虫の世界はおもしろい!(^O^)




正月に読み終えていたこの本。

内容を忘れないうちに、感想を書いておきたいと思います


稲垣栄洋 著  『身近な虫たちの華麗な生きかた』


のっけから関係ない話で恐縮ですが^^;

うちの本棚は大して大きくないため、もう満杯状態。大容量の本棚を持つ人
がホントうらやましいです(T_T)

仕方がないので、大好きな作家のものか ものすごく面白いもの、あるいは
後日必ず読み返すことがあるだろうと思われる本以外は、ほとんど図書館で
借りてすませるようにしているのですが。


この本は、本屋さんで見かけたときに表紙のアゲハ蝶の絵の美しさに
思わず目がとまり、手に取ってパラパラめくるうちに買わずにはいられなく
なってしまったのですね


とりあえず、目次をいくつか挙げてみますと。


ミツバチ         
    働き者は、おばあさん

ジャコウアゲハ    
    美しく舞う策略家

ナナホシテントウ
    カラフルな水玉の謎

ゴキブリ         
    嫌われ者のヒーロー

サムライアリ    
    卑劣なさむらい魂

ケラ    
     おけらだって生きている

カマキリ  
     かまきり夫人の正体

トノサマバッタ    
    哀しきライダージャンプ

スズメバチ    
    武装集団に気を付けろ

ダンゴムシ    
    古代の海の記憶

ハサミムシ    
    母の愛は海より深い


このほかにもまだまだたくさん、全50種類の身近な虫をとりあげ、
その生態がわかりやすく書かれております。


まずこの目次を見たときにヒエッとなったのが、ゴキブリのところ。

虫を怖いと思うことはまずない私ですが、ゴキブリだけは大の苦手。

どれだけキライかというと、殺虫剤のボトルにリアルな絵があるだけで、
一瞬 手にするのを躊躇するくらい。

けれど一応これでもオトナだし(笑)、ヤツの絵にさわったくらいでは実害は
無いというのも理性でわかっているため頑張って買ってきて、一朝事あらば
すぐ襲撃体制に入れるように備えております(爆)


しかるに、この本。

詳しい虫の生態の解説だけが魅力なのではなく、鉛筆で丹念に描かれた絵
も、とても見事なのですね。

リアルに精密に描かれた虫たちは、いまにも動き出しそうなくらい。

なので、虫全般が苦手な方にはおすすめできませんが。

アリやクモなど全く平気な私でも、その絵を見たときはちょっとだけ、
「ほ、ほう・・・」って感じになったくらい(笑)


このリアルさが、ゴキブリの絵にも活かされていたら・・・
そんな危惧を抱きつつ、見てみたところ。

そのへんは挿絵を描かれた方もよくわかっておられたようで、後ろからみた
構図になっていて頭部分は描かれておりませんでした。

なので、ちょっとホッとして、レジに持って行ったのでありますが。


いざ読み進んで、ゴキブリのところに来たときにもう一度見てみたら。

たしかに後ろ半分だけだけど、透けた羽の具合や、毛の生えた肢や産卵管
などがしっかりと描かれておりました


しかもコイツ、ものすごく丈夫だというのはつとに知られておりますが。

放射線に強い耐性を示すため、核戦争が起きて人類すべてが滅んでも、
確実に生き残るだろうと言われているんだとか


著者によると、“どんなに科学が発達しても、ゴキブリに対して我々人類が
持つ有効な武器は、唯一スリッパだけ”なのだそう


ああもう。
さらにキライになっちゃったなあ(>_<)



そうそう、キライといえば。

サムライアリにもびっくりさせられました。

皆さんは、アリの引っ越しというのをご覧になったことがおありでしょうか。

卵やサナギを大事そうに咥え、行列を作ってせっせと運んでいる様子は、
なかなか面白い光景でありますが。

実はあれ、引っ越しではなく、略奪行為だったのでありますね


サムライアリという種は、鋭いあごを持って武装してはいますが、自分たちで
餌を取ってきたりはしない怠け者なのだそう。

そこで、まずサムライアリの女王がクロヤマアリの巣を襲い、その女王を
咬み殺して、自身がその巣の女王におさまります。

そして、その後生まれてくるサムライアリの世話を、クロヤマアリにさせるの
ですが。

そこにいるクロヤマアリが絶えてしまうと、よその巣を襲って、今度は卵や
サナギだけをさらってくるのですね。

そして、それらが成虫になると奴隷にして、餌集めや自分たちの世話を
させるわけですが。

今度は女王を咬み殺したりはせず、のちのち奴隷が絶えたときにまた、
略奪しに行くわけですね。

サムライアリの巣で育つクロヤマアリは、憎っくきサムライアリを同胞と
信じて疑わず、死ぬまで奉仕し続けます。


同じアリでありながら、この違いはいったいどうしたことか。



ほかにも、ミツバチについては、以前ここでも「ミツバチと暮らす四季。
という記事で取り上げましたが。

そのときは知らなかったのですが、ミツバチは成虫になると最初は内勤、
つまり女王や卵やサナギの世話などから始めるのだそう。

そして、ある程度の年数を経てから、蜜や花粉を集めに外へ出ます。

なので、外で見かけるミツバチは、ほとんどがおばあちゃんなのだそう。

老体に鞭打って、最後のご奉公に、危険な外界へ出ていくのですね。


そういえば。

ここ数年、、まったくミツバチを見なくなりましたよね。

以前は、肢に花粉玉をつけた丸っこい体のかわいいミツバチが
飛んでいるのをよく見かけたものですが。


ミツバチが激減していると言われて久しいですが、事態は思っているより
急を要しているのかもしれませんね(~_~;)




