。

体の毛は短く刈り上げ顔と手足だけがふっさふさで、飄々と踊るような
足つきで歩いておりました。

そばを通るときに好奇心の赴くままにじっと見続けていたところ、犬の方も
負けず劣らずの好奇心むき出しでこっちにぐいぐい近づいてきて、飼い主に
「コラッ!」
と叱られて引き綱をぐいっと引かれておりましたが(笑)

でっかい図体のわりに、かわいらしい感じのヤツでありました



さて。
話を元に戻しまして、この「スピンク日記」ですが(笑)

著者が飼っているスタンダードプードルのスピンクの視点で、犬が喋って
いる体にして日記が綴られております。


ご主人の町田康さんのことをポチと呼んで、弱冠見くびっている感じの
スピンクではありますが(笑)

日記のところどころに挟まれている彼の写真の、かわいくもおもしろいこと。

カメラをちろーんと見つめる目が、いかにもいたずらっ子のようだし、ご主人
のポチの肩に手を載せて馬乗りになっている写真など、まさに勝ち誇った
様子で、
「わははは!」
と大笑いしているかのよう(笑)

いやはやなんとも、表情豊かな犬なのですね(^O^)


おもしろいのは写真だけではなく、ある日の日記など、その冒頭部分から
思わず笑ってしまいました。


毎日、たのしく暮らしているうちに気が付いたら6月になっていて、ああ、
もう6月か。
去年の今頃は主人・ポチを噛んで遊んでいたなあ、今年も少しばかり噛むか。
なんて思っていたら入梅ということになり、雨の日が続いて外に遊びに
行けません。



写真を見ていたら、ホントこんなこと考えていそうだなあ、なんて思っちゃう
感じなんですよね

そんなふうに雨ばかり続いたある日、ふと気づくとなんと雨が上がって、
晴れ間が出ているではありませんか

すかさず、スピンクは行動を開始します。


私は立ち上がり、本を読んでいたポチに向かって、ワンワンワンワン、と
激しく吠えました。
もちろん、散歩に連れて行けと言ったのです。
暫くの間、ポチは しかと をしていましたが、耳元で言うと、
「わかったよ。耳痛いよ」
と言って立ち上がりました。

ヤッター、と私は喜びましたが、ポチの気が変わるといけませんから、ポチが
準備をしている間、ずっと吠えておりました。
キューティーも一緒に吠えました。

では、へっへっへっ、行ってまいります。ワワワ、ワン。




まったく、目に見えるようではありませんか(笑)

犬って、「さんぽ」と言っただけですごく興奮して吠えたてますが、準備をして
いるあいだじゅうずっと吠えてて、
「うるさいなあ、行くのはわかってるのにアホなヤツ」
と一度ならず思ったことがありましたが(笑)

なるほど。
行くのはわかっているけど、飼い主の気が変わらないように吠えていたわけ
ですね(^O^)


ちなみに、キューティーというのは、スピンクの兄弟犬で、劣悪な環境下に
置かれていたところを、著者に救い出された犬なのですが。

スピンクと同じ日に同じ腹から生まれたというのに、キューティーは引き取られ
た当時はスピンクより格段に体が小さく、顔ばかり大きくて手足も異常に細い
うえに、座ったきりの姿勢をとらされていたために歩くことさえままならないほど
に衰弱しきっていたのですね。

劣悪な環境が及ぼした影響は体の発育だけではなく、精神面にも及んで
いて、彼はなかなか情緒が安定せず、絶えずビクついていたのだとか。

そのときの、やせ細って怯えた目をした写真が一枚だけありますが、その後の
写真はどれもスピンクと同じような体躯になって、生き生きとした目つきに
変わっておりました。

キューティー、命拾いをしたのですね



ほかにも、おもしろエピソードが満載のこの本。

犬好きな方なら、とても楽しめると思います。


著者は猫もたくさん飼っておられるのだそうで、猫に関するエッセイもあるよう
なので、それを探して、ぜひ読んでみようと思ってます(*^_^*)


スピンク日記
講談社
町田 康

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by スピンク日記 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 24

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2012年06月25日 16:03
>スタンダードプードルのスピンクの視点で
中々、面白い発想ですね
私も、いろいろなものを見たら逆の視点で考えてみょうかな
キーブー
2012年06月25日 16:44
もうヘトヘトさん、こんにちは
早速のコメント、ありがとうございます(*^_^*)
そうですね。逆の視点からというのもおもしろいかも♪
たとえば、ミミズを捕まえたスズメが「せっかくごちそうを見つけたのに、女のヒトが横取りしようと近づいて来た!」とか(笑)
あと、うちのはむたんの独り言というのも載せてみようかな(^O^)
2012年06月25日 19:37
『はむたんの独り言』
おもしろいとおもいます。ぜひ、試してみてください。

町田さんの作品は何作か読んだことがあります。
『くっすん大黒』とか『パンク侍』とか・・・
かなり変わった作風で、好嫌別れる作家でしょう。
もともとロッカーですが・・・いまは作家としてのほうが売れているようです。
2012年06月25日 19:41
飼い主がご主人様。
でも、言われてみれば、犬の方がずっとご主人っぽい態度だな、と思うところもありますよね~。
散歩されてるのはどっちやねん!っていうのもあるし。
見方を変えたら面白い。
はむたんの独り言、ぜひ♪
2012年06月25日 20:22
町蔵さんの猫の本 今並んでるよ~~

スタンダードプードルって結構目に慣れない大きさよね~~(^^; トイプーに馴染んじゃったしなぁ~~
でも大きい犬の方が私は好きよ^^
ひまわり
2012年06月26日 10:47
そういえば「犬のきもち」なんて本も
ありましたね。どんな気持ちなんですかね。
トイプードルってレトリバー以上に大きくて
あのカットなんですよね。見た時はびっくり
でした(^_^; 群さんちの猫ちゃんのエッセイ
を読了したとこですが猫の気持ちを理解する
のは難しそうだという感想です。
近くにペットショップがあっていまは
マンチカンのチビちゃんに夢中ですー。

2012年06月26日 12:50
今、リハビリと少しの運動ということで
まさに犬に散歩に付き合ってもらってるような状態です!(笑)
ケガの功名探し中
本を読む時間も沢山あるので、ぜひ手に取ってみましょう。
キーブー
2012年06月26日 17:08
ねこのひげさん、こんにちは
はむたんの独り言、おもしろいかなあ(^^ゞ
気が向いたら、やってみますね(笑)
町田さんの作品、一度トライしてみようと思って本屋さんでどれかを手に取ってみたのですが。
パラパラやって目に入ってきたストーリーがもう過激というか救いがないというか・・・ギョッとして慌てて平台に戻しました(笑)
以前、柳美里さんのエッセイの中にご夫婦で登場されていたのを見たこともあります。頼られていたようで、大変だなと思った記憶が。。。
キーブー
2012年06月26日 17:14
なおみんさん、こんにちは
ご主人様だと思っているのは飼い主だけで、犬にしてみたら単なる遊び仲間だったりして。妙に気前が良くて食べ物をくれるいいヤツとか(笑)
散歩のときにぐいぐいリードを引っ張って、行きたくない方向へはテコでも動かない犬もよく見かけますよね。ひどいのになると道の真ん中で寝ころんじゃったり。あれはおもしろい光景だなあ(笑)
はむたんの独り言、今度トライしてみますね。ってか あのヒト、寝てるか食べてるかだから、「ひまわりひまわり」「ZZZ。。。」しか語彙がないかも(爆)
キーブー
2012年06月26日 17:18
まるおおさん、こんにちは
あら!猫の本、まるおおさんちの本棚にあるんだ~♪
さすがまるおおさん
そう、トイプーを見慣れた目には、ほとんど冗談としか思えない大きさだよね(笑)
うん。私も愛玩犬より大型犬のほうが好き。ハイジに出てくる犬とかね。大きくてのんびりしてるヤツ。
・・・ああ、犬が飼いたいなあ
まるおおさんちにはチビちゃんがいるもんね。いいなあ(*^_^*)
キーブー
2012年06月26日 17:24
ひまわりさん、こんにちは
「犬のきもち」、ありますねえ。あと、「バウリンガル」なんていう犬語の翻訳機なんかもありましたよね
そう。スタンダードプードルはちょっと笑っちゃうくらいの大きさですよね。そのくせ性格は小型犬のような愛らしさ(笑)
群さんちの猫はたしか「しいちゃん」でしたよね。野良上がりの神経質な猫で。友達の猫の「ビー」も、かわいいおじさん猫でしたよね(*^_^*)
マンチカン、目がまんまるでかわいいですよね♪
ああ・・・犬も猫も鳥も亀も飼いたいなあ
キーブー
2012年06月26日 17:28
ひばり組らん太郎。さん、こんにちは
ひばり組らん太郎さんは、まさしくらんちゃんにお散歩に連れて行ってもらってるんですね(笑)
こないだ、奥さまとお散歩に出たときは「ああ、久しぶりに気持ちよく走ったぜ」なんて思ってたりして(笑)
この本、ホントおもしろくてほのぼのしました。
お時間のあるうちに、ぜひお読みになってみてくださいませ(*^_^*)
miyo
2012年06月26日 17:31
スパンクってキャラいたよね。あれって犬だっけ?と思いながら読みました(笑)一般的によく見るのはトイの方だから、スタンダードと名がついててもスタンダードじゃないだろってツッコミしたくなるよね(爆)犬は散歩の時に喜んで吠えたりするとよく聞きますが、ウチのケイタは吠えなかったなぁ。尻尾振って待ってましたよ。 プードルって抜け毛が無いから良いんですよね。カットが大変だけど、抜け毛とカットどちらが大変かと言われたら私は迷わずカットが楽!と力説するわ(^_^;)スタンダードだとカットも大変だろうけど。
キーブー
2012年06月27日 18:49
miyoさん、こんにちは
そうそう♪私も、スパンクってのはいたけど、ハテあれは犬だったっけ??な~んて思ってたんだよね(^O^)
ホントホント。トイの方がスタンダードタイプって気がするよね。でっかいのはジャイアントプードルでいいかと(笑)
ケイタくん、落ち着いた犬だったんですね。うちで飼ってた柴は、散歩というとすごい興奮してたよ。もう大変^^;
プードルってあんなに毛むくじゃらなのに、抜けないんだ~?!初めて知ったなあ
柴は季節ごとにすごい抜け毛でそれも大変だったし^^;
プードルもいいなあ。でももし私が飼ったら、カット代を浮かすために自分でカットしちゃうだろうなあ。んですっごくマヌケなプードルになってしまいそう(笑)

この記事へのトラックバック