スイカの挫折。




まずは、涼をよぶ朝顔から

画像



画像




さて。

今日も早朝からすでに暑かったですね


今日も出勤の、こぶた2号のお弁当を作って送り出してから、涼しいうちに
ウォーキングをと思ったりもしたのですが。

新聞を取りに出ただけで、もうムワッとくる暑さ

こりゃどう考えても30度超えしてるなということで、大事をとってウォーキング
はやめときました^^;

途中で倒れたりしたら大変だし


ということで。

今日作ったお弁当です。

画像



連日のこの暑さだけでもくたびれますからね。

食欲が出るように、おかずも好物を中心に取り揃え、ごはんも、ただの白飯
にしないで何通りかの味が味わえるよう、ふりかけや鮭の身をほぐしたもの
や、前記事にかいたあの「穂先メンマやわらぎ」を乗っけてみたり。


そのうえに、今日はフルーツがちょっと豪華

スイカと、種なし巨峰なのですが。

どちらもスーパーの特売でしたが、とても甘くておいしかったです


で、スイカなのですが。

わが家では、実は誰も食べないので、これまで買うことがなかったんです
よね。


私も、子どもの頃はよく家で食べさせられてましたが。

いつも、そこまで おいしいと思ったことはなかったし・・何より、母に、
「白いところが出てくるまで、ちゃんと赤いところを食べきりなさい」
と口うるさく言われるのがうっとうしかったし^^;

「またこんなもったいない食べ方をして・・・もっとここ、この赤いところを
ちゃんと食べて!」
なんて言われて、食べ終わったスイカの皿が戻されてくることも(笑)


こぶたたちも、子どもの頃からスイカを出してもそんなに喜ばなかったので、
いつのまにか うちはスイカを食べない家になってしまっていたのでしたが。


そんなある日。

暑い盛りに用足しに出掛けて、その帰りにスーパーに寄ったのですが。

全身汗びっしょりで、顔もあまりの暑さに真っ赤っか

早くおうちに帰って冷たい麦茶を飲みたいよう、なんて心で泣きながら(笑)、
カートにカゴをセットして、いざ買い回らん、と1歩を踏み出したところ。

店頭で、スイカの試食販売をやっておりました。


この試食販売というもの、私はあまり手を出しません。

気取ってそうするんではなくて、ギョーザにしろ何にしろ、ひと口食べたら
ゼッタイお茶が欲しくなってしまうんですよね。

あとで喉が渇くし、口の中もまずくなるし。

どうぞ、と差し出されても、軽く笑顔で会釈だけして通り過ぎるのが常なの
ですが。


この日は、MAXに喉が渇いていたうえ、若いかわいい女の子がニッコリ
笑って、
「どうぞ。おいしいですよ♪」
と、楊枝に挿したスイカの一切れを、ほぼ口元に差し出してきたんですよね。

それを無下にするのも気の毒だったし・・・まあ喉も乾いてるし、スイカなんて
水みたいなもんだからちょうどいいか、なんて思って、受け取って食べてみた
ところ。

お、おいしーーい!


いやもう、甘露とはこのことかいな、って思いましたよ(笑)

そこで、8分の1カットの298円也を、衝動的にカゴに入れたのでありました



その日の夜、こぶたたちに顛末を話して、
「まあ食べてみ。すんごくおいしいから」
とすすめたのだけど。

どちらも、テレビに気を取られてたりお菓子を食べたりしてて、スイカに手を
出さないんですよね(~_~;)

「おいしいよ。いらんの?」
と訊いてみても、
「う~ん・・・いらんかな?」
なんて、煮え切らない返事だけが返ってくるし。

このとき買ったスイカは、結局 数日かけて私の胃袋におさまったのでしたが。


そうだ、お弁当に入れたら、このおいしさに開眼するかも。

そう思いついて、巨峰と一緒にもたせたわけでありますね



帰宅後。

お弁当箱を流しに出していたこぶた2号に、
「どうやった?スイカ、案外おいしかったやろ」
と訊いたところ。

「そうでもなかったわ。あたしスイカはやっぱりあんまり好きじゃないし。
あのシャリッとしてる独特の食感もイヤやねんな。ほら、高いリンゴとか
があんなふうに粒立ってる感じやん。ああいうのがアカンのやと思う」

えええ~・・・マジですかあ

がっかりする私を尻目に、それからさあ、となおも続くクレーム(~_~;)

「巨峰は好きやから、フタを開けた瞬間おっ♪って思って楽しみに食後に
食べてんけどさ・・・スイカの粒々がまつわりついてて、おいしさ半減やった」


はああ??(~_~;)


「まっ、おかずはおいしかったよ。でも、スイカはもう勘弁してな」

それだけ言って、風呂場に消えたこぶた2号。

・・・そうですか(~_~;)


ま、今後スイカを買ったら、それはすべて私のものだということですね(笑)




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 27

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

2015年08月09日 07:50
ははは~、うちと一緒だ。
わが家も、娘たちがスイカは両方とも嫌いで、初ものとか言って喜ぶのはぼくくらいのものです。
わが家も結構いろいろ面倒で、上の娘は、きゅうりとスイカ、下の娘は、かぼちゃとメロンだったかが嫌いです。
二人とも、いまは嫁いでいますから、わがまま言い放題ではないと思いますが、どうですか。
2015年08月09日 16:36
甘いスイカは美味しいけどね。子供のころはよく食べた・・・塩を振りかけると甘さに深みが出るんですよ・・・キープーさんと同じことをお袋によく言われたもんだっけ・・・おまけに、スイカは腎臓の薬だよ!!なんてね。
そのころは腎臓ってなにするもんだ??てなもんでした。
2015年08月09日 20:48
ウチも同じで
ケメしかスイカ食べません

息子たち二人も、自分も
子供の頃のプールやスイカ割りの写真
他の子供がガブッと行ったスイカを片手にイェーイとかやってるのに、我々3人のそれは三角のままユウウツそうにしてる表情ばかり
よって
スイカはケメのひとり占めって感じです
2015年08月10日 09:43
私は、毎日のように小玉スイカを買っているけど
スイカがなかった、日本に夏がない
スイカ好きだけど、嫌いな人がいるのね
子供の頃、スイカの種を食べたらおへそから目が出てくると言われてスイカの種飲みこんで毎日、おへそをチェックしていた
今は、種ごと食べています
キーブー
2015年08月10日 17:14
ごろーさん、こんにちは
ああ、メロンは、うちも3人とも苦手です。高価なものなのでキライで まあよかったかなと(笑)
鰻も、私しか食べないので買ったら全部ノルマになってしまうし
みんなが好きで、取り合いをしなきゃいけないのも大変ですが(笑)、ひとりだけの好物のものって、結局のところガマンすることになりがちですもんね。ストレスたまりますよ、ホント^^;
キーブー
2015年08月10日 17:18
あきさん、こんばんは
塩をかけて食べる人、多いですよね。甘さが引き立つのかな?
あきさんも、お母さまから同じことを言われてましたか~(^O^)
あの白っぽい部分、甘味が少なくておいしくないと小さい頃は思ってましたが。
今になってみると、あっさりしててさほど不味くもないなあ、なんて思ったり
スイカってほぼ水分だけど、ミネラル分も多くて体にいいんだそうですね。今年は酷暑が続くせいか、ことのほかおいしく感じられますよね。体が欲してる感じで。
キーブー
2015年08月10日 17:22
らん太郎。さん、こんにちは
あら!うちとまったく同じですね(^O^)
ありましたねえ、スイカ割り。
私が小5のときの少年自然の家でもありましたが、スイカが嫌いな人にはオレンジジュースが配られてました。私ももちろんそのうちのひとりでありました
今年になってから初めてスイカのおいしさに開眼したわけですが、8分の1でも1人では多すぎるので、カットスイカにしたり、ひと切れだけのパックにしたり。
豪勢に大玉をひとつ、ぶら下げて道を歩いてみたいような気もします(笑)
キーブー
2015年08月10日 17:26
もうヘトヘトさん、こんにちは
毎日のように小玉スイカですか~
大玉と、味は変わらないのかな?小玉って、私は食べたことがないです。
種も、いちいち出していてはおいしさも半減しちゃいますよね。そう思って、少々は気にせず食べているのですが。
たまにガリッと大きな種を噛み当てたときなど、何とも言えない辛気くさいイヤ~な気分になっちゃうんですよね(笑)
2015年08月11日 12:03
我が子も兄弟揃って、スイカ嫌いです。スイカ苦手だと、メロンもキュウリもとにかく瓜系みんな嫌みたいで、、、なんでこの瑞々しい美味しさが伝わらないのか不思議だし、もどかしい~!ちなみに私はスイカもメロンも大、大、大好き♪キュウリだってカッパと競いあえるくらい好きです(笑)
2015年08月11日 17:23
スイカはあまり好きじゃないって割に耳にしますよね。
青臭いとか、カブトムシを想像するだとか理由は様々だけど。
塩ふったのなら甘み増すからそうだろう?でもあの『つぶつぶ』な感じがダメなら塩も効かないかなぁ(^^;)
あ、でもこれでイチジク同様、自分しか食べないから独りじめという楽しみが増えたじゃないですか♪キーブーさんは多分、スイカは味とかよりも子供の頃の楽しくない記憶がくっついてイメージが悪かったのが、スーパーでのオアシス効果によって良いイメージに変わったんじゃないかしら(^^)
ひまわり
2015年08月11日 19:19
あまりに暑いので惣菜が1.6倍の売り上げ
らしいですよ。
その気持ちわかりますよね。
食欲もイマイチだし…
スイカはあの食感が私も苦手なんですよね。
甘~いのは美味しいですけどね。
子供の頃はもっと食べてた記憶があります。
キーブー
2015年08月11日 22:27
うきさん、こんばんは
あら、うきさんちもですか~^^;
うきさんは好き嫌いがあまりなさそうなのに、お子さんはそうじゃないのですね。
うちもそんな感じかなあ。私だけが食べるっていうものがけっこうたくさんあります。同じものを食べて生活してきたのにって、不思議に思ったりもするんですけどね^^;
メロンは、喉にかすかに残る感じがあまり好きじゃないです。味自体はおいしいですけどね。まあ1切れあればいいかな(笑)
きゅうりはおいしいですよね。でも、カッパと競い合えるかと言われれば・・・そこまでの域には達してないかもしれません(^O^)
キーブー
2015年08月11日 22:34
miyoさん、こんばんは
お忙しいなか、連投コメントありがとうございます(*^_^*)
「あたし、カブトムシちゃうし。そこまでスイカは好きちゃうわ」って、こぶた2号も言ってましたっけ(笑)
あと、カレーの人参を私の皿によこすので叱ったら「ウサギちゃうからこんなに人参はいらん」とも(~_~;)
そう!そのイチジクなのだけど・・ここ数日、スーパーに出始めたのでぜひ食べたいのだけど。
6個入りで498円って! いちどきに6個も食べられないですよね、ひとりで。しかも、どれも熟れきってるのばかりだから、いそいで食べないと腐らせちゃうし(~_~;)
ひとりじめできるのはいいんだけど、こういう場合だと諦めるしかないし。なんだかなあ(~_~;)
うん。私のスイカに対する好悪の感情の変化についてのmiyoさんの考察は、当たっていると思います。ドンピシャ!(^O^)
キーブー
2015年08月11日 22:39
ひまわりさん、こんばんは
惣菜の売り上げ、そんなに上がってるんですね。はい、わかる気がします。うちも出来合いのもので済ませたりすることが以前より多くなってるし^^;
こぶた2号に言われてみて気づきました。スイカって、粒々してますよね、そういえば(笑)
でも、あのあっさりした甘さはいいですけどね。あと、匂いと
昔はもっとスイカが食卓に上ってましたよね。
今は、夏の食後のデザートといえば、もっと甘くておいしい冷菓子なんぞがでるのかなあ。アイスとか。
2015年08月12日 18:28
「スイカ」…に限らず…「フルーツ類」は…「貰ったら食べるモノ」と考えて…まったく買っていません!(逆に…「色々と貰える」のです!) …「スイカ」…子供の頃…暑い中 遊び回った後に 井戸水で冷したスイカを食べたが 美味しかったなぁ~!
ミルテ
2015年08月12日 20:47
わたしも大好きです、スイカ。
でも愚弟は「あれはカブトムシの食い物」といって拒否します。意味わからんw
子供のころ、スイカ畑でわってもらった、あったかーいスイカの味わすれられません。おいしかったんですよ。
それにして、スイカ、重いのに買って帰ってきてくれたのに、もったいないなぁw
キーブー
2015年08月13日 19:07
まだこもよさん、こんばんは
フルーツは貰ったら食べるもの、ですか
いいなあ、それ。そんで実際に貰い物があるのですね。うらやましい(^O^)
昔は井戸が町のあちこちにありましたよね。
小学校の頃の友だちの家にもあって、ポンプ式のだったんですけど、ポンプを押すと どんどん出てくる水の冷たかったこと!あれで冷やしたスイカはおいしかったはずなのですが・・幼かった私の心には響かなかったのか、あまり記憶がありません^^;
キーブー
2015年08月13日 19:14
ミルテさん、こんばんは
スイカといえばカブトムシ。そう連想する人って思いのほか多いんですね(^O^)
そっか。畑のとれたてのスイカはあったかいでしょうね。そういう経験がないのでわかりませんが。それで、それがおいしかったんですか。なるほど~(*^_^*)
お腹にも優しそうだし、喉が渇いてれば冷えてなくたって充分おいしいですよね。なんたってとれたてなんだし♪
スイカ、このときはカットスイカだったのでさほどの重さではありませんでしたが。
できれば1玉丸ごと買ってみたいもんでありますね

この記事へのトラックバック