身近な虫たちの華麗な生きかた (ちくま文庫)
筑摩書房
稲垣 栄洋

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 身近な虫たちの華麗な生きかた (ちくま文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 29

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2014年01月21日 00:16
>殺虫剤のボトルにリアルな絵があるだけで
分かります。。。
>持つ有効な武器は、唯一スリッパだけ”
スリッパを使ったら捨てなきゃいけなくなりそう
私は、ゴキを見つけたら殺虫剤とゴキブリホイホイ
あの心臓の高まり
寿命が。。。
ホイホイに入ってくれると助かる。
去年は、1匹だけで助かった
ひまわり
2014年01月21日 10:00
キーブーさんは色んな本を読まれるなあ
と感心しています。
装画も選ぶポイントになりますよね。
私はどうしてもジャンルが偏ってしまう
ところがあるんですよね^^;
ほとんど図書館で借りてます。
虫で好きなのはテントウ虫くらいかな。
夏~秋に黒にオレンジのを見かけました。
ゴキは神出鬼没なので油断大敵!
アレをスリッパで叩けるひとは立派です!


2014年01月21日 23:21
それぞれの虫の特徴を、よく分析した本ですね。ミツバチって、年とってから外回りするんですね~私なら年取ったら楽したいけどなあ~!☆ゴキブリにはスリッパなんですね~でも、ゴキブリホイホイに憧れるなあ~いや、それ以前に「ゴキブリを拝める環境」に憧れるなあ~
キーブー
2014年01月22日 19:00
もうヘトヘトさん、こんばんは
あと、油断ならないのが殺虫剤のCM。ものすごくリアルだったり。でもそれも最近はあまりないですよね。やっぱ苦情とか来るのかも^^;
スリッパ、捨てるのは惜しいけど、それで1匹ゴキブリをこの世から消し去れるのなら、喜んで犠牲にしますとも
でも、ヘトヘトさんも寿命が縮まるくらい苦手でいらっしゃるのですね(^^ゞ
あー、ホイホイは、私はダメなんです。中をのぞけないし、中にいるとわかったらもう手に持てないです(笑)なので、置いておく毒エサで駆除してます。

キーブー
2014年01月22日 19:04
ひまわりさん、こんばんは
あら、私も乱読ではありながら、わりに読むジャンルは偏ってたりしますよまず堅いものは読まないし(笑)
テントウムシ、かわいいですよね。あのデザイン、もう最高!(*^_^*)
そう、テントウムシってわりにいろんな種類がいて、あまりかわいくないのもいます。やけにドットが多かったりとか(笑)
ゴキ、カサリとも音をたてないのだけど、不思議にいるのがわかりますよね。あれはマジで胆が冷えます
スリッパで叩いて、潰したものの処理ができる人・・・ホント、後光が差して見えたりします(^O^)
キーブー
2014年01月22日 19:10
ぬえさん、こんばんは
そう、ミツバチは年とってからの外回りだそうです。人間のサラリーマンだと、若いうちはまず外回り、ですけどね(^O^)
ミツバチの一生に「楽」の文字はないのかも。一生を、一族にご奉公して終わるのですね。まあでも、一日の労働時間は短めのようですが(^^ゞ

>「ゴキブリを拝める環境」に憧れるなあ~
ぬえさんたら(笑)
ぬえさんが怖がる「セリ虫」がぜーんぜん平気な私が、これほど恐れているのがヤツなのです。バイキンだらけなうえにキチン質とかいうわけわかんない質感で、しかもなかなか死なないし
ああ・・・マジで夏だけ北海道に行きたいなあ(爆)
2014年01月22日 23:25
この本面白そう!
それこそ図書館で借りてこようかしら、と思っています。
子供の頃、カマキリがカマキリをご飯にしていた衝撃シーンを思い出しちゃいました。
新潟もあまりGをみません。
でもね、寒いよw
今の時期Gのことはわすれて、暖かい地域が羨ましくなるのはぬえ様と一緒だわ、って思います。
2014年01月23日 16:28
そうなのよね~~ 社会性を持つ虫の群れは生き残るため巧く出来てるんだよな~~ 私、蜂の社会って合理的で好き~~♪
私も今時期はちょこっと読書^^ 一番熱読してるのは料理本ね~~
キーブー
2014年01月23日 18:35
ミルテさん、こんばんは
私も、本屋で見かけたときに一瞬、図書館で借りて読もうかとも思ったのですが。
鉛筆で描かれた絵があまりに繊細でみごとだったので、後々きっとまた見たくなると思って、買うことにしました
カマキリは、子どものころ飼ったことがあります。バッタやコオロギをやりましたが、ホント凄惨なお食事風景でした。またキレイに食べきるということをしませんしね(笑)あちこちにバッタの肢だのコオロギの体半分などがちらばりだしたので、とうとう音をあげてカマキリを放してやりました^^;
北国の冬は、過酷ですもんね。
雪下ろしなど・・・北国の方のブログを見てるだけでも、ホントつらいだろうなあと感じます。
キーブー
2014年01月23日 18:41
まるおおさん、こんばんは
まるおおさんもかあ。私も、ハチやアリの社会、大好き♪
子どもの頃は、なんとか女王アリを捕まえて巣の様子を観察したいものだと思ってたんだよね
特にハチは、あの有名な八の字ダンス・・・エサの場所からその規模に至るまで、あのダンスですべてわかるようになってるんだってよ。すごいよね(*^_^*)
料理&家事の本、私も好き~~♪
いろいろ参考になるし、日々のマンネリに活が入るしね(^O^)

この記事へのトラックバック