スイカの挫折。




まずは、涼をよぶ朝顔から

画像



画像




さて。

今日も早朝からすでに暑かったですね


今日も出勤の、こぶた2号のお弁当を作って送り出してから、涼しいうちに
ウォーキングをと思ったりもしたのですが。

新聞を取りに出ただけで、もうムワッとくる暑さ

こりゃどう考えても30度超えしてるなということで、大事をとってウォーキング
はやめときました^^;

途中で倒れたりしたら大変だし


ということで。

今日作ったお弁当です。

画像



連日のこの暑さだけでもくたびれますからね。

食欲が出るように、おかずも好物を中心に取り揃え、ごはんも、ただの白飯
にしないで何通りかの味が味わえるよう、ふりかけや鮭の身をほぐしたもの
や、前記事にかいたあの「穂先メンマやわらぎ」を乗っけてみたり。


そのうえに、今日はフルーツがちょっと豪華

スイカと、種なし巨峰なのですが。

どちらもスーパーの特売でしたが、とても甘くておいしかったです


で、スイカなのですが。

わが家では、実は誰も食べないので、これまで買うことがなかったんです
よね。


私も、子どもの頃はよく家で食べさせられてましたが。

いつも、そこまで おいしいと思ったことはなかったし・・何より、母に、
「白いところが出てくるまで、ちゃんと赤いところを食べきりなさい」
と口うるさく言われるのがうっとうしかったし^^;

「またこんなもったいない食べ方をして・・・もっとここ、この赤いところを
ちゃんと食べて!」
なんて言われて、食べ終わったスイカの皿が戻されてくることも(笑)


こぶたたちも、子どもの頃からスイカを出してもそんなに喜ばなかったので、
いつのまにか うちはスイカを食べない家になってしまっていたのでしたが。


そんなある日。

暑い盛りに用足しに出掛けて、その帰りにスーパーに寄ったのですが。

全身汗びっしょりで、顔もあまりの暑さに真っ赤っか

早くおうちに帰って冷たい麦茶を飲みたいよう、なんて心で泣きながら(笑)、
カートにカゴをセットして、いざ買い回らん、と1歩を踏み出したところ。

店頭で、スイカの試食販売をやっておりました。


この試食販売というもの、私はあまり手を出しません。

気取ってそうするんではなくて、ギョーザにしろ何にしろ、ひと口食べたら
ゼッタイお茶が欲しくなってしまうんですよね。

あとで喉が渇くし、口の中もまずくなるし。

どうぞ、と差し出されても、軽く笑顔で会釈だけして通り過ぎるのが常なの
ですが。


この日は、MAXに喉が渇いていたうえ、若いかわいい女の子がニッコリ
笑って、
「どうぞ。おいしいですよ♪」
と、楊枝に挿したスイカの一切れを、ほぼ口元に差し出してきたんですよね。

それを無下にするのも気の毒だったし・・・まあ喉も乾いてるし、スイカなんて
水みたいなもんだからちょうどいいか、なんて思って、受け取って食べてみた
ところ。

お、おいしーーい!


いやもう、甘露とはこのことかいな、って思いましたよ(笑)

そこで、8分の1カットの298円也を、衝動的にカゴに入れたのでありました



その日の夜、こぶたたちに顛末を話して、
「まあ食べてみ。すんごくおいしいから」
とすすめたのだけど。

どちらも、テレビに気を取られてたりお菓子を食べたりしてて、スイカに手を
出さないんですよね(~_~;)

「おいしいよ。いらんの?」
と訊いてみても、
「う~ん・・・いらんかな?」
なんて、煮え切らない返事だけが返ってくるし。

このとき買ったスイカは、結局 数日かけて私の胃袋におさまったのでしたが。


そうだ、お弁当に入れたら、このおいしさに開眼するかも。

そう思いついて、巨峰と一緒にもたせたわけでありますね



帰宅後。

お弁当箱を流しに出していたこぶた2号に、
「どうやった?スイカ、案外おいしかったやろ」
と訊いたところ。

「そうでもなかったわ。あたしスイカはやっぱりあんまり好きじゃないし。
あのシャリッとしてる独特の食感もイヤやねんな。ほら、高いリンゴとか
があんなふうに粒立ってる感じやん。ああいうのがアカンのやと思う」

えええ~・・・マジですかあ

がっかりする私を尻目に、それからさあ、となおも続くクレーム(~_~;)

「巨峰は好きやから、フタを開けた瞬間おっ♪って思って楽しみに食後に
食べてんけどさ・・・スイカの粒々がまつわりついてて、おいしさ半減やった」


はああ??(~_~;)


「まっ、おかずはおいしかったよ。でも、スイカはもう勘弁してな」

それだけ言って、風呂場に消えたこぶた2号。

・・・そうですか(~_~;)


ま、今後スイカを買ったら、それはすべて私のものだということですね(笑)




"スイカの挫折。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント