映画「007 スカイフォール」を観た!



しょっぱなから関係ない話で恐縮ですが(^^ゞ

かの国が、とうとうミサイル打ち上げに成功しちゃいましたね。

打ち上げ予告日になっても動きがなかったうえにロケットの解体を始めた
と聞いたときは、あらら~、やっぱりね、って感じでしたが(^^ゞ


全部バラしちゃったのはいいことやね。んで、もういっぺん ちゃんと組立図を
見てごらん、私もね、組立図をいい加減に見てて途中からおかしくなっちゃった
りしたことがあったからね、な~んて心の中で思っておりましたが(笑)


ところが。
なんとなんと、知らない間に打ち上げ成功とのこと


先進国がこれだけ雁首揃えて注視してて、気が付かんかったんかいな~、
と思った私

CIAもMI6も、いったいどんな情報収集をやってるんだか。



ということで。

そういう折も折、観てきた映画はこれ

サム・メンデス 監督 「007 スカイフォール」


画像



「007」シリーズは今年、生誕50周年なんだそうですね。

その記念すべき作品となった「007 スカイフォール」ですが。
その名に恥じない作品に仕上がっていたと思います


ボンドを演じるのは、お馴染みダニエル・クレイグ

これでやっと3作目ですが、そうは見えないくらいの風格ですね。

初めて観たときは、MI6というよりはロシアのKGBの雰囲気だなあと思った
私ですが。

今ではもう、私の中ではボンド役はショーン・コネリーに次いで、この人しか
いませんね



今回は、上司のMが過去に関わった事件が再び浮上してきて、昔MI6に
籍を置いていた男とボンドが戦うことになるのですが。

MI6本部がテロの標的となったことで、本部は地下に潜ることになります。


その新たなオフィスを見ていて思い出したのは、0011ナポレオン・ソロの
組織UNCLEのこと。

いやあレトロというか、昔ながらの、敵の目を欺くオフィスのたたずまいが、
とても懐かしくて面白かったです(^O^)


昔ながらと言えば。

ボンドがMに呼ばれてそのオフィスに出向くときに、以前はブロンド美人の
秘書がいて、少し会話していちゃついたりする場面がありましたが。

今回、その秘書役も新しく決まって、新規一転(笑)

変わったのは秘書だけではなく。

いろんな場面で新旧交代劇がありました。


ボンドも、そこへついていくには肉体的にかなり しんどそうではありましたが。

なんとか、現場に残れた感じですね(笑)



あと、新旧交代したのが、武器係のQ。

以前は白髪頭のおじさんでしたが。

今回は、まるで理系の大学生みたいな人に変わっておりました。


画像



この写真だけだと、ただのオタクって感じですが。

これが動いて喋ると、スゴイんですよ(笑)


現場の古株であるボンドを前にしても、臆せず、気負わずの自然体。


画像



ぼーっとした外見とは正反対に、めまぐるしく回転する頭脳の持ち主。

Qの決まり文句、「壊さずに返して下さいよ」って言うシーンも秀逸(笑)

私の中では、ボンドよりも今はこのQの存在が大きくなってしまいました。


早く次の作品ができないかなあ。

Qをもっと見てみたいし、Qのスピンオフ作品なんてできたら、絶対に観に行くし。


Qにノックアウトされた私でありました(*^_^*)






"映画「007 スカイフォール」を観た!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント