平安時代は雅でいいですね(*^_^*)




NHKの大河も、また新しく始まりましたね

去年の『平清盛』、とっても面白かったんだけど・・・結局、視聴率は低迷した
ままで、残念でありました(~_~;)


そんな大河に、そろそろとりあげられてもいいなあと私が思っているのが、
藤原道長

この世をば わが世とぞ思ふ 望月の 欠けたることも なしと思へば

という歌で有名な、平安時代の貴族でありますね。

その藤原道長の、側室にスポットをあてて描かれているのがこの作品です。

鳥越 碧 著  『萌がさね 藤原道長室 明子(めいし) 相聞』



彼の妻といえば、源雅信の娘の倫子(りんし)が有名ですね。

以前、永井路子さんという作家が書かれた『この世をば』という作品では、
道長と倫子が手に手を取って出世街道を駆けのぼっていく様子が描かれて
いて、とても好ましく読んだのですが。


ただ、道長もこの時代の貴公子の例に洩れず、妻は一人だけでは
ありません。

いわゆる“通い所”はたくさんあったでしょうが、倫子と並び称されるほどに
大切にされ、子どもも倫子と同じ数の6人を生んだのが、源高明の娘、
明子(めいし)。


倫子と明子の父はどちらも天皇家の皇子であり、のちに源の名を賜って、
臣籍に下った賜姓皇族なのですね。

ただ、倫子の父は廟堂で今を時めく左大臣であるのに比べ、明子の父は
彼女が幼いときに失脚し、その後許されるも廟堂に返り咲くことなく
亡くなっています。

血筋から言えば同じような高貴の出のふたりですが。

今現在、しっかりした実家があるかないかで、境遇に違いが出てしまったの
ですね。


そのうえ、倫子は道長よりも少し年上のしっかりしたタイプの女性で、子ども
たちへの目配りも効き、夫をサポートする力もあります。

それに比べ明子は、どちらかというとおっとりした女性だったようですね。

それでも、この作品の中では、政界を非情に立ち回る夫に対して、
面と向かって批判する強い面もあったように描かれていますが。

永井路子さんの作品では、自分の子どもたちが倫子所生の子たちよりも
不遇であることを夫に問い詰めようともせず、いつもおっとりしている明子の
様子を見た息子の能信が、
「母上も、もう少し、子らのために気働きをしてくださらぬものか・・・」
と秘かに嘆いたりもしていました。


実際、倫子の生んだ男子が嫡男となり、女子はすべて歴代天皇の后と
なっているのですが。

明子の生んだ男子は、道長の息子としてそれなりの出世はしているものの、
やはり倫子所生の男子よりは1歩も2歩も出遅れている感は否めないの
ですね。

ふたりいる女子に至っては、ひとりは道長との政争に敗れ譲位することに
なった小一条院に嫁がされ、もうひとりは貴族ですらない、武家に嫁がされ
ています。


小一条院は、もうすでにたくさんの女御がそばにおられ、成人した皇子も
おられることから、今さらそんなところへ嫁ぐ意味すら分からないくらいの
縁組なのですが。

しいて言うなら、敗れ去った敵とはいえ上皇であることだし、粗略には
扱いませんよ、という意思表示というか、懐柔策であったのでしょうね。

そんな、捨て駒にされたともとれる婚儀は、読んでいても胸が痛くなる思い
でしたが。

まあ、この時代の女性としては、どうしようもなかったのでしょうね。


平安時代といえば、あの有名な清少納言や紫式部なども出てきて、とても
華やかできらびやかなイメージがありますが。

貴族の女性といえど、実家の浮沈によってはどんな運命が待ち受けている
かわからないし、大変な時代でもありますよね。

だからと言って自分で道を切り開いていくことも許されず、あの夏暑く冬寒い
京都で、身動きに不自由するくらい髪の毛をのばした上に衣を12枚も
重ねて、屋敷の奥深くにひっそりと暮らすしかないし^^;

それでもやっぱり、私はこの時代の雅な雰囲気が大好きなのですけどね。



最後に。

これはかなり後の話になりますが。

道長も倫子も明子も亡くなったあと。

倫子所生の男子たちがだんだん勢いを無くしていくのに比べ、明子の生んだ
能信は低い官位ながらも政局を縦横に生き抜き、後に倫子系から生まれた
影の薄い内親王を庇護する立場に立ち、その内親王が生んだ皇子を皇位
につけるべく奔走するようになります。

これも不思議な、面白い巡り合わせと言うべきでしょうね。


結局、誰が勝って誰が負けたのか。

生きている間は、答えの出ないものなのだなあと思ったことでありました。



萌がさね―藤原道長室明子相聞
講談社
鳥越 碧

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 萌がさね―藤原道長室明子相聞 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 12

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2013年01月29日 23:45
私は、毎日シャンプーをする人なので
この時代だったから頭が痒くてイライラしそう
お風呂に入らなくて臭かったから香の文化が生まれたのでしょうね
私は、お風呂がいいなぁ
この時代の本を読むと天皇ってだれの子かわからないし
国民のために何かをした天皇っていないなぁと思う私です。
今は、戦中じゃなくて良かった
miyo
2013年01月30日 00:19
詳しいねぇ(^_^)雅なのも良いけど、私は戦国時代が好きだわ。中国歴史も三国志だし(笑) 女性が意思を持って自立する様になってからまだそんなに歴史は長くないんですよね。現代でもたまに「女性初の~」と謳われる事があるぐらいだし。それを聞くと男尊女卑とかではなく、社会って男性が作ってきたんだなぁと思います。歴史を知ると時代の流れや移り変わりは凄いなって感じるよね(^_^)
2013年01月30日 06:22
前回の『平清盛』もそうでしたが、平安時代を取り上げた大河ドラマは当たらないと言われてます。
貴族文化になじみがないのと、複雑な人間関係が理解しにくいからでしょう。
戦国時代は、単純明快で、天下を取るぞ~!で話が進んでいくから視聴率が高くなるんだそうです。
で、信長や秀吉などが取り上げられることが多いそうです。
2013年01月30日 10:36
日本史上、一番華やかだったのが平安時代だと思っています。
「あさきゆめみし」の世界ですもの。
華やかな十二単に宮中の生活。
…実際はあまりお風呂に入れなくて、お香をたいてごまかしたりとか、今では考えられない事もありますがね。
トイレも携帯用おまるみたいもので用を足していたし、十二単も動きづらいだろうなあと思います。

それでも平安時代は魅力を感じます。
キーブー
2013年01月30日 21:46
もうヘトヘトさん、こんばんは
この時代、頭を洗うのは大仕事だったみたいですもんね。暦を見て良い日を選び、お天気のいい日に侍女たちが総がかりで(笑)
それにヘトヘトさんは大の銭湯好きでいらっしゃいますもんね。この楽しみは捨てがたいですよね(^O^)
天皇や側近が政争に明け暮れ、貴公子や貴婦人が優雅に恋愛をしている間も、庶民は食うや食わずだったり、疫病に苦しんでいたり。
光源氏なんて、いい大人の男が、考えることはそんなことかいっ!ってつっこみたくなりますよね(誤爆)
キーブー
2013年01月30日 21:51
miyoさん、こんばんは
ああ、戦国時代も面白いよね
三国志は、私は食わず嫌いなんだよね。読んだら絶対面白いに決まってるのに(笑)
そう、良くも悪くも男性が作り上げてきた社会なんだよね。
でも男性はわりに人生の選択肢が少ない気もします。女性の方がいろいろ選べる感じで・・・まあそれも近代のことだけど(^^ゞ
歴史を見ると、ホント時代の移り変わりってすごいよね。逆らえない感じ。怒涛のような勢いを感じます。
キーブー
2013年01月30日 21:56
ねこのひげさん、こんばんは
平安時代って、あのシンネリした人間関係が面白いのに(笑)十二単や衣冠装束も、みごとな色合わせに目を奪われますよね
たしかに、戦国時代はわかりやすいですね(笑)
いわゆる立身出世ものだし・・・感情移入もしやすいのかな?(^^ゞ
信長はともかく・・・秀吉はもうゲップが出るくらい見たかも(笑)
それに秀吉は晩年が醜い感じで、私はあまり好きではないですね。あの時代にスポットを当てるなら、むしろ高台院おねねを主人公にしたらどうかなあ(^^ゞ
キーブー
2013年01月30日 22:02
のっぽさん、こんばんは
あら、のっぽさんも同じ意見なのですね~(*^_^*)
「あさきゆめみし」、私も読みましたよ♪
みんな十二単で同じような髪型なのに、ひとりひとり個性的に描き分けておられましたよね、大和和紀さん(*^_^*)
そう・・・いくら香を焚いても、って思いますよね^^;
しかも京都は夏はものすごく暑くて冬は寒いし・・・特に冬の京都に薄物を12枚重ねただけなんて、考えただけで鳥肌がたちそうです。フリースやらお布団やら、何もないんですもんね。そりゃ早死にするわ。。。
2013年01月31日 20:26
1981年に佐久間良子さん主演でねねを主人公にした『女太閤記』というのがありました。
これは、けっこう人気で、秀吉を演じた西田敏行さんがねねのことを「おかか」という呼び方をしていたのが流行りました。
最近は女性を主人公にしたほうが視聴率が高いようなので、もう一度、『女太閤記』をやるのもよいかもしれませんね。
キーブー
2013年01月31日 22:05
ねこのひげさん、こんばんは
再度のお越し、大歓迎です(*^_^*)
ああ、ありましたね~、『女太閤記』。けっこう印象的でしたね
そう、もう一度・・・綾瀬はるかあたりで見たい気もします。
あと、『平清盛』で北条政子を杏がやってましたが、あのまま続きを見てみたい感じでしたね。『北条政子』とか『日野富子』とかでも面白そうなんだけどなあ(*^_^*)
2013年02月04日 08:36
歴史詳しそうですね、歴女でしょうか日本の天皇家は半分以上が藤原家なのだそうです。私はドラマ化してしただけるなら、その藤原家を築いた「藤原不比人」をやって欲しいです。古代に諸豪族をなぎ倒して藤原家全盛の基を作ったなぞの男、興味ありますねえ
キーブー
2013年02月04日 16:48
サヤ侍さん、こんにちは
お忙しいなか、連投コメントありがとうございます(*^_^*)
歴女というほど詳しくはないです。たまたまこの時代が好きなだけで(^^ゞ
天皇家と藤原家の関係は深いですよね。天皇家に絡まる藤の蔓、などといわれますもんね
考えてみれば、この時代の歴史を学ぶということは、天皇家と藤原家のあーだこーだを覚えることですよね。
高校時代など、日本史の試験勉強をしながら「なんで私は夜中までこの2軒の家のことを必死で覚えたりしなきゃいけないのか」な~んて思ったりしたことでありました(笑)

この記事へのトラックバック