お片付けの時期になりましたね(^O^)




図書館で、またまた面白い本を見つけました

夏目♀ 著 『片付けられない女魂』



この本、表紙がすごいインパクトだったんですよね。

片付ける前の、著者の部屋の写真が表紙になっているのですが。

それがもう、まさに典型的な汚部屋

床が見えないほどに散らかってるのはもちろん、その散らかってるモノの上
に乱雑に積み重ねられた布団がいまにも落ちてきそうだし(~_~;)



それはさておき、まずは著者の紹介からいきますと。

仕事に遊びに呑みにと、フツーにアクティブな30代の独身女性で、
実家住まい。

10年ほど前に母親を亡くしており、姉は嫁にいったので、4LDKのマンション
に父親と一緒に暮らしています。


リビングなどの父親との共用スペースは普通に片付いているのですが、
もともと自分の部屋だった4畳半と姉の部屋だった8畳を使っていて、そこが
汚部屋になってしまっているのですね。

そんなある日、ふと思い立って部屋を片付ける決心をし、その経過をブログに
綴ったのが、今回の本になったというわけ。


それにしても。

妙齢女性である娘のこの生活ぶりを見て、お父さんは何にも言わなかったの
かなあと思ったのですが。

言わなかったみたいですね、これが(笑)


それどころか、このお父さんもなかなかの変人ぶりで、片付け始めた娘が
ゴミを出し忘れたので、勤務先から、マンションのゴミ置き場に出してきて
ほしいと電話したのですが。

お父さんの第一声は、
「ん~・・・外、雨降ってるよね」

雨は降っていても、マンションのゴミ置き場まではまったく濡れずに行ける
らしいのですが(笑)

娘が、下出に下出に出てゴミ出しをお願いするも、うんとは言わない父親^^;

このお父さんには、そこで怒っても仕方ないのだそうで、娘は百歩譲って、
せめてベランダに出しておくように頼むのですが。

ベランダに出るのさえめんどくさいと思ったお父さんは、なんとそのゴミ袋を、
風呂場にツッコんでしまうのですね(爆)


著者が帰宅したときには、使用済みの風呂の湯気でいい具合に蒸らされて
発酵したゴミの臭いが風呂場に充満していたのだとか


そんなふうに、父親が非協力的とまでは言わないまでも積極的に助けて
くれるわけではないので、全部自分ひとりでやらざるを得ず、十年のあいだ
貯めこんだモノの多さに ときとして挫折しそうになったりもするのですが。

でも、著者はこんなふうに考えて、気力を振り絞るのですね。


自分の強い意志や血の滲むような努力が一瞬で無になる時がある。
無にしなければいけない時がある。
歯を食いしばって涙を堪えて諦めなくてはいけない時がある。
だから。
自分の部屋にいる時ぐらいは諦めないでいようと、自分の意志と努力だけで
どうにでもできることなのだから、諦めないで片付け続けようと、最近強く
思っている。


なんというか・・・やればできる子?(爆)

いやホント。

たぶん、モノを溜めこみ始めた時期がちょうどお母さんを亡くした時期と
重なっていることもあり、きっといろいろしんどいことがあって、ギリギリな
精神状態で頑張っていたんだろうなあ。

三十路に入り、心の整理も段々についてきたところで、片付けようという気力
が湧いてきたのだなあと思い、心のなかで応援しつつ読んでおりました

それはいいのだけど。

途中、私がひそかに危惧していたことがあったのですが。

はい。
やはり、汚部屋ならではの虫が姿を現すのでありますね

その名も、ヒメカツオブシムシ。

幼虫は、まんま小型のウジでありました(~_~;)

ひー

これはさすがに、私は見たことなかったですが。

著者の部屋では、その数はまだ少なかったのですが、本格的な汚部屋とも
なると大発生していたりもするのだそうですよ(~_~;)


さて、そんなこんなを乗り越え。

彼女は、ほぼ1年近くを掛けて、仕事と両立しつつ頑張って片づけを
やり遂げるのでありますね


その後に綴られた『おわりに』と題された後書きを読んだとき、意外な事実に
不覚にも涙が出そうになりました。

お姉さんの部屋であった8畳間を片付けているときに、そのお姉さんの荷物
がたくさん出て来るシーンがあり、著者もそれを淡々と片付けていたので
ありますが。

実は、お姉さんも亡くなっていたのですね。

お母さんが亡くなったあと、嫁いだお姉さんが発病し、子どもを生んだら命を
縮めることになるにもかかわらず出産をしたのですが。

無事に女の子を生んだものの、そのあと何年も経たずに亡くなったのだとか。

亡くなる直前の一年間は、著者はお姉さんにつきっきりだったそう。

だから、お父さんもあえて何も言わずに、黙って娘を見守っておられたの
ですね。

腑に落ちると同時に、それらのつらい体験を乗り越えて生きてこられた著者に
共感を覚えるとともに、娘を持つ母親としては、抱きしめてあげたい気持ちで
いっぱいになりました。

彼女の勇気と健闘に、心からの称賛を送りたいと思います。

いやあ、強いなあ(*^_^*)

そして・・・面白い!(^O^)



片付けられない女魂
扶桑社
夏目♀

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 片付けられない女魂 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 20

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2014年12月21日 10:50
最後にホロッとさせられますね・・・・片づけられない娘・・・・我が家のもいたなあ・・・・嫁に行って子供が3人もできて、子育てにアップアップしているようだけど、果たして目覚めることがあるのやら・・・・(ためいき・・・)。
2014年12月22日 01:25
そっか~~
なんとか保ってるけど他人事じゃないのよね~~ 
なんとか片付いて本当に良かった!私は読んでないけど^^;

一時期ライブドアブログで汚部屋ビフォーアフターコンテストやってて 色々な人のビフォーアフターをハラハラしながらチェックしてたよ…
エントリーする人にならないで居れるよう頑張ろう。。。。 
 
2014年12月22日 02:14
>『片付けられない女魂』
私もですが。。。
お正月、片づけねば
あれだけゴミを捨てても片付かない
もっと捨てねば
2014年12月22日 15:06
常日頃思っていることの一つに、
気持ちが安定していないと部屋が散らかる
っていうのがあって、それって結構真理だったのかしらとおもっちゃいました。
この本も探してみます。
ひまわり
2014年12月22日 15:58
ここまでくるとさすがにほっとけない
と思いますよね。
わたしは片付ければ片付けるほど
返って何がどこいったたかわからなく
なるんです。
変でしょ⁉
雑然としてた時のほうがサッと物が
出てくる。なーんて。
言い訳がましいかもしれませんが
乱れの美学というのでしょうか
完璧に整っているより落ち着くのです。
キーブー
2014年12月22日 20:27
あきさん、こんばんは
読んでいる間、何度も爆笑したこの本ですが、最後には感動して泣きそうになりました。
私も、若い頃はけっして片付け上手とはいえませんでしたが(かなり控えめな表現ですが 笑)、結婚して子どもができると、まあなんとかなるもんです(笑)
お嬢さんも、きっと見違えるくらい立派にお母さんをなさってると思いますよ(*^_^*)
キーブー
2014年12月22日 20:32
まるおおさん、こんばんは
うん。ホント他人事じゃないよね。ちょっと何か歯車が狂ったら、誰にでもありうることだと私も思うわ~(~_~;)
そんなコンテストがあったんだ~
後で検索してみようっと♪
うん。エントリーしないでいられるよう、お互い頑張ろうね(笑)
あ、あと、私もカラーリング、行ってきたよ
妖怪白髪婆あから、めでたく人間の婆あに昇格したよ(^O^)
キーブー
2014年12月22日 20:35
もうヘトヘトさん、こんばんは
ヘトヘトさんも、お片付けが苦手でいらっしゃいますか~^^;
っていうより、ヘトヘトさんはとにかく忙しいですもんね。正月休みに入らないと、お片付けどころじゃなさそうですね
メガネは、まだ出てこないんですか~
片づけてる途中に、出てくるといいですね。
キーブー
2014年12月22日 20:39
ミルテさん、こんばんは
お忙しいなか、連投コメントありがとうございます(*^_^*)
>気持ちが安定していないと部屋が散らかる
言えてますね。部屋がとっちらかってるときって、気持ちもとっちらかってるような^^;
この本、うまく紹介しきれなかったのですが、著者がとても面白い人で、何度も爆笑ポイントがありました。お勧めの1冊ですよ(^O^)
キーブー
2014年12月22日 20:44
ひまわりさん、こんばんは
お父さんもきっとハラハラしながら見てたんでしょうけど・・・身内の死が重なったこともあり、黙って様子を見てらっしゃったんでしょうね。
ああ・・片付けすぎて、モノが行方不明になるパターンですね(笑)
私も、本などちょっと油断するとタンスの上に山積みになったりするのですが、本屋のカバーが掛かっててタイトルが見えなくても、だいたい何がどこにあるかは把握してます。そんなもんですよね(^O^)
モデルルームかホテルの部屋みたく片付いてても、リラックスできないですよね、他人の部屋みたいで。
ある程度、雑然としてる部屋の方が私も好きですね。

この記事へのトラックバック