映画「プロメテウス」を観た!




感想を書くのが延ばし延ばしになっていたこの作品。

せっかく観てきたのに、いいかげん忘れてしまいそうなので、今日書くことに
しました(笑)


リドリー・スコット監督 「プロメテウス」


あらすじは。

エジプトやマヤ、メソポタミアなどの古代遺跡の壁画から、共通するサインが
見つかった。
これが人類の起源の謎を解く鍵だと考えた科学者たちは、宇宙船プロメテ
ウス号に乗り、目的の惑星にたどりつくが。。。


画像



“人類の起源を検索してはいけない”というキャッチコピーが印象的
だったこの作品。

その謎を探っていく、ある意味 形而上的というか、神秘的なお話だと思って
いたのですが。


実際は、はっきり言ってSFパニック映画でありました(笑)

だからといって、つまらなかったというわけではないんですけどね^^;


観ていくうちに、同じくSFパニック作品である「エイリアン」を彷彿とさせる場面
がいろいろ出てきて、主人公の女性科学者はまるでリプリーのよう(^^ゞ

ラスト近く、異形の宇宙生物が全身を現したのですが、それはまんま「エイリ
アン」(笑)

なんだこりゃ、パクリじゃないかと思ったのですが(@_@)

どちらの作品もリドリー・スコット監督なので、パクリなわけがないですよね(笑)


あとでわかったのですが、この作品、「エイリアン」の前日談として制作された
のだそうですね。

それを早く言ってよ、と思った私。

・・・ってか、言われてたけど私が気づかなかっただけなのかもしれない
けど(笑)


シャーリーズ・セロンも出演するというので、それも楽しみにしていたのですが。

謎めいた人物を好演していながらも、もうひとつ彼女の存在を活かしきれて
なかったように思います。

いっそ彼女がリプリー的な役をやってもよかったのかもしれないなあ、なんて
思ったり。


画像




あと、乗組員のお世話も兼ねて、人体型のロボットが一体乗り込んでいたの
ですが。

デヴィッドと呼ばれていたこのロボット、デヴィッド・ボウイにそっくりだなあ、
なんてよそ事を考えたりしてました(^^ゞ


このロボットも、一見とてもフレンドリーで献身的なのですが、なんだか怪しげ。

そして彼の末路も、映画「エイリアン」で一体だけ乗り込んでいたロボットと
同じようなことになっておりました。



この作品。

終始退屈せずに観ていられたし、面白かったですが。

でも・・・人類の起源ってこれ??って、ちょっと拍子抜けしたというか
なんというか(~_~;)

こいつらの上に もひとつ、崇高な存在がいるでしょ?

・・・ってか、いてほしい!と切に思った私なのでした(笑)





"映画「プロメテウス」を観た!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント