子育てにも、いろんな考え方はあると思いますが。。。




いつも楽しみにしているエッセイのシリーズの最新作が出ていたので、さっそく
本屋さんで購入してきました

銀色夏生著  「相似と選択」 つれづれノート20


このシリーズももう20作目になるのですね。
まさしく光陰矢のごとし

考えてみれば、第1作目のときはまだ誕生していなかった著者の娘さんが、
高校を卒業する年齢になってるんですもんね^^;



まず、冒頭部分から。

朝、娘のカーカ(かんちゃん)の部屋に行ったら、裸にタオルケットを巻いている
のを見つけた母の銀色さんが、
ぷろに入ったの?」
と訊くところからはじまります。

カーカが、
「ぷろってなによ」
と言うのへ、なんだか風呂をぷろって言いたかった、という著者。

これを読んだときにちょっと笑ってしまいました。

というのも、私もまったくおんなじことをやっていたから。

よく、こぶたたちに、
「んじゃあ、母さん、ぷろに入ってくるから。ぷろに」
な~んて言ってます(^^ゞ

発音としては“ぷろっっ”って感じで威勢よく言うのと、2度言うのが私流
なんですけどね

・・・って、そんなことはどうでもいいですが(^^ゞ


今回、銀色家の一番の変化としては、長らく故郷の宮崎でひとり暮らしを余議
なくされていた小学生のさくくんが中学へ入学するのを機に東京へ呼びよせて、
母の銀色さんと同居することになり、反対に今まで同居していた高校生の娘の
カーカが、短大に入学したので学校近くでひとり暮らしをすることになったこと。

母である銀色さんが、足しげく東京と宮崎の間を行ったり来たりしていたとは
いえ、小学生をひとり暮らしさせているという点については周りからも批判が
多かったようだし、私としてもその部分はとても考えられないなあと思っていた
のですが。

今回、そういう流れになって良かったなとは思ったものの。

それが決まったのち、折悪しく東北大震災が起きたんですよね。

まあそうは言っても、今は首都圏の物不足は解消され、平常化しては
いますけど。

でも、せっかく宮崎にいて、そこでの友だちもいるし建てた家もあるというのに、
と思わないでもないですよね。

銀色さんが会社勤めなら、東京から動けないというのもわかりますが。

職業柄、宮崎で暮らされても問題ないように思うし、それが一番いいのでは
ないかという気がしていたので、正直この決定は意外でもありました。


そうしたら、なんと宮崎の家が、不審者に荒らされていたのだそうです。
結局、さくくんの同級生の仕業だとわかったのだそうですが。

それらもあって、宮崎からは急速に心が離れた、と書かれていました。

さくくんに何も被害がなかったのが不幸中の幸いでしたが。

なんだかなあ・・・と思った私。

それと、前から感じていたことですが、さくくんというのはとても繊細なところの
ある子なので、できればあまり転校とかはさせないほうがいいように思うし、
ましてや田舎から東京の公立中学へ、というのはかなり負担になりそうな
気がするのですが。

宮崎でひとり暮らしをしていたのも、小学校を宮崎から東京へ転校したのに
馴染めなかったというのが理由だったんだし。。。


でもまあ、この点は母親の銀色さんが大丈夫だと思うのなら、きっと大丈夫
なんでしょうけど。

でも、正直不安な感じはするんですよね(~_~;)



その他、気になったところといえば。

銀色さんはCD制作にも乗り出されて(もともと作詞家ですしね)、その曲を娘の
カーカに歌わせるのですが。

母親自ら“モンスター”と呼んで、“私じゃあの子は動かせない”と言っていた
カーカだけあって、レコーディング当日になっても練習もしていなければ歌さえ
覚えてはいなかった、とのこと

こらえかねた現場のエンジニアさんに、
「歌、覚えてないと、表情もへったくれもないからさ」
と、キツイ言葉を投げかけられ、呆れられてしまうのですね

この日はなぜだか朝から機嫌が悪かったというカーカですが、そのあと、叔母
にあたる なごさん(銀色さんの秘書もしている)と3人で食事をしていたときに、
話の中で母の銀色さんに向かって、
「馬鹿か」
と吐き捨てたのだそう。

さすがに腹が立って娘を睨んだのだけと、それに気づいてなかった なごさんが
話を替えたので、それきり我慢をした、と書かれていましたが。

うーん。

レコーディングのことにしても、私とカーカは親子だからしょうがない、我慢する
しかないと書いている銀色さん。

親子関係は千差万別だから当事者たちがそれでうまくいっているのなら
いいのかもしれないけど。

でも、他人が絡んできている、しかも仕事の場で、周りに迷惑をかけている
のにそれはないでしょう、と思った私。

年頃の娘と衝突するのは正直めんどくさいししんどいことなのは、娘をふたり
持っている私にはよっくわかるのですが。

でもこれは絶対、衝突することを恐れずきっちり叱らなければいけなかったと
思います。

しかも、その後の暴言に至っては何をか言わんや、ですね(-"-)


これは いかんなあ、と思いながら読んでいたら。

さらに後の方で、カーカが外泊した、という箇所が出てきました。

銀色さんは気になりながらも寝てしまい、夜中の3時に目が覚めたら まだ
帰ってなかったので、メールをしたら、
「ごめん 今日泊まるの言い忘れた」
というお返事が返ってきたとのこと。

そしてさらにその翌日も、連絡なしの外泊。

たまりかねた銀色さんが、
「カーカ、殺されてるの?」
とメールをしたら、その日は早朝に帰宅したのだそうですが。

すぐに登校して、その日にまた外泊したとのこと

そして、明日はこのままここから登校するから、というメールが来たのだそうな


なんだかなあ。

読んでて、信じられない思いでいっぱいになってしまいました。

カーカとさくくんが誕生してからの成長を、このつれづれノートを通じて見てきた
ので、それなりに親近感もあって、ずっとファンでいたのですが。


これはもう、次回は内容をようく確認したうえで買わなくては。

ひょっとしたら、これからは図書館で借りて読むようにするかも。

あまりにも私とは子育てについての考え方が違いすぎて、今回は読んでて
息苦しさのようなものさえ覚えてしまいました。

それでも親子3人、仲良くはされているし、これはこれでよいのかもしれませんが。


うーん。

でも私なら、もっと早い時期にカーカとぶつかっているだろうなあ、と思ったり。

小学生や中学生くらいまでなら、もう少し親の言うことも浸み込みやすい
だろうし。


まあ、エラソーにそんなことを言ってみても、私も女手ひとつでこぶたたちを食べ
させるのに必死で、教育たらなんたら、きっちり考えたりしたこともなかったけど^^;

でもこぶたたちはそれなりに曲がらずに育ってくれたし。

愛情を持って育てられているのだから、カーカとさくくんもきっと同じ
なんでしょうけどね(*^_^*)




相似と選択 つれづれノート(20) (角川文庫)
角川書店(角川グループパブリッシング)
2011-06-23
銀色 夏生

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 相似と選択  つれづれノート(20) (角川文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









"子育てにも、いろんな考え方はあると思いますが。。。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント