違うもんだなあと思った次第です。




早いもので、もうクリスマス目前でありますね

うちもついさっき、予約してあったクリスマスケーキを取りに行ってきました


こぶたたちが小さい頃は、クリスマスというと張り切っていろいろと手作りし、
シャンメリーなどという にせシャンパンを開けたりもしたものですが

さすがにもう、そんなことをしても喜ばないし、第一あれやこれや作って並べ
過ぎたらケーキが食べられなくなるし。


ということで、クリスマスも年々縮小気味。

今日も、こぶたたちの大好物のグラタンだけ拵えて、買ってきた鶏のモモを
食べ、ケーキを切る予定。

・・・って。
グラタンか。

なんか、それも面倒になってきたし(爆)

年々、色褪せたクリスマスになって言ってる気がしますが


でも今年は、こんな華やかなものが(*^_^*)

画像



10日ほど前に結婚パーティーに出席したこぶた2号が、いただいてきたもの


だいぶ日にちが経つのに、まだまだ健在であります

画像



これ、よく見ると、なんとリンゴが3つもあしらわれておりました。

画像



ちゃんと食べられるそうなので、腐らないうちに食べなくちゃ♪

でも、今のところとてもいい香りがしているので、もうちょっとこのまま挿して
おこうと思ってます





さて。

長引いた風邪のせいで外出を極力控えたこともあって、いつもより読書が
進んだ私でありますが

トライしている『史記』も、全8巻のうち、3巻まで読み終わりました。


とは言っても、2巻目は延々、“音楽にもいろんなものがあって、邪悪なもの
や堕落したものは国を滅ぼす”という趣旨のことが繰り返し言葉を変えて
述べられていたのでいいかげんうんざりし、テキトーに読み飛ばしたりも
しました(笑)

第一、音楽の良し悪しは個人の主観の問題であって、人それぞれでしょうに。


なんだ、司馬遷って、自分が感じたことはすべて正しくて万人にあてはまる
とでも思ってた浅いヒトだったのか?(誤爆)


でも、そう感じたのは私の理解力の無さが原因で、実はすごく深遠なことを
言っていたのかもしれないので、今後読まれる方は私みたいに読み飛ばし
たりせず、じっくり腰を据えて読まれることをお勧めいたします^^;



ま、それはともかく。

3巻になると、いろいろと人間模様が見えてきて、やっと少し面白くなったと
思いきや。

今度は違う意味で面白すぎて、あららと思ったり(笑)


というのも、ある国で、王さまが諸侯を集めてすっぽんの羹(あつもの)を
すすめるのですが。

どういうわけだか、ひとりにだけそれを与えなかったのですね。

話の前後からして、特に仲が悪いとか揉めていたとかいうのでもなかった
ようなので、なぜそんなイジワルをしたのか謎なのですが(笑)


そこでその家来は、すっぽんの汁の入れものに指を入れ、舐めて退席し、
それを見ていた王さまは怒って彼を殺そうとしたのを、先手を打たれて
王さまが殺されてしまった、というのですが。


たかだか すっぽん汁で、いいオトナが殺すの殺さないのって(~_~;)

で、それもそうなんですが。

3巻まで読んでて驚いたのは、中国のいろんな国の王たちは、実に
家来によって弑されている人が多いということ。


そりゃ日本にも、家来に弑された殿さまというのはおられますが。

なんつうか、数が多すぎ。

んで、けっこう簡単に、たいした葛藤もなくあっさり殺しちゃってるような
印象を受けるし


そんでその家来は、すぐに自分が殺した王の弟やら子どもやらを次期王に
たてるわけですが。

そんな人に担がれたって、安穏として王座にいられないですよね



日本においても、戦国時代すなわち下剋上の時代というのはありましたが、
そういうのともまた違う雰囲気なんですよね。

それと、日本ではどんな時代においても、基本的に天皇家を滅ぼすという
考え方はなかったように思いますが。

そのへんも、中国とは違うところですね。


思うに、同じ民族でありながら、水と油のようなこの大きな違いは、いったい
いつからなのか。

まあ考えてみるに、アメリカ人とイギリス人も元は同じでありながら、今じゃ
その国民性ははまーったく違っていますもんね。


日本と中国もだけど、韓国もまた独特の感じだし。

あの国は、長い長いあいだ、陸続きの中国に脅かされ、虐げられてきて
いますよね。

でもそのわりに、中国に対しては憎悪があまりないのが不思議。日本には
あんなに声高に反日を叫ぶのに。

・・・って。
またまた脱線気味ですね^^;



最後に、これだけ。

いま、韓国歴史ドラマ『武人時代』にハマっていると前記事に書きましたが。

そこで、抱腹絶倒のシーンに遭遇


ある身分の高い武人の御曹司と、太后の妹君が、人目を忍ぶ恋愛をして
おられるのですが。

太后の反対に遭い、ふたりの前途は真っ暗。

太后は妹に縁談を持って来たりして、ふたりの仲を裂こうとし、妹君は
耐えきれずに一時期、都を去ることにします。


離れ離れになる前に、ふたりは秘かに会うのですが。

そこで、お互いの名前を体に彫るのですね。


日本でも、吉原の遊女などが『○○様 命』などと彫っているのを、古い邦画
で見たことがありますが。

このふたりは上流階級の貴族たちなのに、こんなことをするんだなあと
思いつつ見ていたところ。


妹君の体には、相手の御曹司の名前のギュンという字が彫られるのですが。

このギュン、漢字にすると『筍』によく似た字だったんですよね(^O^)

いやまあ、竹かんむりが同じで、あとはちょっと違うのですが。

私の脳内ではもう『タケノコ』と変換されてしまいました(^◇^)

楚々とした王族の美女が、肩の後ろのところに『タケノコ』って(爆)


そんで、そのタケノコならぬギュンの方はといえば。

もちろん彼女の名前を入れるわけですが、それまで彼女は『夫人(ぶいん)』
としか呼ばれてなかったので、いったいどんな名前なんだろな、と思っていた
ところ。

ギュンの体には、『林』の文字が。


えっ??(@_@)

彼女のファーストネームじゃなくて、苗字を入れるわけ?

どうやら彼女は、世間的には『林夫人(イムぶいん)』と呼ばれているらしい
のですが。


まあ、ファーストネームは、昔の日本でも諱(いみな)と言って、特に女性は
周りに安易に知らせないし、呼ばせもしなかったようですが。

それと同じ意味合いかなと思いつつも。

でも、だからこそ、ここ一番、今が諱(いみな)の使いどきじゃないのかなあ(爆)


『タケノコ』と、『林』かあ。シブいですね(誤爆)





"違うもんだなあと思った次第です。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント