『石の裏にも3年 キミコのダンゴ虫的日常』



まだ夏休みが始まったばかりだというのに、もうすっかり暑さに食傷気味の
今日この頃でありますが

そうはいっても、うちの近くでは、なぜかまだウグイスが鳴いていたりする
んですよね。


クマゼミの、耳を弄するばかりの鳴き声に混じるホーホケキョを 汗を
拭き拭き聞きながら、いったい今の季節はいつ?!と、一瞬あたまが真っ白
になります(~_~;)

そんでもって、台風は次から次にやって来てるし


オカシイのは天気なのか、ジブンなのか、はたまた両方か。

・・・まあたぶん、何もかもちょっとずつみんなオカシイんだろうなあ(爆)



ま、それはともかく。

こんなことを書いてるとまたあっという間に字数を費やしちゃうんで、さっさと
本題に入りたいと思います^^;


この本、いやあ、笑わせていただきました(^O^)

北大路公子著 『石の裏にも3年 キミコのダンゴ虫的日常』



この人の本は、以前に生きていてもいいかしら日記。というのを紹介
させていただいておりますが。

それがあまりに面白かったため、今後この人の本は とりあえず文庫になったら
すぐさま購入と決めております。

なので、パラパラとめくってみて既読でないことだけを確認して、すぐにレジに
持って行きました


『生きていてもいいかしら日記。』でも紹介したとおり、著者は私と同年代の
女性で、北海道で両親と同居しています。

この両親というのも、まあやっぱり この著者を育てただけあって、あちこち
から香ばしい面白味がのぞいておりますが(笑)


前回は、著者の面白さについて述べたので、今回はこの両親について
書かれている部分を重点的に紹介していきたいと思います(^O^)


まずは、隣に住む孫(著者の妹の子ども)と、お父さんの会話から。


1月4日。

「じいちゃん、櫻井くんって知ってる?」
「誰?学校の友だち?」
「友だちじゃなくてテレビとかで有名人の櫻井翔くん」
「いやあ、知らないなあ」
「じゃあ二宮くんは?二宮君もおんなじ有名人なんだけど」
「お。二宮なら知ってるよ。それならあんたよりずっと詳しいわ。じいちゃんが
子どもの時から知ってるもの」
「ほんと?じいちゃんの子どもの頃にもテレビあったの?え?え?は?
・・・金次郎って誰?」


5月3日。

トイレットペーパーを逆向きにつけてそのままの人と、食事中、使った醤油
さしをテーブルの真ん中に戻さず手元にそのまま置く人と、剥がした湿布を
そのまま風呂場に置きっぱなしにする人は、「そのまま星人」にさらわれて、
すべての物が何ひとつ元の場所に戻されることのない「そのまま星」で、
混沌に呑み込まれながら一生を送ることになりますように。
我が家からは父がいなくなるけど我慢します。


4月5日。

母、田中将大投手の大リーグ初登板試合を観ながら、
「マー君、ズボンの裾が余ってだぼだぼしてるんでしょ。かわいそうに。
アメリカ人、皆大きいからだね」
と発言、今まで誰も思いつくことのなかった大リーガーユニフォームおさがり説
を展開する。


4月25日。

登別の畜産農家から逃げ出した黒毛和牛のニュースを観た母が、
「これが本当のトン走だね」
って、惜しい!それ豚!



こういう部分だけを読むと、両親とお気楽に楽しく暮らしておられるように
思えるのですが。

そこはやっぱり両親ももうお年ですからね。

あちこち体にも不具合が出てきているし、頑固になって娘の言うことも
なかなか聞いてくれなくなっていたり^^;

とくにお父さんは、医師から塩分や糖分をなるたけ控えるように注意を受け
ているにもかかわらず、梅干は塩分を補って余りあるスーパー成分がある
からというので、毎食梅干を食べようとするのですね。


それだけではなく、
「醤油は塩ではないから塩分ゼロ」
「餅は肉でも魚でもないから野菜」
「果物はさっぱりしているからいくら食べても虫歯にならない」
などの、独自の栄養論をお持ちなのだとか^^;

そして、喘息の持病もあるお父さんが、冬の夜中に咳き込んでいるのを
聞いた著者が、今のうちに夜間外来に連れて行くべきなのか、明日まで
様子を見た方がいいのか、逡巡する場面もあったりするのですが。

そのとき、はっと気づいてお父さんの部屋をいきなり開けてみたところ。

著者の鋭いカンは当たっていて、お父さんは喘息の発作を起こしていたので
はなく、禁止されているお菓子を大量に自室に持ち込んで秘かに食べていて
むせたのだとわかったりする場面もありました(笑)

家族の制止を振り切ってゴルフに出かけて家庭内温度を著しく下げたりも
するお父さん^^;

いやはや、たいへんでありますが。


『北の国から』の再放送を見ながらの食事中にいきなり激しく食べものに
むせたこともあったようで、このときは10分以上にわたって大々的に咳き
込み、さらには息絶え絶えに何かを必死で訴えてくるので、一体なにごとか
と耳をそばだててみたところ、お父さんは震える指でテレビの笠智衆を
指さして、
「た、確か・・・この人もう死んだよな」
とおっしゃったのだそうで(笑)

あんたが今死にそう!との著者のきついツッコミが入っておりました(^O^)



著者自身も、私と同年代ということで、最近私が経験した、声がゲイバーの
ママ化したりする喉の異常や、いきなり腕に激痛が走って使いものにならなく
なるなど(早い話が五十肩)、あれまあそれもこれも一緒だ おんなじだよう、
って思わずハグしたくなるほどの共通点が(笑)


しかも著者はそのあいまに両親を病院に連れて行ったり、雪掻きしたり、
ごはんを拵えたり、ですからね。

呑みにもしょっちゅう行っておられますが、それくらいは許されるのじゃないか
と思ったりもしました(笑)


だって、お父さんを病院に連れて行ったときなど、看護師さんに、
「奥さんもご一緒にどうぞ」
なんて手招きされたりするような惨事にも遭っているし(爆)

このまま後期高齢者の妻として生きていくのか・・・などと、心に大きな
ダメージを負っておられたのがとても痛ましかったです(笑)


あと、冬になると、「寒い」「雪掻き」「うんざり」などの言葉がしょっちゅう
出てくるし。

北海道・・・想像以上に大変なところなのだなあと思ったことでありました。



ほかにも、著者自身の行動などで面白いところもたくさんあったのですが。

長くなるので、それはまた次回にでも。


新刊、早く出ないかなあ(^O^)




石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常 (集英社文庫)
集英社
2015-06-25
北大路 公子

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 石の裏にも三年 キミコのダンゴ虫的日常 (集英社文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 31

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年07月25日 00:32
いつものことながら、笑わせて頂きました

私も先日面白い本を電車の中で読んで笑いを堪えるのが大変
2015年07月25日 05:22
う~ん…この作者…どうも私と「同じ匂い」がする…(笑)今度読んでみます!(古本屋にあるかなぁ~?)
2015年07月25日 09:45
や、やっぱりウグイス
鳴いてるよね たまに

家族誰も信じてくれない
自分自身もえ?って耳を疑ったくらいでしたけど

やっぱりいますよねー。

って、食いつくのはそこかいって?
まー、許して。
2015年07月25日 11:33
面白い人がいるものですね。目の付け所が違うような気がします・・・・そして、「これっておれの家のことじゃないのか??」って思ったりして・・・笑い事ではないぞ・・・!!
2015年07月25日 21:09
そのまま星人へ連れ去られないよーに、気をつけて欲しいっす!我が家の旦那&次男坊!!
脱いだ服も靴下もそのまま、怪我して巻いてたバンドエイドを剥がして風呂の縁にそのまま、食べ終わった食器はせめてシンクへと言ってもそのまま、、、極めつけはトイレの換気スイッチ入れたらそのまま!!暫く時間経ったら、スイッチ入れた奴が消せ~って。まだまだなんぼでもあるけど、キリが無いのでこの辺で(笑)
( ̄~ ̄;)
2015年07月26日 16:19
多分 キーブーさんもわたしも オカシクないと思われます 天気がオカシイと思われます ハイ
キーブー
2015年07月26日 17:56
もうヘトヘトさん、こんにちは
電車で、この手の本を読むのはホント危険ですね^^;
私も、三浦しをんさんのエッセイを読みかけて、半ページも読まないうちに慌てて閉じたことがあったっけ(笑)
昨今、不審者が多く出没するなか、人さまを怖がらせては申しわけないですからね(^^ゞ
キーブー
2015年07月26日 17:58
まだこもよさん、こんにちは
同じ匂いがするのは、著者?それとも、お父さんのほう??(^O^)
文庫本になったばかりなので、古本屋にあるかなあ・・・図書館で予約してみてもいいかもしれませんね
キーブー
2015年07月26日 18:04
らん太郎。さん、こんにちは
ウグイス、らん太郎さんちでも鳴いてますか~
はい。しっかり鳴いてますよ。こないだなんて、ホーホケキョだけじゃなくて、ケキョケキョケキョ・・・、って、すんごく上手に鳴いてました。思わず心のなかで「うまいッ!」って声を掛けたくらい(笑)
あら、ご家族が信じてくれない??・・それは普段の行いが災いしているのかもしれませんよ~~(笑)
キーブー
2015年07月26日 18:07
あきさん、こんにちは
まだこもよさんに続き、あきさんもですか~
あと、このお父さんは、「超」がつくほどの餅好きなんだそう。正月前には店の人も驚くくらいの量のお餅を買ってきて、ほぼひとりで食べきるんだそうですよ。あきさんも、お餅、お好きですか?(^O^)
キーブー
2015年07月26日 18:19
うきさん、こんにちは
ダンナや子どもなどというのは、ほぼみんな「そのまま星人」に連れ去られても文句が言えないほどの やりっ放し天国にお住いの方が多いですよね(笑)
風呂場に剥がしたバンドエイドが置いてあることほどイラッとすることはないですもんね(笑)あと、ヘアピンと。
ヘアピンを洗面所の陶器に置きっぱにすると錆びの跡が残るから、ってあれほど口を酸っぱくして言ってるのに・・・もうホント、混沌に呑み込まれてまえ!って思っちゃいますけど・・・でも混沌に呑み込まれてるのは散らかした本人じゃなく、怒りながら片付けるこちらの方なんですけどね(~_~;)
ご本人はいつも涼しい顔をしておられます。。。
キーブー
2015年07月26日 18:19
seiziさん、こんにちは
天気、オカシイですよね(~_~;)
そんでもって、ウグイスがいまだに鳴いてるし・・・seiziさんちのうぐいす太郎くんも、まだそこにいるのかなあ(笑)
ひまわり
2015年07月27日 09:13
そのまま星人オモシロイですねw
歳をとると頑固になり人のいう事
聴かなくなるのは当たってる気がします。
丸くなる人もいるといいますが…
私は正義感が強いのとすぐ感情移入
してしまう自分に疲れます(~ ~;)


キーブー
2015年07月27日 18:43
ひまわりさん、こんにちは
そのまま星人、連行する人が多すぎて、大忙しかも(笑)
そうですね。私も、年を取るたびに頑なになっていってるのかな、なんて感じることも。その反面、どーでもいいや、って思うことも多くなってるんですけどね(^O^)
感情移入は、ありますね~
余りにも悲惨な事件など、テレビでやりはじめるとすぐにチャンネルをかえてしまいます。そんないい人じゃなかったはずなんだけどな^^;

2015年08月04日 22:09
長期出張先でもうぐいす鳴いてます!
いつまで鳴くの?って思いつつ毎朝過ごしてるんですが、うぐいすっていつまで鳴くの????
それすら知らないと気がついたときの脱力感といったらw
この本も面白そうですね。
本当に翻訳物しかよんでなかったなぁと思うわけです。
図書館行ったら探しまーす♪
キーブー
2015年08月05日 23:43
ミルテさん、こんばんは
あら、ミルテさんもウグイスの鳴き声を聞いておられるのですね
そうなんですよ。ウグイスっていつ頃まで鳴くんだっけ?って考えてみたものの・・花札にも、梅とウグイスの絵があることからすると、やっぱり春、それも早春じゃないかと思うんですけどね。違うのかなあ^^;
この本、笑いのツボがたくさんあって、とっても面白かったです。寝る前に読むと、笑顔で眠れますよ♪

この記事へのトラックバック

  • 最後のおでん。

    Excerpt: 最近、大幅なルール変更のあったポケモンに また新たにハマりなおして いて(笑)、図書館へ行く回数が めっきり減っている私^^; Weblog: キーブーの半径1km日常 racked: 2017-07-20 01:25