喝!




最近ニュースを見ていて思ったことなのですが。


例の、民主党の小沢氏。

「一兵卒として党のために尽くす」と言っておきながら、岡田幹事長の呼び出し
にも応じず、国会審議の妨げになっているようでは情けないですよね(-_-メ)

このヒトをしゃきっとさせないことには、民主党の未来はないと言っても言い過ぎ
ではないと思うんですけどね。


中国との問題がいろいろと持ちあがっていたときも、以前にあれだけ大勢を
率いて中国入りして歓待されたはずの小沢氏なら、率先して問題解決に
乗り出してもよさそうなものを。

そういうときはおとなしくなっちゃうんですよね(-"-)

自分で自分の言動を振り返ったときに、忸怩たるものがあるはずだと思うん
ですが。

ないのかなあ。

・・・ないんでしょうね、きっと(~_~;)




あと、もうひとつ。

例の、大阪清掃局のネコババ事件。

あれも、『恥』というものを知らないのかなあ、という感じですよね(-"-)


でももし自分があの職場に配属されたとして、先輩から、これはもう代々伝わる
慣例なんだから余計なことは言わずに加われ、と言われたとして、はたして
どうするか。

敢然としてそれを断り告発することができる、と断言できるかどうか。

まあ民間会社ならともかくも、いちおう公僕ですからね。

やっぱりあれはマズイと思って仲間には加わらないだろうけど。

それでは通らないでしょうしね。

嫌気がさして辞めるか・・・でも今はこんな時代で、職を探すのはたいへんだし。


ほんとに、どうするか。

考えただけで気が重くなるような事件ですよね(>_<)


この事件とは直接の関係はないのですが、思い出したことがひとつ。

こぶたたちをかかえて、フルタイムで働いていたときのことなのですが。

市役所に用事があり、職場の同僚に頼みこんで一時間の遅刻の許可を
もらって、急いで9時になるやいなや窓口に行ったのですが。

横の窓口の職員、まだお客さんが誰も来ないからというので、席に座って
コーヒーなんぞ飲みつつ新聞を広げておられたんですよね。

足を横の椅子に乗せて、カンペキくつろぎ体勢。

朝の9時から。


民間なら、社長の前であんな恰好はできないし、遅くとも始業の10分前には
もう電話をとったりして仕事に没頭してるというのに、いったいこのヒトたちは
なんなんだ、と思ったのを覚えております



まあそれはともかく。

話を元に戻しますと。

市役所のネコババ事件では、イベントで使ったらしい着ぐるみを着たままで
川から上がったお金を山分けしていたのには、呆れるを通り越して笑っちゃい
ましたよね(~_~;)


あの着ぐるみ、その名も『ゴミは持ちカエルちゃん』だそうな(爆)

ニュースを読んでたアナウンサーが、
「今となってはブラックジョークですね」
なんて言ってましたが。


まーったく。

民主党といい、市役所といい。

日本はどうなるんでしょうね(-_-メ)






"喝!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント