光陰矢のごとし。




政界は今、上を下への大騒ぎですね^^;

テレビでも、各党の主義主張の一覧表を作ってみたりなど、選挙関係の
報道一色ですが。

鳩ちゃん、菅ちゃん時代の功罪をまとめたものなど見ていると・・・ホント
ひどいなこりゃ、って感じ(~_~;)


そんななか。

ちょうどこの頃に書かれたコラムを1冊の本にしているものを見つけました。

中野翠 著  『金魚のひらひら』


2010年11月から2011年11月までの ほぼ1年間に、『サンデー毎日』
誌上に掲載されたコラムをまとめたものです。

著者の家族の話から世界情勢の話まで、多岐にわたった内容となって
います。


なかでもインパクトが大きかったのは、やはりあの3.11の大震災のとき
の話。

東京のひとり暮らしの自宅で地震に遭った著者は、とりあえず玄関ドアを
開けに行き、なおもおさまらない地震の中、ドアノブにしがみついて
うずくまっていたのだそう

あのときの揺れは、こちら関西でも凄かったくらいですから、関東はさぞかし
ひどかったでしょうね


そんな騒動から少し日数が経ったころ。

NHKで、福島原発関連のニュースのときに出ておられた、水野解説委員が
良いと書かれた部分がありましたが。

これ、私も当時、まったく同じことを思ってたんですよね


解説がわかりやすくて歯切れがいいのはもちろんのこと。

イケメンではないのですが、服装の趣味が良くて、色合わせも抜群。

決して派手ではないのですが、さりげなくおしゃれで素敵

あの気の滅入る話題の中で唯一の救いだと書かれていましたが、まったく
もって同感でありました(^^ゞ



この人のコラムをまとめた本はいろいろと出ていて、私も数冊読んだことが
ありますが。

この手の本の常としてタイムラグは仕方ないものの、あまり過去のものだと
読んでいてもイマイチ面白味に欠けてしまいますよね。

この本は、けっこう近々のものだったので、とても面白かったです。


『サンデー毎日』のコラム、リアルタイムで読んでみるかな、と思ったり。

・・・立ち読みになるでしょうけど(笑)



著者は、私よりもいくつか年上で独身のコラムニストですが。

文章に、年齢並みの落ち着きと、高い見識が感じられるだけではなく。

少女のような好奇心と純粋さもあって、その人柄の厚みがとても好もしいん
ですよね


読み進みながら、そのときの自分の置かれた状況や心理状態を思い出して
みたり。

著者が言及している事件やニュースなどを懐かしく思い出したり。


一日の終わり、寝る前に少しずつ楽しみながら読んでいました。

未読の方は、ぜひ一度お読みになってみてくださいませ(*^_^*)




さて。

秋も深くなってきたと思っていたら、もう冬将軍の到来ですね。

画像



わが家でも、ついこないだ炬燵を出しました。

それでも、あいかわらずベランダでは毎朝朝顔が咲いてるんですけどね(~_~;)



これは、数日前の夕方。

画像


夕焼けって、季節それぞれの味わいがありますよね。

冬の夕暮もいいもんです(*^_^*)


お風邪など召しませんよう・・・って、人の心配もいいけどまず自分の健康
管理をしっかりしなきゃ(^^ゞ



金魚のひらひら
毎日新聞社
中野 翠

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 金魚のひらひら の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル









"光陰矢のごとし。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント