ヒンプク、ヒンプク。。。




今日からGWに突入ですね

ついこないだ始まったばかりの2014年も、もう半分近く過ぎてしまったとは。

カレンダーを見ては、ため息をついてしまいます^^;



カレンダーといえば。

わが家は、1ヵ月ごとにめくるカレンダーのほかに、日めくりの暦があるの
ですが。


本日は、こんなことが書かれておりました。

画像



武器をつくり、髪をすくほかはいっさい凶。
葬送、大凶。



まあ、何種類かの決まった文言が順繰りに巡ってくるようになっているの
ですが。

知らないなら知らないですむことですが、いったんこういうのを目にしちゃうと、
何か予定が組んであっても、動かせるなら別の日にしようかな、などと考えて
しまったりしますよね^^;


ところで私は、古着や古タオルなどをしまいこんでいて、それを切っては
ボロ布として活用しているのですが。

揚げ物などのときに飛んだ油をさっと拭いたり、床の隅っこが一部分だけ
ホコリっぽいなと感じたら、このボロ布にシュッと霧吹きで湿り気を与えて
拭いて使い捨てにしたり。

・・・って。
このヒトはまた、いきなり何を言い出すんや、と思われたでしょうが(笑)


こういうボロ布を用意するとき、つまりは古着の裁断ですが。

その日の暦にこういう文言があると、躊躇してしまうんですよね。


衣類裁断 大凶

衣類裁断すれば別離の悲しみに遭う


ひええ~~


知らなきゃすむことなのに、知っちゃったためにボロ布づくりはできなくなって
しまいます。

そうすると、もうボロ布のストックが無かった場合、飛んだ油は台拭きで拭き
とってその後きっちり洗剤で洗わなくてはならなくなるし、床のほんの少しの
ホコリも、ちゃんと雑巾とバケツを出してこなくてはならなくなるのですね(笑)

まったくもって、不自由なことであります(~_~;)

でもま、このくらいなら別にどうということはありませんが。


以前に読んだ幕末の話のなかの ある公家のエピソードには、呆れたを
通り越して脱力しちゃったんですよね。


ずいぶん前に読んだ本なので、その公家の名前などは忘れてしまったの
ですが^^;

幕末といえば未曽有の国難のときであり、武士や公家などの身分の違いに
関係なく、日本じゅうが混乱を極めていた時期ですよね。

そのさなかにあって、このお公家さん(かなりの実力者です)は、
「ヒンプク、ヒンプク」
と小さくつぶやきながら道を歩いています。

しばらくして自宅の門の前に帰りつき、門をくぐったところ。

ひと足歩くごとにヒン、またひと足歩くとプク、と言いながら歩いていたの
ですが、最後に門をまたぐ足がヒンで終わったのですね。

すると、
「いかん、いかん」
と大慌てで もう一度門から外へ出て、プクで門をまたげるように按配
して、家に入りなおします。

これ、いったい何かというと。

ヒンは貧、プクは福。

ひと足ごとに貧・福と唱えながら歩き、家の門をくぐるときや最後のひと足は
『福』で終わるようにゲンを担いでいたのですね。


いやいや~

アンタ、この日本史上屈指の国難のときに、いったい何をやっているのだね、
と思った私。

こんなふうだから、お公家さんは平安時代以後、衰退の一途を辿ることに
なったのだなあ、なんて思ったものでしたが。


そうは言っても、すべての公家がこんなふうだったわけではなく、明治維新に
ひと役もふた役もかった公家もたくさんいましたけどね。


ただ、私がすごく印象深かった公家といえば、以前、テレビでやっていた
『柳生一族の陰謀』に出てくる烏丸少将(からすま しょうしょう)。

主役は千葉真一演じるところの柳生十兵衛でしたが。

その敵役として出てくる烏丸少将が、なんとも凄味のある人だったんです
よね。

今は亡き成田三樹夫が演じていたのですが。

眉を剃って額に置き眉をし、お化粧をして唇には紅をさし、笑うときは
手に持っている杓で口元を隠しながら、
「ほほほほ」
なんて、シナを作って笑っているのですが。

いざ、十兵衛と切り合いを始めるや、その腕前は互角。

いきなり目ヂカラ鋭く、剣を繰り出してくるのですね。


あれは何というか・・・不思議な魅力に満ちていて、今もなお私の脳裏には
あの妖怪じみた烏丸少将の姿がありありと浮かぶほど。

『柳生一族の陰謀』、再放送してくれないかなあ。


・・・って。

何の話をしてるんだったか(^^ゞ


そっか、暦の話でしたね。

ま、こういうのにとらわれすぎてがんじがらめになっちゃうと、生活が窮屈で
味気ないものになってしまいますよね。

ほどほどのところで、いいことだけを心に留めていきたいもんです^^;





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年04月26日 23:26
>武器をつくり、髪をすくほかはいっさい凶。
葬送、大凶。

↑一般庶民は武器なんて作りませ~ん。
髪はすき(櫛でとぐ)ますが(スキンヘッドでない限り)これ以外は凶となるなら他の事は一切しなくていいってコト?と、のっぽならとるかな?
冠婚葬祭の時以外は暦はあまり気にしないようにしています。気にしたらキリがなくなってしまうし。

ヒンプクって何?とタイトルを見た時は頭の中が?マークでしたが、貧福なんですね。初めて聞きました。
そりゃ、福の方がいいですよね。
2014年04月27日 07:15
我家の暦には吉兆は載っていないのですが 毎日夕刊の占い欄を見ては 翌日の吉兆を予想して 対処法を検討しています。(朝になると忘れていることがほとんどだけど )

ヒンプクって面白いフレーズですね。乙女の頃花びらをちぎって 好き嫌いって占っていた 花占いを思い出しちゃいました。
2014年04月27日 10:00
キープーさんのお話、今日はあっちこっち飛ぶけど、まあゴールでウイークだからええか・・・おまけやね。
あきさんの人生訓の一つ・・・・・
「こだわる心は自分を縛る(考え方が窮屈になるだけ・・・)
ひまわり
2014年04月27日 15:53
ああわかります。こういうの
気になりますよね。
気にしないと思いつつも気になる
ものです。
なのでいつからか占いなどは見ない
ようになりましたね。

2014年04月27日 15:58
>眉を剃って額に置き眉をし、お化粧をして唇には紅をさし、笑うときは
手に持っている杓で口元を隠しながら、
> 「ほほほほ」
--------------------------------
日本って、ちょんまげといい、クイズ番組や世界ふしぎ発見のような番組があったらへぇ〜な国よね
キーブー
2014年04月27日 20:28
のっぽさん、こんばんは
そうですね。あと、髪を梳くのと武器を作るのが同列というところにも驚きますよね。
暦や方位って、私も普段は気にしませんが、でも目にしちゃうとやっぱりイヤな感じ~^^;

日本じゅうが上を下への大騒ぎのときに、公家はこんなことをやっていたのですね。
なんつうかもう、脱力しました。次元が違い過ぎる。。。(@_@)
キーブー
2014年04月27日 20:32
丸みさん、こんばんは
あら!丸みさんちの夕刊には、毎日占いが載ってるんですか~
うちの新聞は、金曜日の夕刊に「今週の運勢」が載るんですよね。んで一応読みはしますが、忘れちゃってることが多いですね(^^ゞ
花占い、やりましたね~(*^_^*)
少女がやってるぶんにはかわいいけど、いい年したおっさんが「ヒンプク、ヒンプク」ってやってる姿は、あまりかわいくないかも(笑)
キーブー
2014年04月27日 20:36
あきさん、こんばんは
はい。あっちこっち飛びまくり~
書きながらどうなることかと思いましたが(笑)、なんとか無事に着地しました・・・ってか、してますよね?(^^ゞ
そうなんですよね。
こだわりが多い分だけ、生きにくくなると私も思います。
昔の公家みたいに、今日はこっちの方位は良くないから大廻りして、とかやってたら、方向音痴の私は迷子になるに決まってるし(自爆)
キーブー
2014年04月27日 20:41
ひまわりさん、こんばんは
「衣類裁断は別離の悲しみに遭う」なんぞとあったら・・・ボロ布つくりなんて明日でいいや、って思いますよね(^^ゞ
でも、つい見ちゃうんですよね、占いって。
私は、美容室で古い雑誌などに2~3か月前の占いがあったらそれも見ます。んで、合ってるかどうか確認作業をするのですが(笑)
「うわ~、大当たり!」なんて思ったことは一度もないです。そんなもんでありますね(^◇^)
キーブー
2014年04月27日 20:45
もうヘトヘトさん、こんばんは
そうですよね。飛鳥時代のちょっとかわいい風俗から、ものすごく髪をのばして12枚も衣をかさねた平安時代の装束、そしてちょんまげに結い髪。
同じ国だとは思えないほどの変遷ですよね(^◇^)
でも、お公家さんはわりに昔から変わってないのかも。
2014年04月27日 20:55
気にしなくても実際はそうでない…

私もボロ布は裁断して床を拭いたり水回りの拭きものに転用していますがここまで気にしていなかったけど妙な所でのこだわりってあるんですね。

占いは私もあまり気にはしていないし見ない方なので無縁だと言いつつも少々気になる事はあります。
2014年04月27日 23:19
私は大凶を気にするってか
イベント風で退乗っかてみたい方かな?
ボロ布は~ 不便だから切っちゃうけどさ(^^ゞ
キーブー
2014年04月28日 21:17
竜バンライターさん、こんばんは
竜バンライターさんも、ボロ布を使い捨て雑巾にしてますか。あれ、便利ですよね。
占い、私は興味津々で見ます。んで、けっこう忘れちゃいます(笑)
事故に注意、なんてあったら、散歩のときなど気を付けますが、だからといって外出をやめるとまではいかないです。日常生活に支障が出るようだとアウトですよね。
キーブー
2014年04月28日 21:20
まるおおさん、こんばんは
おみくじ、正月にひいて大凶だったらイヤだよね~
大凶や凶って、ひきあてたことはないけど、最近はおみくじ自体をひかないかな^^;
今んとこ、私が翻弄されてるのはボロ布裁断についてだけなんだけどね(笑)
なんなんだろ・・・やっぱ気になるんだよねえ
2014年04月29日 13:55
あははは。その昔、ぼくの姉がやはり日めくりに「占いは凶」と書いてあったのを見て、わざわざ神社におみくじ引きに行ったことがありました。そうしたら、ほんとうに「凶」を引き当てて、慌てて「大吉」が出るまで4つも引いたことがありました。その「凶」が出た時、姉が震えながら「ひぇーーー」って叫んだのを思い出しました。
キーブー
2014年04月29日 17:34
ごろーさん、こんにちは
ひええ~~
以前、テレビで見た怪談で、同じような話があったんですよね。
神社でおみくじをひいて大凶だったので、ひきなおしたところ、なんとその後3回続けて大凶が出たという話。
で、その人はそれから数日後にさらに怖い目に遭うのだけど・・・って。あれれ、詳しい話を忘れちゃってますわ(笑)
まあ、そんな話もあって、神社のおみくじにはちょっと恐怖を感じている私。お姉さまはホント怖かっただろうなあ。私なら「ひええ~~」って叫んだあと、倒れちゃってるかもしれません(^O^)
2014年05月01日 13:08
この日めくりカレンダー、
面白い事が書いてありますネ。
武器をつくり… 衣類裁断 大凶 …
何だか今の時代に合っていなうような。
武器を作り…は、今の時代に例えて
考えれば良いのかな…?
古着等のボロ布、我家でも重宝しています。
便利ですネ♪
以前、いとこが占いにハマってしまい大変
でした 今日は方角が悪いから
行かない、やらない、…、
親戚を巻き込み結構大変な事になりました。
我が身に何かが起きると、すがりたく
なすのですネ。今はもう大丈夫ですけど。
でも、大変だったな~。
キーブー
2014年05月01日 22:47
まさちよさん、こんばんは
そうですね。「武器を作り髪をすく」って、私は、弥生時代の風景が頭に浮かんだりします。木を削って槍を作ったりとか。まあでもその頃はまだ暦ってなかったんでしょうから、もう少し後の時代でしょうけど(笑)
あらら、いとこの方が占いにハマりましたか~
それでも今は、そこから抜けられたんですね。よかったですね。そんなときに変な宗教につかまったりしなくて幸いでした^^;

この記事へのトラックバック