無事、生還。




いろいろとご心配をおかけいたしましたが、なんとか生還することができ
ました(^O^)

皆さまには、たくさんの温かいコメントやメッセージをいただき、本当に
ありがとうございました。



それにしても。

最近よく聞く腹腔鏡手術。

聞きしに勝る、すぐれたものでありますね


手術の翌日にはもう、立って歩けと言われましたが(鬼?^^;)


麻酔後の吐き気さえなければ、たぶんそんなにつらいことでもなかったかと
思います。

私の場合は、おまけに術後すぐに少し発熱もあり、しんどかったですけどね


お腹に穴が4カ所開けられ(そのうちのひとつはヘソです)、どれも術後は
簡単にテープが貼られておりました(笑)


麻酔も、手術室に入って口にマスクをはめられ すぐにそれっぽい臭いが
しはじめたと思ったその後からもう記憶がなく、気が付けば病室に戻って
きていたし^^;

ただ、こぶたたちに訊くと、手術が長引いてえらく心配したのだとか。


2時間ほども遅れて戻ってきたので、こぶた2号は、これはきっと何か突発的
なことが起こって急きょ開腹手術になったんだろうと覚悟していたらしいの
ですが。

あとで説明を聞くとそうではなくて、たんに癒着が激しくて、それを剥がすのに
時間をくってしまったのだそうです^^;

意識が戻ったときにこぶたたちが泣いていたので、いったい何が起こったのか
と驚き、ビビッてしまいましたが(笑)

顛末を聞いて、なんじゃそらと思いました^^;


「麻酔から覚めるなりアンタらが泣いてたからびっくりしたわ。怖いっちゅう
ねん」
と言ったら、
「だって・・・よったんより後に手術室に入った人が先に出てきたリしてたから
さあ。ほんで、事前に先生が『何かあったら開腹手術に切り替えることもあり
ますので』って言うてはったから、すごい心配しててん。途中経過の説明とか
もまったくなかったしな」
こぶた2号が苦笑いしつつそう言ってましたが。

まあ、癒着した患部を剥がすのに手間取った以外は、どうということのない
ありふれた手術だったみたいです(笑)


ま、それはいいとして。



私の入院経験といえば、お産のときと、その後1回だけ、30代のときに
ごく短期なものがあるのですが。

そのどちらも、患者さんたちはベッドまわりのカーテンを着替え以外のときは
開け放っていて、朝の挨拶や軽い雑談などしていた記憶があります。


今回は4人部屋だったのですが、まず部屋へ入るなり目に入ったのは、
あちこちで揺れているカーテン。

どの人もベッドまわりのカーテンをぴっちりと閉めていて、個室感覚で
いるみたいなんですよね。

たまたまそこから出たときに顔を合わせれば軽く会釈か挨拶くらいはします
が、それ以外は誰もムダ口をきくことなく、シーンとしていました。


まあそれも、術後のしんどいなかではかえってありがたく、気を遣わなくて
よかったのですが。


いかんせん、隣の部屋はそれとは正反対のにぎやかさ(笑)

そこそこ長期の入院の方ばかりが集められた部屋のようで、そこでは1日中、
お喋りと高笑いの声が響いておりました^^;



入院当日は、まず、私を含むその日入院の人たちに、談話室のようなところ
で説明があったのですが。

その間も、「どわっはっはっ!」というすごい笑い声とお喋りがずっと聞こえて
いて、思わずこぶた2号と顔を見合わせた私。

あとで聞いたところによると、説明を受けていた人のひとりが看護師さんに、
「とっても楽しそうねえ」
と笑いながら言ったところ、看護師さんも苦笑いしていたのだとか。


まあでも、隣の部屋のことだし、私は暇なときはほぼ読書していたので、
そのお喋りもあまり耳には入って来ませんでしたが。

出来る限りのお休みをとって付き添ってくれていたこぶた2号によると、
その人たちの中のボスっぽい人は、手術を受けたのはかなり前で、今回は
ただたんに血液検査の結果、ひとつだけ異様に高い数値があってそれが
下がらないため、経過観察の入院だったとかで、だからまた元気だったらしい
んですよね(笑)


「ふーん。アンタ、そんなことまで聞いてたんかいな」
と笑ったら、
「別に聞いてたわけちゃう。この部屋に座ってたかて、イヤでも一部始終
きこえてくるやん、あの大声やったら」
憮然としてそう言ったこぶた2号。

さらに、
「そんでもあれはないと思うわ。スタッフ、なんで注意せんのやろ。うちの病院
やったら、やんわりでも注意しに行くとこやけどな」
などとも言っておられましたが。


うん。

私は、経過も順調だったので大して苦にはなりませんでしたが。

それでも、消灯時間を過ぎてからも響くお喋りには、正直うんざりもしたし。

体の具合が悪い人ばかりがいる空間なのだから、つらい思いをしている人も
いるはずなのに。


しばらくは静かだったのに、どうやらお昼寝から覚めたらしく また聞こえて
きた話し声を聞きながらそんなことを考えていたとき、ふとこんな言葉が耳に
入って来ました。

「そやね、先が見えんからね。それがね、一番。。。」


そっか。

みんなつらくて、みんな弱いんだよね。

彼女たちは彼女たちなりに、そんな状況に負けないよう、自分を鼓舞して
いるわけか。

みんなおんなじだ。


そう思ったら、ただうるさくて迷惑だからというので彼女たちを軽蔑するのは
思い上がったことであるな、などと思えてきたんですよね。


うん。
私も頑張るから、アンタたちも頑張れ。

すっかり穏やかになった心でそんなことを思いながら、眠りについた私
だったのですが。


翌朝。


いきなり耳元で聞こえた、
「ウソーッ!どわっはっはっ!」
という馬鹿笑いの声で目が覚めました。

突然 起こされたため、心臓もバクバクしてるし

え?え?
いったい、何ごと??

傷の痛みで、すぐには起き上がれないので、ただ目を開けてみたところ。


どうやら、トイレに起きた彼女たちのひとりが偶然そこでお仲間に会って、
そこでまたお喋りがはじまったよう。

時間を確認したところ、まだ早朝6時過ぎでありました(~_~;)

あーもう、と思っていたら。

隣のベッドからもため息が聞こえてき、向かいのベッドからは腹立ち紛れ
なのか、荒いしぐさで布団をかぶりなおす物音が聞こえてきました。


うん。

みんな頑張って生きておるのだし、それはあーたたちも同じだと理解はした
けれども。


できれば、早朝くらいはもう少し静かにしておくれ!


・・・っていうか。

私が入院した期間だけでも、彼女たちはずーーっと毎日、朝から晩まで
お喋りをしていましたが。

いったい、何をあんなに話すことがあるのか。

よく話の種が尽きないなあと、思ったりもしたのでした(笑)



というわけで。

とりあえず、今回は無事帰還のご報告と御礼まで、と思ったのですが。

やっぱり、長くなってしまいましたね^^;


この入院に際しては、ただひとつだけ期待していたことというか、楽しみ
にしていたことがあったのですが。

そのことについての顛末は、また次回に





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年10月01日 20:55
キーブーさん、退院おめでとうございました。
メチャ、速かったじゃないですか…。
ま、入院生活はいろいろありますよね。
でも、大したことなくてよかった、よかった。
2014年10月02日 00:17
 おかえり~
無事生還 おめでとうです
自分しか分からない 大変さもあるでしょうけど
とりあえずヨカッタ~
うれしいで~す 

ameneko
2014年10月02日 01:40
>ただひとつだけ期待していたことというか
体重減量かな
若い先生とのであい
何だろう

無事、退院できてよかったわね
心配してたのよ
本当よ
2014年10月02日 02:45
無事の生還、おめでとうございます。
よかった!よかった!
最近は、癌の手術でも翌日には無理やりにでも歩かされますね。
オフクロの時がそうでした。
その方が、回復が早いようです。
期待していたこと・・・なんでしょうね?
楽しみにしてます。
2014年10月02日 07:07
1年前は開腹手術それも局所麻酔でし
た。すべて実況されながら。アゴが腫
れてここも手術。今年の2月には両眼
の白内障手術で2回に分けてしました。
来年こそは何もないように私は祈るば
かりです。 それにしても良かったで
すね。術前はきっと心配されたのでし
ょうね。誰だって万一を考えますから。
お大事に。
ひまわり
2014年10月02日 07:25
キーブーさんお帰りなさい。
TPOをわきまえるって大事なことですよね。
体力が戻るまではしんどいでしょうが
ゆっくり休んでください。
2014年10月02日 10:13
キープーさん 無事に退院できてよかったね。おめでとうございます。
今の手術はそういうものなんだ!!4箇所に穴を開けて、患部だけを抜き取る・・・・。
もう26年も前のことになりますが、私のときは完全に開腹されました。
しかも、ICUに1週間入れられました。
でも、痛いと感じることはなかったなあ・・・まあとにかく、キープーさん、おめでとうさん!!

おしゃべりは女の特技、男の病室では考えられない光景ですね。「おしゃべりしたかったら面談室でやれ!」ですよ。
2014年10月02日 12:14
おかえりなさ~い。
お腹、4つ開けたんですね。
私は2つで、1つはやっぱりおへそでした。
残り1カ所も痕が少し残ってますが、ほとんど目立ちません。
おかげで、温泉入る時も人目が気にならないし。
ホント、最近の技術はスゴイです。
とにもかくにも、無事の退院、おめでとうございます。
ゆっくり養生してくださいね。
2014年10月02日 21:24
無事に退院おめでとうございます

今の手術は、腹部を開けずに行うというのは技術の進歩を感じてしまいそうです。

入院期間中は、いろんな方が見えたりとさまざまな状況
しかし、早朝時間帯に笑い声で起こされてしまうとは…

少しは周りの方に対して気を使ってくれればいいのになんて思っているほどでしょうね。

まずは、ゆっくり養生して体も万全に回復させましょう
koko
2014年10月03日 00:17
退院おめでとうございます(*^◯^*)
いや~心配しました~
痛かったでしょう(T . T)
なにより不安だったのでは(>_<)
とにかく、無事で良かったです。

病室の馬鹿騒ぎも天使の声…とは思えないですよね~
昨年は、友人の子宮癌の手術の立ち会いをしましたが、病室は夜間静かだったそうです。
私も毎日通いましたが日中も静かでした。
面会の方は、病室では小声で話したり、談話室を利用したり廊下へ出たりしてましたよ。

更なる快復を願っています(*^_^*)
無事退院、本当に良かった♪

キーブー
2014年10月03日 15:50
ごろーさん、こんにちは
ありがとうございます(*^_^*)
術後すぐは傷も痛んで身動きもままなりませんでしたが、日一日と目に見えてラクになってきました。順調に恢復しております
この調子で、ゆっくりと体力回復に努めて行こうと思ってます。
キーブー
2014年10月03日 15:53
アメネコさん、こんにちは
はい、ただいまです(*^_^*)
アメネコさんにも、いろいろとご心配いただきました。ホントにありがとうございます
とりあえずは家事からはじめて、じっくりと体力をつけていこうと思ってます。
キーブー
2014年10月03日 15:56
もうヘトヘトさん、こんにちは
体重は、さすがに減少しましたよ♪・・・1キロほどだけど(笑)
若い先生との出会い。こちらには何の異存もないけれど、あちらに大ありかと(自爆)
ご心配いただき、ありがとうございます(*^_^*)
今日は午後から近くに買い物に出てみたのですが、しんどくはなかったけどありえないくらい汗だくになりました(笑)
キーブー
2014年10月03日 16:00
ねこのひげさん、こんにちは
ありがとうございます(*^_^*)
あら!ガンの手術でも翌日から歩かされますか~
私の場合は良性腫瘍でしたが、それでも直径6,5㎝もあったんですよ。たった1年で、びっくりするほど大きくなってしまって
期待していたことは・・・まあ、いいオトナがこんなこと言っては笑われるってたぐいのことなんですが(笑)
私のことなんで、皆さんもう多めに見て下さると思います。お楽しみに(自爆)
キーブー
2014年10月03日 16:03
ひまわりさん、こんにちは
はい、ただいまです
ご心配いただき、ありがとうございます。
あんなに賑やかな病棟って、入院でもお見舞いでも初めてでした。まあ皆さん、いろいろと抱えておられるものもあるだろうし、って、私に似合わず仏心をいだいたのもつかの間のことでありましたが(笑)
ぼちぼち、家事から始めてゆっくり体力回復につとめたいと思います(*^_^*)
キーブー
2014年10月03日 16:35
あきさん、こんにちは
はい、ありがとうございます(*^_^*)
本当は穴をあけるのは3ヵ所の予定だったのだそうですが、なかなか患部が剥がれなくて仕方なくもう1カ所開けたのだそうです(~_~;)
手術の翌日、麻酔のせいで気分も悪かったのですが、起き上がって立つように言われました。オニかと思いました(笑)
おしゃべりしてたヒトたち、面談室のようなところへも行っていたのですが・・・ここの面談室はオープンタイプでドアなしだったので、うるささはほぼ同じでありました^^;
でもホント、早朝と消灯後くらいは、静かにすべきでしょうね。彼女たちの部屋から遠い部屋に移った患者さんもいたようだし。

キーブー
2014年10月03日 16:42
はぎさん、こんにちは
順番を飛ばしてしまいました。すみません
はぎさんは、このところ手術づいておられるのですね。局所麻酔で実況つき・・・それは遠慮したいなあ
白内障も、いずれは確実にくるだろうし・・・今でも、なんだか妙に目がちらついたりすることが多くて、戦々恐々です。想像するだにオソロシイ
はい。簡単な手術とはいえ、全身麻酔ですもんね。いろいろ考えましたが・・・まあ考えたぶん何か役立つならまだしも、心配するだけムダですもんね。最後は開き直ってました(笑)
ありがとうございます。無理せず、極力養生していきたいと思ってます
キーブー
2014年10月03日 16:46
あずきねこさん、こんにちは
はい、ただいまです~
あら、あずきねこさんのときは2カ所だけですか。私の半分ですね。もっとたくさん開ける人もいるのかなあ?^^;
傷口はホント、小さいですもんね。これならきっと目立たないかも。でも目立ったところで今さら・・・なんて思ってたけど、そっか、温泉とかありますよね(笑)
ありがとうございます(*^_^*)
ムリせず気長に養生していきたいと思います。今日もちょっとだけ外へ出てみましたが、体力の低下を実感しました。。。
キーブー
2014年10月03日 16:50
竜バンライターさん、こんにちは
はい、ありがとうございます(*^_^*)
そうですね。病棟なんだから、みんなしんどい人ばかりなんだし・・・せめて早朝と消灯後くらいは静かにするべきでしょうね^^;
傷ももう今はほとんど傷まないし、けっこうフツーに動けるようになったので、今日はちょっとばかし買い物に出てみたのですが。
やっぱ、疲れ方が違いますね。汗だくになってしまったし。焦らずじっくりやらないとダメだなあと思いました^^;
キーブー
2014年10月03日 16:56
kokoさん、こんにちは
ご心配をおかけしました。なんとか無事にすんでホッとしてます^^;
痛みは、術前も手術中もなかったのですが・・・やっぱり術後はちょっと痛かったですね。吐き気もあったりしたし。
私も、こんなに賑やかな病棟は初めてで驚きました。でもまあ、あのヒトたちにしたって、不安と闘っているのだなあと思ったりしたことでしたが。。。
ありがとうございます。おっしゃるとおり、更なる回復を目指して、無理せずに少しずつ体を動かして行こうと思ってます(*^_^*)
2014年10月04日 18:11
ホッ!
2014年10月04日 20:12
無事退院おめでとうございます♪
やっぱり全身麻酔の手術は心配ですし、無事に済んで何よりです。
お疲れ様でした。
病院生活、なかなか大変だったようですね。
これからもゆっくり養生してくださいね。
キーブー
2014年10月05日 14:19
seiziさん、こんにちは
ご心配をおかけいたしましたが、もう大丈夫です
またよろしく、お付き合い下さいませ(^O^)
キーブー
2014年10月05日 14:22
ミルテさん、こんにちは
ありがとうございます(*^_^*)
はい。全身麻酔って、けっこうリスクが高いですもんね。終わるまではやっぱり心配でありました^^;
家に帰ってきて、すんごく静かなのにホッとしました(笑)
静けさって、ホント何ものにも替えがたいなあとつくづく思いました(笑)
2014年10月20日 19:04
大変大変遅ればせながら…。汗
退院おめでとうございます。良かったです。
予定時間より長いと心配になりますね。
でも良かった良かった。無理しないで下さいね。

私も数年前、虫垂炎で入院したのですが
発見が遅れて入院が一ヶ月にもなって
しまいました。だから術後もなかなか…。
だから他室からの声が気になってダメでした。
こんな元気な方がいたら部屋を変えて
もらっていたと思います。汗
あと先生のスリッパ、ペタペタと歩く
先生がいてその音が…。
体調の悪い時は気になります…。
何時もは違いのですよ。笑
キーブー
2014年10月21日 16:13
まさちよさん、こんにちは
こちらこそ、お手伝いに行かれたりなどお忙しいなか、コメントいただきありがとうございます(*^_^*)
虫垂炎は、手遅れになるとなかなか大変みたいですね。小学校のとき、近所の子のお父さんがそれで亡くなられてたのを思い出しました。仕事が忙しくて手術を遅らせてて、こじらせてしまったとか言ってたっけ(~_~;)
体調の悪いときは、ふだん平気なことでもしんどいですもんね。人の身になって考えるって、大切なことだと思いました。
それにしても、まさちよさんも大変な思いをされたのですね。良くなって本当によかったですね

この記事へのトラックバック