映画『ワールド・ウォー Z』を観た!




昨日は水曜レディースデー

ここしばらく観たい映画もなくてご無沙汰だったのですが、最近になって
面白そうな作品が軒並み公開となったので、まずはこちらから観てきました


マーク・フォースター監督 『ワールド・ウォー Z』


画像



また具合の悪いことに、昨日は14日だったのですね。

毎月1日と14日は、映画は誰でも千円になる日なので、混むんですよね。
おまけに夏休みと来ているし


それらもあって、用心のために、開演は12:40だったにもかかわらず、
10時過ぎには映画館の券売機の前にいた私(^O^)

席を取ろうと画面を見てみると・・・なんと、ほとんど空いてない状態

かろうじて、前の方の端っこのへんにパラパラとばらけて5席ほどの空席が
あるのみ。


仕方ないので、そのなかで一番うしろになる前から3列目で、一番真ん中に
近い席をひとつ、ポチッと押して完了。

それから30分と経たないうちに、満席のアナウンスが流れておりました。
ふー、危なかったあ


そんなこんなを乗り越え、ロビーにあふれる人をかきわけて、やっと観た
この映画。

結論から言えば、その苦労をおぎなってあまりある面白い作品で
ありました(*^_^*)



この作品、テレビCMがとてつもなくインパクトがあって、それで観たいと
思ったのでしたが。

クルマの窓越しにブラピが警官と話をしていたら、いきなり前方から大型
トラックが横転してきて、ものすごい勢いで白バイを巻き込んで視界から
消えてしまった場面。

あとは、ゾンビと化した人々が、まるで蟻のようにお互いの体をよじ登って
踏みつぶしながら高い塀を乗り越えて行く場面。

これですね。

画像



下に立っている人間の大きさから比較して、壁のとんでもない高さが
わかりますよね。

いやもう、このゾンビたち、行動があまりに非人間的。

しかも今や定番となった、運動能力がやたらに高いゾンビなのですね


昔のゾンビといえば、キョンシーみたいに手を前に突き出して、虚ろな目を
してただノロノロと歩いているだけでしたが。

この人たちは、人間を見つけるや弾丸のように突進してきます。

目も、知性の光はもちろん無いですが、それでも噛みつきたいという欲望に
ギラギラしていて、なんかもう ものすごいことになっておりました^^;


さて。

世の中がそんなことになっているとは知らないブラピ一家は、いつもどおり
起床して、父親が作ってやったパンケーキで朝食をすませ、家族全員で
クルマに乗りこんで出かけたところで渋滞にあうのですが。

前方で事故が発生しているらしい、ただならぬ空気が流れたと思ったとたん。

はやばやとゾンビ登場(笑)

寝耳に水でパニックに巻き込まれておりました。

こういう作品にありがちな、長めのプロローグでイライラさせられることもなく、
サクサクと話が進んでいくので、退屈する間も無くてそこも大変よかった
です(笑)



朝からみんなの分のパンケーキを焼くような優しいブラピ父さんですが。

いきなりパニックと化した現場から家族を連れだしながらも、素早く現状を
把握して、噛まれて死んだ人が何秒でゾンビとして動き出すのか、冷静に
頭の中でカウントしていたり。

やっぱりただの人ではないなと思っていたら、案の定、前身は国連捜査官
だったのですね。

危険でハードな仕事に嫌気がさして、今は足を洗っている彼ですが。

さっそくに前の職場から電話が掛かってきて、家族の身の安全と引き換えに、
事態収拾に力を貸すことになるのですね。



その事態収拾の方法ですが。

これはウイルスが原因であろうということで、国連はある若いウイルス学者に
希望を託します。

彼はみんなから“希望の星”と呼ばれ、本人もいたって意欲満々で、ブラピと
ともに安全な基地から離れ、仕事に乗り出すのですが。。。


画像



ブラピがしっかり張り付いてガードしているのがその“希望の星”くん。

しかし、このあと、思いもよらない展開が。

そしてあっけなく潰える、希望の星作戦(爆)

全編に緊迫感が漲っていたこの作品の中で、唯一ここが笑える場面だなと
私は思ったのですが(笑)

まわりはだーれも、笑ってなかったですけどね^^;


それはさておき。

ブラピはどんどんどんどん窮地に追い込まれながらも、絶望することなく
必死で事態を切り開いでいくのですね。



途中、本部と連絡が取れなくなり、彼の生死があやぶまれるやいなや、
国連軍はさっさと安全な空母艦から彼の家族をカナダの難民キャンプ
に移してしまうのですね。

水・食糧ともに限られた状態であるとはいうものの。


家族のそばを離れることを渋るブラピを、家族だけは守ってやるからという
条件で危険な任務につけたのに。

政府の上層部の文官たちはほとんどが犠牲になり、指揮を執るのは軍の
エライさん。

こうなるとロクなことはないのですね。

軍は手足であるべきで、頭脳になってしまってはイカンなあと今更ながらに
思った私でありました。



ということで。

ブラピは、ちゃんと任務を果たして無事に家族のもとに帰ることができるのか。

そして、この事態の打開策は見つかるのか。

それらは観てのお楽しみ。


夏休み、家族でご覧になるのも楽しいかと思います(^O^)






"映画『ワールド・ウォー Z』を観た!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント