すべては酷暑のせいなのです(^_^;)




こないだの本コワこと『ほんとにあった怖い話』、あまり期待しないで観た
せいかけっこう面白くて、そこそこ楽しめましたが(^O^)


指原莉乃さんのお話のときに、外国の不気味な兵隊人形が出てきましたよね。

あれとほぼ同じものが、実はわが家にもあるんですよ


以前勤めていたところの同僚が、ドイツだかオランダだかに行ったときに
買ってきてくれたおみやげなのですが。

テレビの人形ほどは大きくなくて、手のひらに載るくらいのもの。

こぶた2号が、その人形を見つめて、
「あれは大丈夫かなあ」
と、しきりに心配しておられましたが。

もらってからもう数年経ちますからね。たぶん大丈夫かと(笑)



さて。

今夏は異常な暑さでありますが

そのせいか、本を読んでいても気が付くとボーッと活字を追っているだけで
内容が頭に入ってきてなくて、慌ててもう一度前のページに戻って読み直し
たりなんぞしております(笑)

そんでもって、本筋とはまーったく関係ないところに入り込んでしまって、
そこから先が進まなかったり^^;


そんななか、富樫倫太郎『信玄の軍配者』を読み終えたのでありますが。

ここに感想を書く前に本を図書館に返却してしまっておりました(~_~;)

まったくもって、今年の暑さは異常ですね(笑)



ま、それはいいとして(^^ゞ

信玄の軍配者といえば、お察しのとおり山本勘助でありますね。


この作品のなかでは、山本勘助は少年の折に足利学校という軍配者のため
の大学のようなところへ入学しようと従者とともに向かったのですが、実は
その道中に夜盗に襲われ殺害されており、そのときに同年輩の少年の
四郎左(しろうざ)という従者ひとりが生き残って、山本勘助として入学した、
ということになっています。

この四郎左、もともとは主筋の山本家と同格といっていい家の出身なの
ですが。

両親亡きあと自身も重い疱瘡にかかり、なんとか命が助かったのはよかった
けれど、家を叔父に乗っ取られてしまったのですね。


それからというもの苦労に苦労を重ね、足利学校を出たあともなかなか
就職先が見つからず、のたれ死にしかかったりもしていますが。

40代を過ぎてからやっと、武田家へ仕官が叶うのでありますね。


余談ですが。

このころは人生50年といわれた時代ですから、40代といえばもう老境と
いってもいい歳なわけで。


実際、彼と足利学校で一緒に学んだものたちは、それぞれとっくに名の
知れた家に軍配者として迎えられているのですね。

小太郎という男と四郎左は懇意だったのですが。

その小太郎などは、その頃いちばん勢力のあった北条家で軍配をとって
いるのですね。


ちなみに。

足利学校の卒業生たちは、本名以外に、それぞれ別の呼び名を持って
いて、四郎左は鴎宿(おうしゅく)と呼ばれています。

前述の、北条家に仕官した小太郎は清渓(せいけい)。

と、ここまで読んだところで、この清渓という名のあまりの涼しさにうっとり
した私(笑)


ほかにも、養玉(ようぎょく)という名も出てきて、そのとき私の脳内では
こっくりしたおいしそうな栗色のグラデーションの模様の入った玉が
ゆっくりと廻っておりました。
それはもう、玉というか、栗そのもの(笑)

そこで自分でも、ん?なんで養玉で栗?と思ったのですが。


養の字から兵庫県の養父市(やぶし)がふと浮かび、その近くの丹波篠山 
が浮かんだところで、名産の栗に結び付いたと(笑)

そのうえ、数日前にコープさんでセールになっていた栗の甘露煮の瓶詰の
ことを思い出し、
「やっぱあれ、買っとくべきやったなあ」
などと思ったところで我に返った私。

気を取りなおして、もういちど物語の世界に戻ったのでありました^^;
    


それはともかく。

この養玉は、長尾景虎、のちの上杉謙信のもとで軍配をとることになります。


いやあ、錚々たるメンバーでありますね


四郎左こと山本勘助は、古くからの家臣で固められている武田家で、
はじめのうちは新参者として とても苦労するのですが。

最後は、懇意になった原家の娘を娶り、めでたしめでたしでこの物語は
終わっています。


が、しかーし

史実が物語る通り、その後の武田家にはとんでもない悲劇が
襲いかかるわけですもんね。



不遇な人生を送ってきた山本勘助が、老境にさしかかってから運に恵まれ、
おそまきながら家庭を持つことにもなるだけでもすごいことですが。

そこからさらに、運命は大きく転換するのですね。


いやあホント、人の一生は終わってみるまでわからないもんだ、と思った私。


突然ですが、シンデレラなんかも、めでたしめでたしで物語は終わりますが。

そこからが、山あり谷ありだったんでしょうしね(笑)


・・・って。

なんだ、このまとめは(@_@)


ホント、今年の夏は異常な暑さです(^^ゞ



信玄の軍配者
中央公論新社
富樫 倫太郎

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 信玄の軍配者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 18

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2013年08月21日 08:23
いやいや 確かにおとぎ話のその後は山あり山あり渓谷ありなんだろうけど そこ見ない見ない~~^^;
こっちは朝晩はもう寒いくらいかも… 
足が死体のように冷えて目が覚めるよ~~
2013年08月21日 09:07
それでも、次に行こうとしている夏を惜しんでしまいます…夏好きなもんで。
ひまわり
2013年08月21日 10:22
あまりの暑さのせいか思考能力が
なくなってきますよね。
悪い霊だけではないのでしょうが
キーブーさんも大変でしたね。

持ってうまれた運命は変えられない
のかなあ…



2013年08月21日 10:55
40代で老境!!!人生50年だった時代の人は成長が早いですね(老境は最近かな・・・)。人生って途中だけじゃなく、終わってみるまで分からないものですね~。我々の人生は、これから、どんでん返しが来るのかな~?※※「はだしのゲン」が閉架とは…こないだまで予測できなかったです。
2013年08月21日 13:20
キープーさんは、本を読んだり、文章を書いたりするのが大好きな人なんですね(微笑)。
女性ながら、想像力も豊かだし・・・。
本を読んでいて、いつの間にか他のことを考えていていて、慌ててもう一度読み返すところは私にそっくりですよ(微笑)。
大阪は東京より暑いけど、二匹の可愛い子豚ちゃん(もう立派な大人かもね)たちと、仲良く頑張って夏を乗り越えてね。
これ、コメントになってないね・・・ごめん!!
2013年08月22日 02:34
>突然ですが、シンデレラなんかも、めでたしめでたしで物語は終わりますが。
>そこからが、山あり谷ありだったんでしょうしね(笑)
その後のシンデレラという本を書いてみてはいかがですか
面白い本になりそう

キーブー
2013年08月22日 16:31
まるおおさん、こんにちは
おとぎ話はめでたし、めでたしで終わってるんだから、そののちのことは見ない方がいいよね。っていうか、それ以上あがることはありえないから、あとは下がっていく一方だし(笑)
こっちはね、まだ早朝でもエアコンなしだと汗ばむくらい。今日も36度だしね。もういいかげん疲れたよ。。。
キーブー
2013年08月22日 16:36
ひばり組らん太郎。さん、こんにちは
私も、昔は夏が終わるのをとても寂しく思ったものです。泳がないオトナにだけはならないようにしようとも思ってましたが・・・もう10年以上、海で泳いでないし^^;
そしていつからか、酷暑の終わりを待ち望むようになってしまいました。ってか、昔の夏はこんなにわけわかんない暑さではなかったですよね(~_~;)
キーブー
2013年08月22日 16:41
ひまわりさん、こんにちは
ほんとに、この気温では頭は働きませんよね。と、気温のせいにしております(笑)
うちの人形はいたってフツーの人形なので、なにも大変なことはなかったです。ただ、テレビの人形とそっくりだったので驚きましたけどね^^;

持って生まれた運命、最初に配られた手持ちのカードは替えようはないでしょうけど。
その後の努力と運によっては、かなり持ち直せるのではないかと私は思ったりしますが、どうなんでしょうね(^^ゞ
キーブー
2013年08月22日 16:45
ぬえさん、こんにちは
今の40、50代って、みんな若いですもんね
でも私は、50歳になってからめっきり体の衰えを感じるようになりました。やっぱいつまでも若くはないもんですね(爆)
「はだしのゲン」が閉架というのは、私も驚きました。たしかに小さい子にはショックもあるかもしれないけど・・・史実ですからね。
公共機関がそこまでするのは、どうなのかなあ。
キーブー
2013年08月22日 18:52
あきさん、こんにちは
温かいお言葉、ありがとうございます(*^_^*)
読書は、昔からけっこう好きですね。でも、読書感想文など書くのはあまり好きじゃなかったです^^;
本を読んでいるときに突然「晩ごはん、何にしよう」とか思って、考えながら読んだりもしますが・・・やっぱりそれは無理があるようです。結局は遡って読み直すことになっちゃいますね(自爆)

関西はホント暑いです。今日も36度だったし
甲子園も今年は雨天順延が一日もなかったですしね。って、そこはまあよかったんでしょうね(笑)
あきさんも、あと少し、暑さにお気をつけてお元気にお過ごしくださいね
キーブー
2013年08月22日 18:55
もうヘトヘトさん、こんにちは
その後のシンデレラ!うーん
どうなるんでしょうね。お城へ嫁いだものの、馴染めずお世継ぎもできず・・・その間、別の女性に男の子が生まれる、とか?^^;
ああ、ダメだ。明るい未来がちーーっとも浮かんできません(自爆)
2013年08月24日 18:08
暑いのかどうかもあまり良く分かってない例年通りの私ですが、去年よりもボヤッとしてるのが多い様な気もするので暑いのかな??でも猫らはみんな元気モリモリだよ(^^)
武田信玄は山梨だから、親戚がいる山梨に行くと縁の地がそこらにあるよ♪勘助が通っただかなんだかの道とか(笑)そういや山梨名物の「ほうとう」だったかな?勘助の絵がかいてあるのがあったよ~。
2013年08月24日 20:50
Bonsoir
録画見ないで消しちゃった~
NHKの信玄はミタような?
ボ~つと春夏冬(⌒-⌒)ニコニコ...
キーブー
2013年08月24日 23:27
miyoさん、こんばんは
miyoさんちの子たちはみんな元気ですか(*^_^*)
うちのはむたんも、まだ元気(笑)
でも動きはけっこうヨボヨボしてきたかな。食欲はすごいけどね(^O^)
ほほう。山本勘助、人気なんだ~。ほうとうに似顔絵があるとは、信玄をしのぐ勢いなのかな?
キーブー
2013年08月24日 23:29
春夏冬さん、こんばんは
あら、本コワ、ご覧にならなかったですか~^^;
NHKの信玄、私も昔のは見ました。信玄が中井貴一だったやつ。あれも面白かったですよね♪

この記事へのトラックバック